新しい恋を始めるために~アラサー女性が卒業したい“ダメ恋”8選

Loading
news_602

まだまだ気温は低いけれど、ふとした瞬間に春の足音を感じられる季節になりましたね。
3月は卒業シーズン。新しいことを始める前には基本的に何かを卒業しますが、これは恋愛においても同じことがいえるのではないでしょうか。新しい恋をつかみ取るためには、今持っている思考回路や思い込みを一旦リセットする必要があるのかもしれません。
そこでアラサー女性に、卒業したいと思っている恋愛のダメなクセを聞いてみました。

こちらもおすすめ>>ダメ男好きが多い原因とその対策3つ!直さないと本気でヤバいぞ

叶わない恋にハマる

妻帯者ばかり好きになる
ガツガツと積極的にアプローチされると引いてしまう私。だからこそ落ち着いた雰囲気の男性に惹かれるのですが、そういう人ってだいたい奥さんがいるんですよね。それでもいい!と思ってアタックして付き合っても、やっぱり長くは続かないし。結婚願望はあるのに、先の見えない恋ばかりしてしまいます。(28歳・受付)

やたらにほれっぽい

学生時代に全くモテなかったからか、ただの社交辞令でも「かわいい」「その服似合う」など少しでもほめられると、すぐ好きになってしまいます。それどころかカフェや美容院の店員さんに優しくされただけでも、ときめいて勘違いしてしまったり。お金を払ってるから親切にしてくれて当たり前なのに。
誰かを好きになるのは悪いことではないと思うけど、同時に複数の人を好きになることもあって我ながら気が多いなぁと呆れます。しかも付き合ってるわけでもないのに、誰を選ぼうかで悩んでる自分がイタい。(27歳・IT)

――若い頃の恋愛経験の少なさがコンプレックスという方は、結構多いのではないでしょうか。そしてアラサーになると増えてくるのが既婚者との恋愛ですね。初めは平気だと思っていても、次第につらい思いを味わうことになるようです。これは確かにハマらないほうが良さそう!

肝心なときに奥手になる

◆イケメンを見ると緊張
ホテルのインフォメーション係をしてるので、外国のお客様とお話しする機会も多いのですが、ときどき超イケメンがカウンターに来ることも!もともとイケメン好きだったのですが、特にイケメンの白人には弱い、ということにこの仕事を始めてから気づきました。
この間なんてオーランド・ブルーム並みのイケメンに質問され、緊張しすぎて固まってしまって。私の弱点を知ってる同僚がフォローしてくれたので、なんとか事なきを得ましたが……。(31歳・接客)

◆好きな人とは話せない
教師という仕事柄、人前でしゃべるのは得意です。普段は誰とでもよく話すし人見知りもしません。が、好きな人を前にしたときだけは別。借りてきた猫のようになってしまうので、想いを寄せてることが周囲にすぐにバレてしまうんです。学生時代はそれでも良かったけど、これが同じ職場の人だったりしたら大変!次に誰かを好きになる前に何とかしなくちゃと思ってます。(28歳・教育)

――相手のことを意識した途端、緊張してしまうんですね。本人は困っていても、個人的にはこういう女性ってわかりやすくてかわいい気がします。イケメンに弱いのはいわゆるダメ恋ではないけれど、それはそれで困ったクセですね。好みのタイプのイケメン外国人が、彼女の挙動不審っぷりを見て、初々しくていいなと勘違いしてくれたら丸く収まるのかもしれませんが。
いずれにしても、同性から見たらかわいいので、その魅力が男性にも伝わったらいいのにと思います。とはいえ、20代前半とかではなくアラサー女がまごまごしていたら、「しっかりしろ」と言いたくなってしまうかも?

恋が成就したらテンションが下がる

◆彼のアラ探しをしてしまう
それまでは気にしていなくても、お付き合いを始めた途端に相手の悪いところが目につくようになるんです。普通は相手のことを知れば知るほど好きになっていくのでしょうが、私はその逆。「優柔不断」「意外とものを知らない」など、気になることがどんどん増えていって結局別れてしまいます。この年で、一番長く続いたお付き合いは半年!将来のことが思いやられます。(34歳・広告)

◆彼との関係が面倒になる
私から告白することが多いのですが、お付き合いが始まるといろいろなことが面倒になります。冷めるというより、彼と会う前の緊張感や束縛意識に耐えられないのかも。毎日連絡を取るのもダルいし。1人でいたり友達と遊んだりするほうが楽しくて、彼より女友達との予定を優先してしまうんです。(32歳・出版)

――手に入れたと思った瞬間に安心感や責任感を感じるのでしょうか。追いかけているときが一番楽しい!というタイプなのかも。追う恋もいいけれど、たまには追われる恋をしてみたら新鮮な気持ちになれるかもしれませんよ。

相手のことで頭がいっぱいになる

◆彼に合わせすぎてしまう
大好きな彼の力になりたい一心で無理をしてまで世話を焼いてしまうんです。昼休みに手作りのお弁当を職場まで届けたり、彼から連絡が来たら別の予定をキャンセルして会いに行ったり。いつもそんな調子なので、友達からの誘いも減ってきているような……。(30歳・事務)

◆束縛がひどい?
私は彼氏とは常に一緒にいたいほう。彼がどこで何をしてるかが気になり、会えないときは日に何度もメールや電話をしています。数時間連絡が取れないと不安になるし、休日に彼が私ではなく友達との予定を入れると、つい嫌味を言ってしまったり。周りからは束縛しすぎだと注意され、自分でもその自覚はあります。実際にそれが理由でフラレた経験も。(29歳・福祉)

――よくいえば一途だけれど、度が過ぎるとちょっと怖いかも。相手への干渉は行き過ぎないように気をつけたほうがよさそうですね。いくつも恋をすると、過去のトラウマから慎重になったり、相手をなかなか信じられなかったりすることもあるでしょう。でも、以前の恋とこれからの恋は別物。過去は過去として記憶の底にしまい、鍵をかけることをおすすめします。

いかがでしたか?私と似ている…と思った方も多いのでは。
これまである程度の経験を重ねてきて、価値観も固まりつつあるアラサー世代には、同じ恋愛パターンを繰り返す傾向があるのかもしれません。ここで少し勇気を出して、いけないと思ってきた恋愛のクセを克服できたなら、今年こそ幸せな春を迎えることができるのではないでしょうか。

(文=mayu110)

【プロフィール】
人間観察とショッピングが大好きな韓国通ライター。日本と韓国を股にかけ、ミーハーな視点で人々の恋愛事情を探ります。


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集