2016.01.24

持ち家女子は本当に結婚できない?独女が家を買う理由と男性の評価【恋占ニュース】

Loading
news_1787

それなりの年齢で独身だと、自分の将来設計を考え始めますよね。そんなときテーマとして挙がってくるのが“家”。

ローンを組んだとしても定年前に完済できれば安心だし、月々の返済額が家賃と同じくらいならアリかなあ…なんて思うこともあるのでは?

ただ、一方で生活に“縛り”ができるのも事実。どちらの選択がベストなのかはケースバイケースと聞きます。
今回は、そんな女性の住宅購入にまつわる体験談&男性からの評価をご紹介します。

◆購入した人の声「消えてなくなる家賃より、安心のマイホーム」

・「いずれは家を買おうと思っていたので、30代から情報収集をしていました。一度購入を真剣に考えた物件は新築で、現役のうちに完済する場合は月々13万円の返済。とても無理と見送り、40歳で中古マンションを購入しました。
貯蓄でほとんど払えたので、年収が下がっても多少は安心。両親や友人には止められたけど、私は家を持っていることが働く励みになっているので、これでいいと割り切っています」(42歳・女性)

・「就職してからずっと仕事が忙しく、気づけば30代半ば。そんな生活に疲れて婚活もしたのですが、いい出会いもなく。働けるうちにと思い、マンションを購入しました。
その後、高校の同級生と結婚することになりましたが、分譲マンションのほうが設備がよく快適に暮らせたし、借り手がついたので賃貸にも出せたし、後悔はしていません」(38歳・女性)

・「最近まで不倫をしていて。途中、独身男性と交際して結婚の話も出たのですが、それまでの気楽な立場に慣れてしまったのでうまくいかず、破談。恋愛も結婚ももういいかなと思うけど、住むところは必要なので、投資にも転用できるマンションを購入して住んでいます」(43歳・女性)

家を買うきっかけは、老後の不安解消と損得勘定の結果、というパターンが多いようです。
結婚したら足かせになる可能性が高いとはいえ、購入後にゴールインした人がいるというのは励みになりそう!

一方で、家を買いたいけれど踏み切れない人も圧倒的に多い――何がハードルなのか?を続いてご紹介しましょう。

◆購入検討者の声「将来は不安だけど、○○な理由で踏み切れない…」

・「猫を飼いたいけどペット可の賃貸物件は選択肢が少ない。結婚してから考えればいいのでしょうが、いつも交際が長続きしないので、結婚を諦めてマンション購入を考えることも。でも今の会社でずっと働き続けることは考えられないし、結婚もするかもしれないし、踏み切れません」(31歳・女性)

・「年上の女性の知り合いが多くて、マンション購入をすすめられることも。メリットを聞くと気持ちは揺れますが、購入した人はなぜかみなさん独身で…。
買ったが最後、ひとりで落ち着いてしまいそうだけど、まだそこまで達観できません」(35歳・女性)

・「若い頃はマンションを買って自分の好きなように暮らすのが夢でしたが、高齢になった両親がローンの返済で苦労しているのを見ると、借金する不安のほうが強い…」(32歳・女性)

30代くらいで将来設計が固まっていないと、家を持つことへの憧れはあっても踏み切れない模様。主に転職と結婚の可能性を気にする人が多いようです。

それでは続いて、「気になる女性or彼女が家を買っていた場合、メリットorデメリットのどちらだと感じるか?」を男性に聞いてみました。

◆これが現実…“家持ちはデメリット”の声多数!

【メリットを感じる】

・「男性の立場で考えると、奥さんの実家近くの物件ならラッキーだと思う」(30代・男性)

・「賃貸に出せるような物件なら引っ越しもできるので、メリットかな」(30代・男性)

【デメリットを感じる】

・「自分好みにできないのでデメリット。結婚後に相談しながら設計して建てたいです」(20代・男性)

・「どちらかと言えばデメリットですね。不動産より現金のほうが汎用性が高いので」(30代・男性)

・「そもそも、独身で家を買うという時点で結婚の意思はないと思ってしまう」(30代・男性)

【場合による、という考え方】

・「一長一短。デメリットは自分の希望が反映されない&使い古し感があること。メリットは結婚後の生活がイメージできること。ただ、相手が家を持っているかどうかで気持ちが揺れ動くことはないです」(40代・男性)

・「支払い済ならメリットですが、ローンが残っていてかつ自分の希望条件に合わない家であればデメリット」(30代・男性)

総合的に見ると、圧倒的な“デメリット”評価!
自分の希望条件に合うかどうか、ローン残高はどの程度か、賃貸に出せる条件の物件か…このあたりを基準に判断されるようです。

気持ちの余裕や安心感を得られたとしても、結婚面では賃貸住まいより厳しい見方をされてしまう…この現実はしかと受け止めておくべきでしょう。

もし買うとしても、臨機応変に売ったり貸したりできる条件の物件を選ぶといった配慮は必要となりそうですね。


いかがでしたか?
来年4月には消費税が10%に上がるので、現実に購入を検討する人もいるかもしれません。
ただ、少し安く買えたとしても、家に縛られて幸せを逃してしまったら本末転倒。柔軟に対処できる住まいプランを検討してみてくださいね。

(文=橘いつき)

二人の考え方の相性【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集