2014.05.28

好きにさせるテクニック〜『百瀬、こっちを向いて。』〔伊藤さとりの映画で恋愛心理学 第2回〕【恋占ニュース】

Loading
news_satori_02

映画パーソナリティーとして活躍中の伊藤さとりが、オトナ女子ならではの目線で恋に効くオススメ映画を紹介!記者会見や舞台挨拶の裏話もあるかも!?

好きにさせるテクニック〜『百瀬、こっちを向いて。』

「脚本を読んだ時、不思議な映画だなと思った」と答えたのは30歳のノボルを演じた向井理さん。
映画は、小説家になったノボルが、高校時代に経験した不可思議なヨンカク関係を思い出して、当時、微妙な恋愛の真っ只中にいた女性と再会し、真相を聞くというもの。そして15年前のあの頃に物語は戻っていく。

「不思議な映画」と向井さんが言ったのは、もしかしたら“ノボルの気持ちが実のところあまり理解できないから”なのかもしれない。
だってノボルときたら、二股をかけていることが噂になった幼なじみの宮崎先輩から、本命の彼女にごまかすため「この娘と付き合っているフリをしてくれ」と言われ、先輩のもうひとりの彼女である百瀬と偽装で付き合っちゃうんだから。
「好きなら好きって自分から言うし、女の子から告白されるのはあまり好きじゃない」という向井さんなので、偽りの恋に今ひとつピンと来ないのかもしれない。

でもでも、元ももいろクローバーの早見あかりちゃん演じる百瀬は、なかなかの小悪魔系。
宮崎先輩には、甘えながらも彼に従順過ぎるのが難点で、都合の良い女になっているのだけれど、ノボルへの対応を見ると、ノボルが15年経った今でも、彼女のことを気にしてしまうのはわからないでもない!
ノボルは最初、百瀬のことを好きではないのだけれど、恋人のフリをする百瀬との疑似恋愛で、気付けば彼女の虜になっているのだから、これは恋愛の勉強になるテクニック。
では百瀬はどんな技で、最初は興味なかった相手を好きにさせるのか!?

(その1)頻繁に現れ「一緒に帰ろう」とさらっと言うテク
~疑似カップルだから、当たり前なんじゃ?と思うかもしれないけれど、“相手の日常に自然と入り込む”のは重要。動物でいうとオスは狩猟する役割からわかるように、男性は女性より視覚での認識に長けているので、よく目に入ることで意識する性質だそう。

(その2)さりげなく温もりを覚えてもらうテク
〜疑似カップルを演出する際、百瀬はノボルと手を繋ぐのだけれど、ここまではやり過ぎとしても“さりげないスキンシップ”は、相手に温もりから異性として意識してもらうのに最良なのだとか。

(その3)ツンデレで気にさせるテク
〜百瀬が好きなのはあくまで宮崎先輩。だからノボルにデレッとする瞬間は実は偽り。普段はツンとしていてノボルには相当ドライな態度をとる。これは度を越しているとしても、感情に素直でいることは魅力的。相手に好かれたいからといつも笑顔を心がける必要は無く、弱い顔(元気の無い顔)を見せたっていい。相手の顔色を伺って、無理に好かれようとして媚びるしぐさより、笑ったり寂しそうな顔を見せたり、コロコロ変わる表情は、男心をくすぐるから。

ノボルが気付いた百瀬の本来の魅力は、「見かけと違う意外な一面」。誰にでも好かれようとすると「愛され女子のコピー」になるだけで、個性も何も無く、偽りの好感度アップテクしか身に付かない。それでは同じ対応をするカワイイ女の子がいたら勝ち目ナシ。

大切なのは、自分の感情に素直に生きること。
それに気付いた男性はあなたの本来の魅力に惹かれて離れない。
そうわかっていても、いつも自然体ではいられないのはなぜ…?
映画の結末から全ての真実が見えて来るはず!

あらすじ:
高校卒業以来、久々に故郷に降り立った、相原ノボル。文学新人賞を受賞した記念にと、母校からの依頼で講演をする為、帰省してきたのだった。変わらない街並みに触れたノボルは、高校時代のある「嘘」を思い出す・・・。
15年前。ノボルは高校に入学してから、他人と上手く関われない自分は女の子とは一生縁が無いと諦め、冴えない日々を送っていた。そんなある日、幼馴染で学校一の人気者の先輩・宮崎瞬に突然呼び出され、そこでショートヘアで野良猫のように鋭い目つきの女の子を紹介される。彼女はノボルの隣のクラスの百瀬陽といい、ノボルは百瀬と付き合うことになる。

2014年5月10日(土)より 新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:耶雲哉治
脚本:狗飼恭子
出演:向井理、早見あかり、竹内太郎、石橋杏奈、工藤阿須加
配給:スールキートス
『百瀬、こっちを向いて。』(http://momose-movie.com/)
(c)2014 映画「百瀬、こっちを向いて。」製作委員会

伊藤さとり:
映画パーソナリティー、心理テストカウンセラー。様々な映画イベントや記者会見のMCを努める映画司会者&映画コメンテーター。年間400本以上の映画を観る。
TSUTAYAの店内放送で新作DVD紹介のDJ、Gyao!&ぴあ映画生活&Youtube動画「伊藤さとりと映画な仲間たち」では、監督、俳優、プロデューサー、脚本家らと対談し、映画紹介を行う。

Amebaブログ:さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ
Twitter:伊藤さとり@SATORIITO


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集