2016.05.15

3カ月で婚約にこぎつける!大人の女性のための婚活成功術【恋占ニュース】

Loading
news_1993

今の時代の婚活はバリエーションが豊富。インターネットやSNSを利用したものもあるし、結婚相談所でさえも、気軽でカジュアルな雰囲気で利用することができるようになりました。

しかし、気軽に利用できる反面、なかなか希望どおりの相手に出会えない方も多いようです。

相手に会うとがっかりしてしまう理由

お見合いパーティーなどを除き、婚活では、会う前から年収や職業といった条件がわかっていることが多いし、顔写真も見ていますよね。

それにメールやLINE、電話で何度かやりとりしている可能性も高いので、初対面とはいえまったく知らないわけではありません。

でも、なぜか最初のデートで話が合わなかったり、イメージが違ったりすることもあるでしょう。

その理由はといいますと…特にネット婚活の場合などは、会う前に相手の条件や写真の雰囲気で、「こんな人だ」と無意識に決めつけてしまっていることが多いのです。

結婚相談所を利用するケースでも、カウンセラーの話を聞き、相手に対するイメージができあがっているので、会った時に少しでも印象が違うと、がっかりしたりタイプじゃないと思い込んだりしてしまいます。

ラベリングに惑わされないように!

このように誰が決めた訳でもなく、独断と偏見で相手に「こんな人だ」というレッテルを貼ってしまうことを心理学では「ラベリング」といいます。

要は写真の雰囲気で「良い人そうだ、やさしそうだ」と都合良く感じたり、職業が公務員だから「まじめな人」だと思ったりと、自分の勝手なものさしで決めつけている状態です。

このラベリングの影響で、せっかくのチャンスを逃してしまうことも多々あります。だからこそ、婚活で成功したいなら、ラベリングに惑わされないようにするのが大事。

2回めのデートにつなげるためにも、「この人となら何かを一緒にできるかな?」「もっと話をしてみたいかな?」と考えてみてください。

ラベリングによるイメージや会った時の印象は、とりあえず置いておいて、少しでもそんな気持ちが起きたなら、何度か会ってみれば良いのです。

男性の情熱はあまり長くは続かない

第一印象でピンとこないからといって、何人もの人と一度きりのデートをくりかえしながらダラダラと婚活を続けても、なかなか思い通りの相手には出会えません。

お断りをするのは何度か会ってからでも十分間に合いますし、数回デートをすれば、信頼関係も生まれてお互いの気持ちがはっきりしてきます。

そうやって、お付き合いがスタートした場合、ラブラブで楽しい時期を迎えられるはず。当然ながら、深い関係にも発展するでしょう。

しかし、いくらお互いに婚活に励んでいる中での出会いだとしても、気をつけなければならないポイントがあります。それは、男性は女性と違い体の関係ができてしまうと、本能的に情熱が冷めやすい性質を持っているという点です。

この一番仲が良い時期に結婚を意識させるとうまくいきやすいんですよ。

勝負の期間は平均3カ月!

男性は体の関係ができてから、しばらくの間は彼女に対する気持ちがピークになっています。平均して3カ月くらいはとても情熱的に愛してくれるでしょう。けれども、変化がないと次第に気持ちが冷めてしまう場合も…。

だからこそ男性の気持ちが盛り上がっている時に、プロポーズしてもらうべく行動を起こすことをおすすめします。

たとえば、この時期に両親と会ってもらうとか、結婚式場を予約してしまうとか。女性の行動次第で今後の進展がかなり変わってくるので、この3カ月はとても大切です。

もちろんゆっくりお付き合いをしてうまくいくカップルもたくさんいますが、結婚にはタイミングも重要。

婚活を成功させるのに効果的なひとつの方法として、ぜひ短期決戦も覚えておいてくださいね。

(文=バニラ)

【プロフィール】
美容業界に30年近く関わり、エステテティシャン、カウンセラー、サロンオーナーなど常に第一線でお客様と接する。現在は美容系、メンタル系の資格や経験を活かし、講師やコンサルティング業の他に、美容スペシャリスト&ライターバニラとして活動中!
ブログ:バニラの部屋
Twitter:バニラ@vanilla0717


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集