2015.08.20

彼は家族サービス、私はぼっち…不倫女性の「つらい」夏休み【恋占ニュース】

Loading
news_1492

不倫の恋をしている女性にとって、家族や恋人と過ごす世間のイベントは、一転してつらい思い出になりがち。
夏休みも同様、彼が小さい子どもを持つ人だと家族サービスに時間を取られ、いつものように会えないケースが多いのではないでしょうか。

割り切っているつもりでも心が波立つ、あるいは彼との関係を見直した…などなど、既婚者とお付き合いをしている独身女性に、夏休みの不倫模様を聞いてみました。

会う頻度は同じだけど、世間のバカンスモードが…

◆case1:真美さん(24歳・営業)

「仕事が忙しく夏休みが取れない人だし、普段から平日しか会わないので会う頻度は変わらないですね。帰省はするみたいだけど、お盆の時期の土日だけで回っているらしい。
むしろ寂しいと思うのは、自分の夏休みのとき。休みに入る直前になると、同僚とは“旅行するの?”なんて話が多くなるけど、私には一緒に行く相手がいない…。
一時落ち込むけど、世の中の夏休みムードが落ち着けばまた元通り。それもどうかと思いますけどね…」

――いつもと同じペースで会うことはできても、身近な人の楽しそうな話は耳に入ってきますよね。真美さんは「なるべく外の情報に触れず、自分のペースで生活する」そう。2人の関係に変化はなくても、自制心は必要なんですね。

会っていないときは“赤の他人”!?

◆case2:かおりさん(31歳・出版)

「金曜の夜に食事に行ってホテルで休憩し、終電で帰るというのがいつものパターン。今年で2回目の夏になるけど、去年の8月後半はキャンセル続きでした。
理由を聞いたら、“子ども(小学生)の宿題を見てやらなきゃいけない”と気まずそうに言われました。その態度に少しイラっとしたけど、今は割り切れるようになりました。
会ってるとき以外は赤の他人だと思えば、特に気にならない。夏休みだけでなく、クリスマスも年末年始もそうやって過ごしています」

――不倫歴6年(その間、3人とお付き合い)というかおりさんは、完全に割り切っている様子。そのためには「SNSでつながらない」「長期休暇の予定をお互い聞かない」ことも大事だとか。
これぐらい淡々と受け止められないと、既婚の彼と良好な関係を続けるのは難しいのかも…?

Facebookで彼の父親像を見て…

◆case3:涼子さん(32歳・デザイナー)

「彼氏と別れた直後、結婚10年目の既婚男性とうっかりそういう関係になってしまい、初めて迎えた長期休暇が夏休みでした。
連絡があまり来なくなったので、きっと旅行か帰省なんだろうなと思いながらFacebookを見ると、彼が家族でキャンプに行った様子をアップしていて。その無神経さに腹が立つより先に、“自分は何をしているんだろう”と我に返りましたね。
次に彼から連絡が来たときに“もう会わない”と告げました。彼は“会いたい”“忘れられない”と、なかなかしつこかったけど…」

――彼のほうがご執心だったのでしょうか。涼子さんにも“好き”という感情はあったものの、彼から頻繁に届くメールはすべて無視したそうです。相手の言葉に流されず、自分の決めた結論を貫き通すことは、独身同士の恋愛以上に大事なのかもしれません。

念願の旅行が別れのきっかけに!

◆case4:ゆりさん(29歳・事務)

「付き合って4年目、私が夏季休暇を取った日に彼は出張が入ったんです。曜日の並びも良く、彼は日帰り出張を泊りがけということにして、仕事が終わった後~翌日まで初めて泊りがけの旅行に。
ラブホテルじゃなくて旅館に泊まったのも新鮮だったし、あちこち観光して…と楽しかったのは確か。ただ、彼がやけに慎重で、絶対に写真を撮らせてくれないし、帰りはなんと現地解散!
会えなくて寂しいことには慣れてたけど、こうやって放り出されたことが惨めで。帰りの新幹線で一人ビールを飲みながら、別れるってメールした!」

――現地集合・現地解散は、バレずに不倫旅行をする方法として紹介されていたりしますが、心の準備ができていないとダメージが大きそう…。
ゆりさん自身は「別れるきっかけになってむしろ良かった」と後悔はしていないとのこと。堂々と旅行が楽しめるお相手が見つかりますように!


不自由な状況を淡々と受け入れ一時の恋を楽しむ人、疑問を感じながらも関係を続けてしまう人、あるいは別れを決意する人…4者4様の夏休みの不倫エピソード、いかがでしたでしょうか?

独身同士なら当たり前にできることが、不倫だとできない…そんなケースってたくさんありますよね。しかも、彼の奥さんから慰謝料が請求されるリスクも含んでいます。

一般的には子どもの夏休みは今月いっぱい。まだ少し、寂しい時期は続くのかもしれません。なんとなくお付き合いを続けてしまっている人は、彼と離れている時間を使い、2人の関係を見直してみてもいいかもしれませんね。

(文=橘いつき)


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集