2016.03.24

ちょい足しメールで脈アリに?仕事関係の彼との縁を恋につなげる方法【恋占ニュース】

Loading
news_1902

取引先やグループ会社などに「いいな」と思う男性がいても、いきなりLINEのIDを聞くわけにもいかず、なかなか距離を縮められない…なんて人もいるのでは?

そんなときは、ビジネスメールに “ちょい足し”をして好意を伝えるのがおすすめ!
ということで、筆者の知人の彼女が途切れない男性たちに、どんなメールが好印象かを聞いてみました。

協力してくれたのはWさん(34歳・出版業)、Uさん(33歳・IT企業)、Fさん(36歳・広告業)の3名です。

◆効果的な“ちょい足し”って?

ビジネスメールは関係者のアドレスに「CC」を入れることが多いし、会社のシステムに証拠が残ってしまうから、恋を進展させるツールにはなりにくい気もするのですが…いったい何を“ちょい足し”すればいいのでしょう?

【本題に入る前の一文が大事】

Uさん「『お世話になっております』の後、すぐに本題に入らず、2行ぐらい、前回会った時のことや、自分の近況を絡めた時候の挨拶を書いてくれると印象に残ります。
『この間はイベントの前で忙しそうだったけど少しは落ち着きましたか?』とか『オフィスの窓から見える桜がきれい』とか」

【締めに気を遣うとポイントアップ】

Wさん「最後の『よろしくお願いします』が『どうぞよろしくお願いいたします』になってると、女子っぽい気がします。そういうちょっとした一言がグッときますね。仕事のメールって、色気も素っ気もないことが多いので」

【宛名にも一工夫】

Fさん「僕の場合は宛名ですね。【苗字+様】より【フルネーム+様】のほうがうれしい。下の名前を書いてもらうと、ちょっと新鮮に感じます」

なるほど、本当に“ちょい足し”なんですね! では、そこからもう一歩進めたい時はどうすればいい?

◆食事に誘ってもらうには?

【メールは準備で本番は会った時】

Wさん「大事なのはメールのやり取りで小さな好意を植えつけ、実際に会った時に一気に攻め込むことじゃないかな。それならメールに証拠も残らないでしょ?」

【仕事に絡めて自分に興味を持たせる】

Fさん「まずは男が食事に誘いたくなるようなことを書いてほしい。例えば僕なら、いつも魅力的な広告はないかとアンテナを張ってるから、“あのCM面白い”と言われたら気になってチェックします。
で、それがビールやチューハイのCMだったら、お酒好きなのかなと思って、次の打ち合わせの時に“今度飲みましょう”って言っちゃうかも」

【季節にまつわる言葉を活用】

Uさん「そういうのがあれば一番だけど、ない時は“寒い”“暑い”“雨が鬱陶しい”あたりが使えると思います。
“暑いからビール”“寒いから温かいものでも”“雨でイライラするからパーッと飲みに”っていうふうに持って行きやすくなるので」

要は、男性が誘いやすいワードをちりばめておくのが大切ってことですね。
ところで、反対に男性が引いてしまうNG“ちょい足し”もあったりするのでしょうか?

◆使うと危険!NG“ちょい足し”

【顔文字はNG】

Uさん「仕事のメールで顔文字はイヤですね。許せるのは『♪』と『★』くらい」

【私事が長いのはNG】

Wさん「仕事と関係ない話が長いのはちょっと…。そういうのは2~3行で十分です」

【フランクすぎるのはNG】

Fさん「あまりにくだけた調子のメールはダメですね。他の人にCC入れてるのに…と思うと、その人の常識を疑いたくなります」

ちなみに、3人とも「ビジネスだからと言ってガチガチに硬い雰囲気にはせず、女性らしく少し柔らかい印象のメールをもらうと、好感をもちやすい」そうです。

そこでご提案したいのが、「練習と割り切って、仕事関係の男性に送るビジネスメールに一工夫」すること。
特に気になっている人ではなくても、相手が「ちょっといいな」と感じるようなメールを送るよう、心がけてみてはいかがでしょうか。

媚びるのではなく、飽くまで『印象の良いメール』にするのが大事。もしかしたら、そこから恋が始まることもあるかもしれませんよ?

(文=天野りり子)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集