恋人が欲しいなら、まずは男友達を3人作るべき!その理由は?【恋占ニュース】

Loading
恋人が欲しいなら、まずは男友達を3人作るべき!その理由は?【恋占ニュース】

春は出会いの季節と言いますが、新人の入社も人事異動も滅多にない職場で働いている人は期待薄。
家と職場の往復ばかりで、恋人候補どころか気軽に会える友達もいない、なんて場合はどう行動したらいいのでしょう?

街コンやネット婚活が市民権を得てきた印象はあっても、いきなり恋愛対象として出会うのもなんだか…とイマイチ乗り気にならない女性も多いと思います。
そこでオススメしたいのは、まず男友達を3人作ること!

◆男女共に理想は“自然な出会い”

以前、20~40代の男女に異性との理想の出会いについてリサーチしたところ、学生時代の友達や職場の同僚など“自然な出会い”を望む人が大多数でした。

ある30代の女性は「旦那とは合コンで知り合ったので、馴れ初めを聞かれたときに恥ずかしくて話しづらい」とも。

学生時代ならクラス替えや学校行事など、特に自分から行動を起こさなくても出会いのきっかけは豊富。かたや社会人は、職場の環境によってはそんな機会に恵まれないこともありますよね。

となると、自分の行動次第で変えられるのは異性の交友関係ってこと!?

◆友達から発展した恋愛のメリットは?

では、友達だった異性とつき合うメリットって何? 一般の男女のコメントをお届けします。

・「元カノのことまで知ってるから、変に勘繰らなくて済む。取りつくろっていない裏の顔も知ってるし、自然体で向き合える」(40代・女性)

・「お互いの本性がわかっているので、幻滅することが少ない」(20代・男性)

・「悪いところも見ている、見られているから、変に気取らなくていい」(30代・女性)

恋愛対象としてムリに自分を良く見せようとするのではなく、素のままで接する関係からスタートする分、「飾らず、自然体で」つき合えるんですね。

恋バナや恋愛相談をする仲なら「元カレ・元カノのことで誤解がない」のも魅力のひとつのようです。

◆飲み屋で、趣味の集まりで…大人の友達作り

ただ、前述した通り、社会人になると人によっては人間関係がグッと狭くなるのも事実。
仕事以外で異性の友達を作る方法ってあるの?…体験談を聞いてみました。

・「よく行く居酒屋で話すようになり、友達になった女性がいます。その人の友達とも知り合い、仲良くさせてもらってます。自然とネットワークができあがっていくものだと思います」(20代・男性)

・「女友達と2人で居酒屋のカウンター席で飲んでると、隣の男性客から話しかけられることが多く、友達が増えます。そうやって知り合った男性の中にイベント好きの人がいて、BBQに呼ばれたり。交友関係が広がります」(30代・女性)

まず多く聞かれたのがこれ、居酒屋がきっかけというパターン。
テーブルではなくカウンター席を選ぶのが◎なんですね。

・「同じ趣味を共有すること。私はスキーが趣味で昔は毎年、車3~4台のグループで泊まりがけで行ってました」(40代・女性)

・「サッカーが好きで、チームのサポーターイベントに顔を出しているうちに男友達が増えました」(30代・女性)

続いて多いのは、趣味がきっかけとなる場合。サークルやコミュニティに入り込む最初のステップは、少しハードルが高く感じますが、その後はスムーズに親しくなれそう。

とはいえ、躍起になって連絡を取り合おうとしたりするのは逆効果という意見も。

・「友達という言葉にあまり捉われ過ぎないほうがいい。交流する中で結果的に親しくなるのはアリだけど、無理に作ろうとしてできる友達は少ないし、質も良くない」(40代・男性)

趣味を楽しむことではなく、友達作りが目的になっては本末転倒ですもんね。

◆男友達から恋人へ…みんなの体験談

それでは最後に、実際に友達から恋愛に発展したみなさんのエピソードをご紹介。

・「飲み会の席である女の子が吐いてしまい、みんなが引いている中、自分だけがその子の吐瀉物を掃除しました。次の日、感謝の言葉とともに告白され、つき合いました」(20代・男性)

・「遊んだりするうちに、一緒に過ごすのが当たり前に。あるとき、急に彼が別の女性からアタックされ、私はヤキモチを焼いてしまい…そのときに初めて好きかもと気づきました」(30代・女性)

・「引っ越したことをFacebookに書き込んだら、高校時代の男友達から『近くにいい店知ってるから今度飲みに行こう』と誘われ、何度か飲みに行くうちに自然と自宅へ招き…おつき合いすることに」(30代・女性)

自分(相手)への思いやりが垣間見えた瞬間、他の異性が現れたとき、SNSで偶然つながりが見つかったとき…ふとしたきっかけで友情が愛情に変わるものなんですね。

◆男友達を3人作ると良い理由

ところで、先日放送された『ホンマでっかTV』では、友人関係は“狭く深く”より“広く浅く”のほうが科学的にお得だと紹介されていました。

つまり男友達に限らず、友達はできるだけ多いほうがいいってわけ。でも、いきなり5人も10人も増やすのは大変です。

一方で、1人だけ親しい男友達を作ってしょっちゅう会うと、即・恋愛対象として見られる可能性があるし、男友達が2人というのも、何かの拍子に三角関係っぽくなったりして微妙かもしれません。

その点、3人いたらいろいろな友達がいるように見え、それぞれとちょうどいい距離感を保てそう。

良い関係を築ければ、友達から友達へ人脈は広がっていくもの。そこにどんな恋のきっかけがあるかはわからないからこそ、友達とのつながりは大事にしたいですよね。

居酒屋やサークルといったリアルの場が苦手な人は、交遊の途切れている人にSNSで友達申請をするのも良さそう。
まずは男友達を3人作ることを目標に、小さな一歩を始めてみてはいかがでしょうか?

(文=橘いつき)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集