2016.03.19

春デートでイタリアンは危険!? 百年の恋も冷める「花粉症」NG食材

Loading
春デートでイタリアンは危険!? 百年の恋も冷める「花粉症」NG食材

朝晩は冷え込むとはいえ、暖かく過ごしやすい日も増えてきた今日この頃。でも、笑っていられない人も多い時…そう、憎きアイツ、花粉症の季節がやって来ました!

日本人の5人に1人が発症!いえ、それ以上とも言われ、花粉症を自覚している人は中学生以上では6割にのぼる、なんて話も聞きます。

2人して目も鼻もグシュグシュかゆかゆ、この季節はいつも不機嫌…そんなカップルも多いのでは?

食べたらヤバいものがある!?

確かに憂鬱な時季ではありますが、だからってデートをしないというわけにもいかないでしょう。
出会いの季節なので、知り合ったばかりの人に食事に誘われる機会もあるかもしれないし。

そんなときに注意したいのがお店…というか料理のジャンルの選び方。実は、世の中には、アレルギー症状を悪化させる食べ物が意外とたくさんあるんです。

気づかずに食べていたら危険!そこで、自分も彼も安心して楽しめる、春のデート時には避けたい食べ物をご紹介します。

トマト・ほうれん草は鬼門

アレルギーの症状を起こすのは、ヒスタミンという成分であることはご存知かと思います。
体に良いはずのトマトやほうれん草ですが、実はヒスタミンを多く含んでいるそう。残念だけど、この時季は避けたほうが良さそうです。
ちなみにトマトは加熱してあれば大丈夫、という説もアリ。

乳製品も…でもヨーグルトは〇?

乳製品はアレルギー症状に深い関わりがあるとされています。特に牛乳アレルギーでなくても、ムリに摂取する必要がなければ、牛乳やチーズは摂らないほうが無難かも。
ただ、ヨーグルトに関しては、乳酸菌がアレルギーを抑えるという研究結果もあるので、体質に合うものを継続的に摂るのは試す価値がありそうですね。

アルコールで症状が悪化する!

お酒を飲んで、さらに鼻づまりがひどくなった…という経験をした人は多いのでは?
アルコールが体内で代謝される際にできるアセトアルデヒドが末梢神経を刺激し、さらに症状を悪化させるので、デート中はできれば避けたいところ。

どうしてもということなら、低アルコールのものをほんの少しに留めておきましょう。

なお、花粉症には赤ワインが良いとも言いますが、これは赤ワインに含まれているポリフェノールのお陰。といっても、症状が出る前から継続的に摂らないとダメなんですって。

既に症状が出ている場合は、ポリフェノール効果よりも先にアルコールによる害が出てしまうので、デートではやっぱり避けたほうがいいかもしれません。

わさび・からしで、さらに涙目

わさびなどは食べた瞬間は鼻がスーッと通るような気がしますが、実は鼻の粘膜を腫らしてしまうのだとか。その場は良くても、結局はリバウンド…ということに。

からしや唐辛子も、粘膜を刺激して鼻水や涙の分泌を促進するので、デート中は控えたほうがいいでしょう。

お菓子やフルーツは甘くない!

フルーツの中には、アレルギー症状を悪化させるものがいくつもあります。中でもキウイ・パイナップル・バナナなどは、単独でもアレルギーを持っている人もいるほどなので、できれば避けたいところ。
また、砂糖をいっぱい使ったスイーツも鼻水や痰を誘発するとか。

イタリアンはしばらく我慢…

ということで、この時季はトマトとチーズたっぷりのイタリアン、刺激の多い韓国料理や四川料理なんかは避けたほうが良さそうです…。

具体的なメニューを挙げるなら、特に危険なのはこのあたりでしょうか。

・カプレーゼ(トマトとモッツァレラチーズ)
・ほうれん草のサラダ
・クリームソースのパスタ
・キムチチゲ
・フルーツたっぷりのスイーツ

それじゃ何を食べればいいのよ?というみなさん、ご安心ください!

おすすめメニューはこちら!

◎刺激の少ない和食

和食は刺激物も少なくこの時季にはおすすめ。お寿司やお刺身を食べるなら、光り物を生姜醤油でいただきましょう。

生姜は血行を良くするし、香味成分のショウガオールには目のかゆみや鼻づまりを改善して、粘膜の炎症を抑える効果があるとされています。
また、青魚に含まれるDHAやEPAはアレルギー症状を軽減する効果も。

◎熱々の汁物が花粉症をラクにする

お風呂の中ではなんとなく花粉症の症状がラクになるのと同じ原理で、温かいものを食べると、鼻の通りがかなり良くなるそうですよ。

自宅デートのときは、熱々のうどんやそばなら湯気で呼吸もラクになるし、ヒリヒリしたお肌も少し癒やされそう。もちろんラーメンだって大丈夫。湯豆腐におろし生姜をたっぷり、なんてのもいいかも。

つらいこの季節、少しでもラクに過ごしたいなら、

・脂っこいもの
・甘いもの
・冷たいもの

を控えて『生姜を摂る』と覚えておきましょう。

ちなみにドリンクは?

そうそう、水分の摂り過ぎは涙・鼻水の分泌を促進するので、脱水しない程度に控えたほうが良いんですって。
お酒はもちろんですが、コーヒーのような刺激の強いものは避け、緑茶をホットで、あるいは常温でチビチビ飲むのが良いようです。

今はペットボトルでもハーブティーなど鼻や喉に良さそうなものが出揃っているので、こちらも取り入れてみてはいかがでしょうか。

せっかくの春…少しでも症状を軽くして、めいっぱい恋を楽しみたいものですね!

(文=石村佐和子)

あなたにおすすめ無料占い>

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集