日食、流星群、スーパームーンも…2016年も夜空から目が離せない!【恋占ニュース】

Loading
news_1756

年明けのあわただしさも一段落、2016年の過ごし方をゆっくりと考えるために、夜空の星を見上げてみませんか?
ちょっと寒いけれど、この時期の空は澄んでいるので天体観測にピッタリ! また冬以外も、2016年を通じて夜空の星たちがさまざまな天体ショーを魅せてくれます。

注目のお月様トピックス

・2016年の中秋の名月(9月15日)

今年の中秋の名月は9月15日。この日は、日本で古くから伝わるお月見の行事が行われます。必ず満月が見られるとは限りませんが、お月見団子やススキをお供えして日本の文化を感じながら夜空を眺めてみませんか?

・2016年のスーパームーン(11月14日)

月が地球にもっとも接近し、一年でいちばん大きく満月が見える日。2016年は両者の最短距離が短く、なんと68年ぶりの近さに!
来年の2017年には、残念ながらスーパームーンはありませんので、今年必ず見ておきましょう。

注目の流星群

・三大流星群「ペルセウス座流星群」(8月12・13日)

夏の恒例、三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が良好な条件で見られます。月が沈んだ後が観測のチャンスです。夏の夕涼みに夜空を見上げて、流れくる星たちに願いをかけましょう。

・今年最後の星々の祭典「ふたご座流星群」(12月13・14日)

三大流星群の締めくくりともなる最大の流星群「ふたご座流星群」。今年は満月の光が明るくなるタイミングでもあるので暗い流星は見えにくくなりますが、明るい流星たちは輝いてくれます。目を凝らして見つめてみてください。

2016年、これは見逃せない!日食&星の接近

・金星と土星が寄り添って輝く(1月9日)

金星と土星が大接近して輝くのは明け方の南東の空。この2つの星が最接近する1月9日は、肉眼では1つの星に見えてしまうほど。9日前後の金星と土星が寄り添って輝く姿は見ごたえ十分です。

・部分日食が全国で見られる(3月9日)

日本全国で、日食の始まりから終わりまでの全プロセスを見ることができます。東京の場合ですと、太陽の右下から欠け始めて午前11時頃が最大食となり、太陽が1/4ほど隠れます。日本では部分日食ですが、インドネシア地方では皆既日食を見ることができます。

・火星が地球に最接近(5月31日)

5月31日に、2年2か月周期で地球に近づく火星が最接近となります。今回の火星の接近度合いは「中」程度だそう。それでも、火星が大変見えやすくなる絶好のチャンス日です。この日の前後1か月間は美しい火星を見ることができます。

・火星とアンタレスが大接近(8月28日)

日没後の南の空で、2つの赤い星、火星とさそり座のアンタレスが大接近します。一等星のアンタレスは「火星に対するもの」という意味だそう。この日は南西に華やかな星々が集まるので、みんなの注目を一身に集めることでしょう。

・アルデバラン食(2月16日、5月8日、7月2日、9月22日、11月16日)

アルデバラン食とは、おうし座の1等星「アルデバラン」の上を月が通り過ぎていく現象で、2016年は2月~11月にかけて何度も見られるというラッキーな年。中でも最もキレイに見られるのが11月16日と言われています。

天体ショーを楽しむコツ

【流星群を確実に見るには…?】

流星群を見るコツは、「なるべく暗い場所で」「24時から日の出までの時間に」の二つです。特にペルセウス座流星群は出現数が多く、ピーク時は1時間に30~60個とも言われています。また、明るい流星が多いのでオススメです。

【日食を撮影したいとき】

太陽を直接見たり、撮影したりするのは危険です。写真を撮るときには、専用のフィルターを用いましょう。近年は携帯電話、スマートフォン対応の太陽撮影専用のガラスフィルターも販売されているので、撮りたい方はチェックしてみましょう。ぜひ安全に気をつけて楽しんでくださいね。

普段あまり見上げることのない夜空ですが、季節の変化を感じながら星々を眺める時間を持ってみてはいかがですか?

(文=MAJA)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集