10月25日「十三夜」にお月見すると運気UP!美も恋も意のままに!?【恋占ニュース】

Loading
10月25日「十三夜」にお月見すると運気UP!美も恋も意のままに!?【恋占ニュース】

ブルームーンにスーパームーン、皆既月食など、今年は何かと「月」にまつわる話題に事欠かない一年ですね。

みなさんの中にも美しい月の写真を撮ったり、月を愛でながら食事やお酒を味わったりと、お月見を楽しんできた方もいるのでは?

◆「十五夜」だけでは縁起が悪い!?

「十五夜」と呼ばれる旧暦8月15日の満月の存在は、ご存知の人も多いはず。
一年で最も美しく見えるというこの月は「中秋の名月」と言われ、古くから親しまれてきました。

でも、「十五夜」を見るだけでは、実は不十分。日本では昔から、月見を「十五夜」だけで終わらせるのは縁起が悪いと考えられてきたそうです。

◆正しいお月見は「十五夜」+「十三夜」

「神宮館高島暦」をはじめとした「こよみ」シリーズを出版する神宮館によると、「十五夜」を楽しんだ一月後、「十三夜」も眺めるのが本来の風習なのだとか。

「十三夜」とは旧暦9月13日の月で、「十五夜」に次いで月が美しく見えると言われる日。
どちらか一方の月見しかしないことは「片月見(または片見月)」と呼ばれ、縁起が悪いのだと言います。

せっかく「十五夜」の月からパワーをもらったのに、「十三夜」の月を見なかったせいで運気が下がるなんてもったいなさすぎ!
ここは、「十三夜」もお月見を楽しんで運気アップをはかってはいかがでしょうか?

◆「十三夜」は10月25日

今年の「十三夜」は明日10月25日。月見団子やススキを供えて…というのはなかなか難しいかもしれませんが、実りの秋に感謝しつつ、美しい月を眺め、風流な夜を過ごしてみては。

運気がアップすれば、恋も人間関係も仕事もスムーズに動き始める可能性大! というわけで、ここで、今風のお月見をちょっとだけご紹介します。

◆お月さまのカクテルでお洒落に

月のきれいな夜には、せっかくなら月と関係の深いお酒を楽しみたいもの。そこで、月にまつわるネーミングのカクテルのレシピを2つご紹介します。

【ムーンライト】

≪材料≫
・ドライジン、白ワイン、グレープフルーツジュース・・・1:1:1の分量
・キルシュワッサー・・・少々
・レモンの皮・・・少々

≪作り方≫
[1] レモン以外の材料をシェイクし、大きめのカクテルグラスに注ぐ。

[2] レモンの皮をしぼって香り付けし、残った皮をグラスに入れて完成。

【ムーンリバー】

≪材料≫
・バーボンウィスキー・・・4/6量
・ホワイトキュラソー・・・1/6量
・グレープフルーツジュース・・・1/6量

≪作り方≫
材料を全てシェイクし、グラスに注ぐ。

自宅で作ってもいいし、お店で飲むのもステキ! どちらもアルコール度数が高めなので飲み過ぎには気をつけて。

◆満月ヨガで身も心もきれいに!

大地にパワーがみなぎり、女性の心や体に影響を与えやすいという満月。この日から新月に向かって月が欠けていき、体の老廃物を排出する時期に入るため、ダイエットをスタートするのにも◎です。

ただし、エネルギーが過剰になりやすいので無理は禁物。自分を慈しみ、ゆったりしたペースで行いましょう。

なお、月明かりの下で瞑想をすると、心にたまったモヤモヤが浄化されるそうです。世界三大美女の一人、クレオパトラは満月の晩、入浴した後、全身に香油を塗ってそのままの姿で月の光を浴び、美容効果を高めたとか。

みなさんも月光浴を楽しめば、彼女のように美しく、恋愛力みなぎる女性になれるかも!?


その他には月を眺めながらの「満月ウォーク」もおすすめ。
もちろん、旬の野菜や果物をお供えして昔ながらのお月見をしたり、日本酒に合うおつまみを用意して月見酒を楽しんだりするのもいいですよね。

ぜひ明日の「十三夜」は思い思いのお月見を楽しんで、ググッと運気を底上げしちゃいましょう!

(文=編集J)

今日の月がふたりに与える影響【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集