2015.09.11

また浮気された!彼氏に大事にしてもらえない女性の共通点【恋占ニュース】

Loading
また浮気された!彼氏に大事にしてもらえない女性の共通点【恋占ニュース】

最初の頃は「あばたもえくぼ」状態でも、パートナーとの付き合いが長くなると、お互いのアラが目につき始めるのはままあること。
とはいえ、“そばにいて当たり前”のぬるま湯的な関係は居心地が悪くもない…というのもよく聞く話です。

倦怠モードは彼に伝わる

それゆえの甘えか、彼氏をぞんざいに扱ったり、友達に「もう好きと言うより、家族みたいな感じ」なんて愚痴ったり。
いわゆるマンネリって、こういうことを言うのでしょうね。

ところが、こうした心持ち自体が、パートナーにとっての自分の価値を大幅ダウンさせている要因なのだそうです。

長く一緒にいるほどに「言葉にしなくても、相手が何を考えているかわかる」もの。
顔に出していないつもりでも、男性は「自分が相手にどう思われているか」を、敏感に感じ取っているみたいですよ。

思うだけで嫌われる?嫌悪の返報性

人は誰かから好意を受けると、それを返したくなる習性があります。
例えば、熱心なアプローチを受けるうちに好きになったり、告白されたら急に相手のことを意識してしまったり…という経験、ありませんか?
これは心理学で言うところの「好意の返報性」というもの。

この返報性の原理は好意に限ったことではありません。
自分が先入観で「あの人、なんか気に食わない」と思っていると、後で聞いたら相手も同じように思っていた…ということも。

こちらは「嫌悪の返報性」です。
人の感情って、意識してやりとりしようと思わなくても、鏡のようにシンクロするようにできているんですね。

男は我慢強いけど、ある日キレる

それが恋人同士なら、なおさら。
付き合い始めた頃は当然、好意の返報どころか応酬でラブラブです。

ところが3週間、3ヶ月、3年…と落ち着いてくると、欠点ばかりが目について「好き」な気持ちが萎え、「あーもう、まったく」と思うことが増えたり、惰性でお付き合いを続ける自分に苛立ったり。

それ、高い確率で彼も同じように感じてるらしいですよ。自分のちょっとしたしぐさや表情ににじみ出る嫌悪感に、彼がシンクロしてしまう…これが返報性の恐ろしいところです。

ただ、男性は感情をあまり表に出さないし、責任感が強いため、「彼女を幸せにしたい」という気持ちから、ぐっと飲み込んでいることが多いのだそう。
男性ってなんて健気なんでしょう…。

「思ってることがあるなら口に出せばいいじゃん!」と言いたくなりますが、そうもいかないのが男の性。

その代わりと言っちゃなんですが、急に浮気に走ったり「もうやーめた」とばかりにあっさり彼女を捨てたりする男性もいますよね。これ、昨日や今日の心変わりではなく、積もり積もった我慢が爆発したから!ってことが多いんですって。

そんなことにも気づかずに「あーもう、まったく」を繰り返していたとしたら、ずいぶんおめでたい女に見えるかもしれません。

いずれ嫌われる女の共通点

つまり、常に相手への不満でいっぱいの女性は、どんなに美人でもやがて嫌われる、ということ。
2人で育んだ愛が、自分の心持ち次第でどんどん目減りしてしまうのは、やはりもったいない感じがします。

そうならないためには、自分にも相手にもおおらかになると良いのだそう。
自分のことを認められない人は、人に対しても厳しくなりがち。

ですが、自分に完璧を求めたりその自負を持たなければ、相手に対しても少々のことは許せるのではないでしょうか。
一見遠回りなようですが、相手に優しくなるためにまずは自分に優しく、ということですね。
もちろん、パートナーとはある程度、気持ちの距離感を持つことも大切です。

でなければ、心に黒い感情が渦巻いたまま、女優並みの演技でうまく取り繕うしかないのですが…そんな努力をするよりも、自分と彼の良いところをたくさん認めて、全力で愛することのほうが手っ取り早いし、お互いに幸せなはず。

末長く愛し愛されるためには、今よりもっとゆるくて優しい生き方をすればいい…。それってなんだか楽しそうじゃないですか?

(文=石村佐和子)

覚悟してお聞き下さい。今、相手はあなたが好きか?【無料占い】


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 占いフェス2017
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集