2014.07.22

ユリを飾ると「誘いたくない女」に!?幸せな恋を遠ざける怖い花4選【恋占ニュース】

Loading
news_766

お部屋に花を飾ると女子力も恋愛運もアップする!という話をよく耳にしますが、それって本当なのでしょうか?
風水では、花は気の流れを浄化してくれる作用があり、室内に飾ると運気が良くなると重宝されています。とはいえ、手当たり次第に花を飾れば良いというわけではありません!

実は、花の色や形によって運気は変わるのです。そして、選び方を間違えると逆に運気を停滞させてしまい、恋を遠ざけたり、恋愛ベタになったりすることも。
今回は、恋愛運をダウンさせる花をご紹介したいと思います。

●バラ
“恋を遠ざけ、出会い運を下げる”

いかにも恋愛に効きそうなイメージのバラ。海外の映画やドラマでは、デートで男性が女性に花束を贈るシーンをよく見かけるので、「あんなふうにバラをもらいたい」と憧れる女性も多いですよね。
が、しかし! バラは部屋に飾ると恋愛運を下げる可能性が一番高い花なのです。
ご存知の通り、バラにはトゲがあります。風水ではトゲや先の尖ったものには、良縁や恋を遠ざけるという意味が。恋愛中の方はまだしも、フリーの方は避けたほうがいいでしょう。
どうしてもバラを飾りたい時は、花屋さんにお願いしてトゲを取り除いてもらうのがオススメ。また、他の花と混ぜてブーケにすること、ピンクや赤など女性らしさをアップさせる色を選ぶことも、飾るうえでの大事なポイントです。

●ユリ
“陰の気が強く、誘われにくくなる”

ユリは「陰」の気が強い花とされています。飾ると「陰」の空気を作り出し、心身に落ち着きをもたらす効果がありますが、飾りすぎると陰気が高まり、その部屋に住む人の性格を暗くすることも。
愚痴っぽくなったりネガティブになったり…。これでは男性からの印象もダウンしてしまいますよね。結果的に「誘いたくない女」と思われ、恋愛運を下げてしまう可能性大。
ユリを飾りたい時は1~2本。できれば、陽の気が強い、部屋の「南側」に飾るとバランスが良くなります。

●かすみ草
“ダメ男に引っかかりやすくなる”

可憐な姿のかすみ草。小さな花、純白の色という特徴が、純粋さや素朴さを引き出してくれます。
ブーケなどに少し入っている分には問題ありませんが、かすみ草だけを飾ると花が持つ気が作用して、部屋の住人は無邪気でだまされやすい女になりがち。その結果、なぜかダメ男ばっかり寄ってくるというふうに、幸せな恋愛から遠ざかってしまうことがあります。
また、金運を下げる花とも言われているので、金銭トラブルを抱えた男性に苦労させられるかもしれません。

●ドライフラワー
“悪い気が停滞する”

手入れが楽だし、おしゃれだし、といって玄関やリビングに飾る方も多いですよね。
水分を失ったドライフラワー、風水では「死」を意味します。なので、どんな花でもドライは危険! 気の流れを止めて停滞させ、運気がダウンしてしまいます。
悪い気が溜まりやすい部屋になり、出会いを遠ざけ、現在進行中の恋にも悪影響を及ぼす可能性が。恋愛のみならず全体運を下げてしまうので注意が必要。「生花」を飾ることが恋愛運をアップさせるお部屋づくりの基本なのです。

~まとめ~
花をお部屋に飾ることは、基本的には、気の流れを生み出して恋愛運を高めるのに効果的。今回ご紹介したような、恋愛運を下げる可能性が高い花は、必ず「他の花と混ぜ」、「単品では飾らないよう」に注意してくださいね。

(文=HARUNA)

誕生日を入れるだけ!性格相性占い【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集