2016.05.27

「駆け引き」より簡単!「恋の押し引き」で気になる彼をゲット【恋占ニュース】

Loading
news_2016

あまり恋愛慣れしていない女性が恋をしたとき、最初にぶち当たるハードルは、相手にどのように好意を伝えたらいいのか?に尽きるのでは?

男性のほうから告白してくれば最高ですが、なかなかそうもいかないのが現実。でも、自分の想いを押しつけて引かれたら…という心配もありますよね。

そこで今回は、ある女子会で恋愛経験豊富なアラフォー美女が力説していた、恋の駆け引きならぬ、「恋の押し引き」のテクをご紹介します。

[1] 出会った時点で“ちょい押し”は基本

出会いの瞬間、ちょっとでも「この人ステキだな」と思ったら、迷わず“ちょい押し”しましょう。これができれば恋愛のチャンスはグッと増えるはず。

『ルールズ』をはじめとする恋愛のHow to本には、よく「自分から誘わないほうがいい」と書いてありますが、誘わなくても好意は見せたほうがいいんです。

方法は、笑顔で「そのお店、今度連れて行ってください」「その本ずっと読みたかったんです。今度貸してもらえませんか?」など、次につながる一言をさらっと口にするだけ。
そうすれば連絡先だってスムーズに聞けますよね。

好意の出し惜しみが非モテにつながる…そう自分に言い聞かせて、ぜひ、ちょい押しを。

[2] 2人で会うには“突然”押しで!

意中の人と2人で会わないことには、恋愛は進みません。
出会った時点のちょい押しで、相手が察して恋に発展することもありますが、それはほんの少数。

だいたいは「彼女がいるのか?」「休みはいつで、その日は何をしているのか?」といった情報を得るところから始めなければならないので、それを知るためにも一度会う必要があります。

デートの約束を取りつける際に使えるのが、【前日、突然イベントに誘う】【当日、急にゴハンに誘う】などの“突然押し”です。

このときは、相手がOKするのを期待してはいけません。あくまで彼を引きつけるためのエサなので。
彼が「行ける」と言ったら、それはそれで結果オーライですが、断られても問題なし。数日後に【この間のリベンジをしていいですか?】と改めて連絡すればいいのです。

さらに、断ったことを気にして相手のほうから誘ってくれれば、恋の進展は加速するかも!

[3] 食事の後は“ちょい引き”で

初デートに成功したら、その場でいろいろな情報を収集しましょう。それで「違うかな?」と感じたら撤収し、友達モードへ。

付き合いたいと思った場合は、食事の後はちょい引きが効果的。ここでガンガン押すと男性のほうが引いてしまいます。

「一度、食事したくらいで…」と思われちゃうかもしれないのでご注意を。翌日くらいにお礼のメールを送り、ちょっと静観してください。

ここからが恋愛成就の分かれ道。男性のほうから再度のお誘いが無い場合は、キープ男子扱いにしておいたほうがいいかも。

[4] 2回目の食事の後は“本格引き”

男性には狩猟本能があるので、2回目のデートが成立した時点で、ガンガン押してくるのが普通。
それは「上手くいったら今夜、今日がダメでも次回はエッチ」と期待感を持っているから。

そんなときに女性のほうから押すと「簡単に釣れた」と思って、適当に扱われる可能性あり。

この2回目の食事の後は、グッと堪えて相手からの連絡を待ちましょう。とはいえ、ご馳走になったらお礼メールはサクッと送っておくべし。

[5] 「付き合うまで寝ない」を徹底してダメ押し

女性が、別の意味で押すべきなのは、「彼女じゃないならエッチはしない」ということ。これはちゃんと確認しましょう。

「遊びで寝るような女ではない」、その点はきちんとアピール。ここを曖昧にスタートしてしまうと、セフレ扱いをされたり、付き合っているのかよくわからない…というグレーゾーン恋愛に陥ったりしがち。
初めが肝心なので、これだけはちゃんと押してくださいね。


今回のアドバイスの内容は、出会いから食事までの流れ。
終わり良ければ全て良しとも言いますが、恋愛はやっぱり最初も大事。スタート時点でちょい押しができると、自分主導で楽しく恋愛を進められるかもしれませんよ。

これまで上手くいかなかった…という人も遅すぎることはありません。
今後の出会いに期待しつつ、ぜひ参考にしてステキな彼を射止めてくださいね!

(文=天野りり子)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集