恋活パーティーで出会いはあるのか!?アラサー女が実際に参加してみてわかったこと

Loading
news_610

私事で恐縮ですが、このところあまりにも出会いがないので、先日、恋活パーティーなるものに参加してきました。
でも、ただ行くのでは面白くない…というか、そもそも行ったことがなくてかなりびびっていたので、当日どう振る舞えばいい?というのを、事前にタロット占い師の濱口善幸さんに相談しました。その時の様子はこちら

占いの結果、自分の問題点(プライドが高すぎる)や、行く前にするべきこと(そのプライドをつぶす秘策)、相性の良い男性の特徴などがわかったので、あわよくば素敵な人を見つけて来ようと、いざパーティー会場へ。

参加者の顔ぶれは?

まずは受付を済ませます。入口で免許証や保険証を見せて本人確認をした後、渡された番号のシールを胸に貼って会場へ移動。
そして、自己紹介カードに必要事項(名前・年齢・職業・趣味など)を記入します。年収、好みのタイプなどを書く欄もありましたが、あまりプラスにならなそうなのでそこはスルーしました。

書き終えた後はスタンバイしつつ、参加者の外見や雰囲気をさりげなく観察します。

参加人数は男性40名、女性40名。年齢は男性は25~35歳、女性は20~33歳とのこと。年齢設定も低めだし、いわゆるお見合いパーティーではなく「彼氏・彼女を作ろう」というライトな感じのパーティーだからか、普通にお洒落なイケメンやかわいい女の子がいっぱい。
別にここに来なくても、異性に不自由していないのでは?と思うような人が多くてびっくりしました。みなさん、男性だらけ、女性だらけの職場とか、致命的に出会いが少ない環境にいるのでしょうか。

女性はきれいめオフィスカジュアルぐらいから、友達の結婚式にお呼ばれしたようなきちっとしたワンピースの人まで様々。髪は黒やダークブラウンが多く、すごく明るい色にしている人とかはいなかった気がします。
爪はマニキュアを塗っている子は多かったけれど、がっつりネイルをしている人は見当たらなかったので、そこは男性の目があるからわきまえたんだろうなと。

一方、男性はスーツの人もいればラフなパンツにシャツやセーターの人も。いずれにしてもみなさん、お洒落な雰囲気です。あと、メガネ男子がわりと多かったのですが、単に目が悪いからという感じではなく、お洒落メガネ率が高かったのも印象的でした。

ちなみに筆者はオーバー30歳、一緒に行った職場のK嬢は20代後半なので、女性の参加者の中ではかなり年長のほうです。その時点で、若くてキラキラした子たちに負けている感がひしひしと…。

恋活パーティー、スタート

一般的なお見合いパーティーは男女が向かい合って座り、3分おきぐらいに男性が移動して次の人と話すタイプ(俗に回転寿司と言うらしい)が多いかと思うのですが、今回のパーティーは10分×10人のフリートーク形式。
最初の1人だけは主催者側が指定した相手と話し、それ以降は自分で話したい人を探すというシステムでした。

1人めの男性と対面して自己紹介カードを交換します。なんとお相手は7歳年下だったので、「私でごめん」と謝りたい衝動にかられることしばし。だって私が就職した頃、この子は高校生?とか思うと…。
相手も明らかにテンションが低かったのですが、これは取材だ!と気持ちを切り替え、いろいろ質問をしてみることに。仕事や趣味について聞いているうちに、あっという間に10分経って「では」とお別れしました。

相手があまりにも年下だと、ひたすら申し訳ない気持ちになるということがわかったので、フリータイムに入ってからは、年上に見える男性とばかり話していました。といっても、こちらから声をかけるのは結構勇気が要るので、目が合った人や、たまたま近くにいた人と、ですが。

最初の受付では、相手のシールの番号や会話の内容をメモするための用紙も渡されていたので、パーティーの間は、話して書いて、次の人を探して、話してまた書いて、ちょっとお茶を飲んで…というのが延々続きました。

旅行好きという製造業の方、アート好きの農家の方、洋楽好きの学校の先生、キックボクシング好きの会社経営者…普段なかなかお目にかかる機会のない職業の人と会話するのは、なかなか刺激的な体験でした。
初対面なのにお互いに仕事や趣味、住んでいる場所のことなど、普通に考えて、出会って数分の相手にいきなり言ったりはしないことを話しているのも、新鮮というか不思議というか。
そうか、これが出会いの場でのよくある会話なのね、と妙に納得したのでした。

お楽しみ!結果発表

休憩時間をはさみ、約2時間のパーティーが終了。
カップリングカードに気になる相手の番号を最高3人まで書いて、スタッフに渡します。その結果、両思いの相手がいれば、司会者によって男女それぞれの番号が読み上げられ、めでたくカップル成立。
このパーティーでは、なんと20組ものカップルが生まれていました!

筆者もせっかくだからと、年上で且つ話が面白かった方3人の番号を記入したのですが、誰も選んでくれなかったのか呼ばれることはなく。
まあ、男性は若い子が好きだし仕方ないよね。と思っていたら、一緒に参加したK嬢はしっかりカップリングされていました。やるなぁ…。

そんなこんなで、初参加の恋活パーティーは無事(?)終了しました。

総括としては…年齢設定が若めだったので最初から少し怖じ気づいていましたが、予想通り、申し訳なさが先だって積極的に振る舞うことができませんでした。
でも、先ほども言ったように、普通にかっこいい人がいっぱいいたので、20代半ばぐらいだったら結構楽しめたのかも。

筆者自身は次にこういうイベントに行くなら、全員30歳以上とか、自分が若く感じられる所に行きたいなと思いました。ただ、そうなると、今度はライトな感じの恋活ではなくガッツリ婚活になるのかな。それはそれでちょっと気が重いですね。

冒頭にちらっと書いたのですが、先日のタロット占い師・濱口善幸さんの鑑定では「プライドが高いので、その壁を壊した状態で行きましょう」とアドバイスをいただきました。が、よく考えると、こう、年齢のことばかり気にするのもプライドが邪魔しているせい?という気がしてきます。自分から進んで男性に話しかけられずにいたのも、もしかしたら…。
だからうまくいかなかった?と考えると、今さらながらもったいなかったなぁ。

ところで、見ていてちょっと面白かったのは、待ち時間に近くに座っていた女の子同士が仲良くなって、連絡先を交換していたこと。「最近彼と別れちゃって」「私も。今度合コンするとき、誘うね」なんて話していて楽しそうでした。
ああいう場にいる人はお互いに出会いを求めているから話が合うし、情報交換をするのにも良いんでしょうね。

パーティーで出会いがなかった場合は、そうやって同性の友達を作り、コミュニティーを広げるというのも一つの手なのかもしれません。

(文=編集J)

プライドが高すぎるアラサー女が結婚する方法~タロット占い師・濱口善幸さん鑑定【恋占ニュース】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集