彼氏にするなら長男?次男?アツい兄弟愛を描く『真田丸』今夜スタート【恋占ニュース】

Loading
news_1761

今日1月10日、堺雅人さん主演のNHK大河ドラマ『真田丸』がスタート。
「日の本一の兵」と讃えられた戦国武将・真田信繁(通称:幸村)の生涯を描く物語、楽しみですね!

信繁には一つ年上の兄がいました。大泉洋さん演じる兄・信幸と信繁は、対照的な性格ながらも深く信頼し合う仲だったそう。でも、天下分け目の関ヶ原の戦いで敵味方に分かれて戦うことに…。

◆兄と弟が敵味方の関係に…

慶長5(1600)年、関ヶ原の戦いを前に父・昌幸と兄弟は、真田家が東軍(徳川家康の軍)と西軍(石田三成の軍)、どちらにつくかを話し合いました。
密談の結果、兄は東軍、父と弟は西軍につくことを決意。しかし訣別しようとも、兄は敗軍の将となった父弟を陰で支え続けたそうです。家族の絆は切っても切れないものなんですね。

◆世渡りがうまいのは兄?弟?

ところで長男と次男とでは、どちらのほうが世渡り上手だと思いますか?
文筆家・宗教学者の島田裕巳さんが監修するモバイルサイト『生まれ順・性格判断』で、「人生をうまく生きていきそうな生まれ順は?」というアンケートを取ったところ、こんな結果になりました!

[Q1] 仕事で得しそうなのは?

1位:末っ子…45%
2位:第一子…28%
3位:真ん中っ子…22%
4位:一人っ子…3%

[Q2] 恋愛で得しそうなのは?

1位:末っ子…57%
2位:真ん中っ子…19%
3位:第一子…12%
4位:一人っ子…11%

【仕事で得しそうな生まれ順】【恋愛で得しそうな生まれ順】ともに「末っ子」が1位。その理由として挙げられるのはこちら。

・上の子を見て育っている分、失敗が少ない
・年上の人と仲良くでき、気に入られやすい
・かわいがられてきたので愛されオーラがある

甘え上手で要領がいいイメージがあるんでしょうね。

4位の「一人っ子」は末っ子と同様、もしくはそれ以上に家族の愛情を受けていそうですが、ライバルがいないからマイペースに育ち、あまり器用ではないのかもしれません。

◆長男は仕事上手、次男は恋愛上手?

真田家の場合、兄・信幸は長男なので

【仕事で得しそうな生まれ順】…2位
【恋愛で得しそうな生まれ順】…3位

長男や長女は「お兄(姉)ちゃんなんだから」の一言で、イヤでも親の言いつけに従わなければならない子ども時代を過ごすことから、生真面目で堅実な性格になりがち。

その分、仕事では上司に素直に従いかわいがられそうですが、恋愛に関しては身近にお手本がないのでうまく立ち回れないのかも。

弟・信繁は兄のほか、姉や弟妹に囲まれた真ん中っ子。こちらは

【仕事で得しそうな生まれ順】…3位
【恋愛で得しそうな生まれ順】…2位

真ん中っ子は上と下に挟まれているため、協調性があり人付き合いがうまそう。そこから恋愛上手なイメージを持つ人も多いのかもしれません。

ただ、“熱しやすく冷めやすい”“気に入らないことがあると黙り込む”などの特徴があるようなので、仕事においては不器用に見えてしまうケースもあるのでしょう。

◆真田兄弟の恋愛事情

兄・信幸のパートナーは政略結婚で迎えた正室の小松姫。彼女には父弟と訣別した夫を気丈に支えた、自分になかなか子どもができないので側室を取ることをすすめた、など、戦国の世ならではの強い女的エピソードが残っています。
信幸は小松姫の死後も正室は取らなかったとか。不器用ながらも妻を一途に愛するタイプだったのかもしれません。

一方、弟・信繁の生涯のパートナーとなるのは、ドラマのヒロインでもある側室のきり。
ドラマには彼の最初の子を産む初恋のお相手も登場するし、正室の竹林院は、戦いに敗れた夫が幽閉されたとき、「真田紐」という紐を考案し、それを売って支えたと伝えられているし、なんというか軽やか。

乱世の英雄の素顔は母性本能をくすぐる、女性にとって放っておけないタイプなのかも。特に信繁は姉も妹もいるから、女心をわかっていそうですしね。

なお、実生活では、堺雅人さんは3人兄弟の長男、大泉洋さんにはお兄さんがいるそうです。ドラマの役柄とは逆なんですね。そんなお2人がどんな兄弟を演じるのか今から期待が膨らみます。

◆彼氏にするなら長男?次男?

ところでみなさんは、彼氏にするなら長男と次男、どっちがいいと思いますか?
恋愛において、両者にはそれぞれこんな特徴があると考えられています。

・長男
プライドが高く、女性には消極的。引っ込み思案になりやすい

・次男
意中の女性には積極的にアプローチする。相手に頼るのがうまい

これだけ読むと長男はちょっと面倒くさそう?でも、“自分を好きになってくれた人を好きになりやすい”そうなので、プライドを傷つけないよう注意しつつ上手にアプローチすれば、意外と落としやすいのかも。

次男は一緒にいて楽しそうですが、“恋愛が長く続かない”傾向があるとか。また、追われるより追いたいタイプのようなので、女性からのアピールにはあまりなびかない可能性も。

ちなみに、

・三男
自由奔放で楽しいけれど、女性に依存しすぎる傾向あり

・一人っ子
恋愛に積極的か臆病かの両極端になる

だそうです。

結婚するとなると、義両親と同居する可能性の高い長男は大変!なんて言われますが、お付き合いならばそこまで気にする必要もないはず。
こちら、恋を進めるうえでの参考にしてみてはいかがでしょうか?

監修者紹介

島田裕巳
1953年、東京生まれ。
東京大学人文科学研究科博士課程修了。
文筆家、宗教学者。
東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。

主な著書に、『相性が悪い!』『「「末っ子男子」のオトし方』『「生まれ順」診断BOOK』『葬式は、要らない』『無欲のすすめ』『日本宗教美術史』など。

スマートフォンサイト

『生まれ順・性格判断』

2016年上半期、あの人の恋愛はどう動く?【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集