2013.02.15

そろそろ卒業?お子さま系恋愛【恋占ニュース】

Loading
そろそろ卒業?お子さま系恋愛【恋占ニュース】

自分の好きなもの(たとえばガンダムとか…)のことになると急に熱く語り始めたり、いい大人が駄々をこねたり、2人きりになると急に甘えん坊になったり…。そんな彼氏のことを「男って本当に子どもね!」とほほえましく、あるいは苦々しく思うこと、結構あるんじゃないでしょうか。
ひとまわりくらい年上の彼氏にもそう感じることがある、という人もいるので「男は永遠の少年」という格言もまんざら嘘ではないのかもしれませんね。

しかし当の男子たちも、同様に感じる部分はあるようで…
「彼女を“子どもっぽい”と思うのはどんなとき?」という質問をしてみると

・「甘えられると無条件に『かわいいなぁ』と思えてしまう」
・「すぐ泣く」
・「思い通りにならないとヒステリックになる」

などなど、耳の痛いのも含めて、いろいろな意見がありました。
基本、女って感情的な生き物。理屈一辺倒になりがちな男子には、そんな部分を「子どもかっ!?」とため息まじりに思うこともあるそう。良い意味での子どもっぽさ=素直な言動は「守ってあげたい」と思わせるようですが、それ以外はダメみたいですね。

この幼稚さが、恋の進展を邪魔していたり、ケンカの原因となることもありますよね。何かの折に、お互いが「もう少し大人になってほしいのに…」とため息をつくようなシチュエーションって、結構あるように思えるのです。
果たして、恋愛において幼稚さは不必要なのでしょうか?
ある若い女性から、こんな相談がありました。

■彼の暴言を流せない私はお子ちゃま?
「私は自分の思いをストレートに伝えるタイプなので、付き合った当初からずっと『好き』『一緒にいたい』など、きちんと言葉にしてきました。でも彼は最近冷たくて、そんな私に『もー、そういうのいちいち言わなくていい』とか『重っ』とか、半笑いで言います。彼は何の気なしに言っているんでしょうが、私はとても傷つくし、言われた直後はへこみます。私がもっと大人になって、駆け引きを覚えたり、自分の気持ちを抑えなければいけないんでしょうか…?」(22歳・OL・交際歴2年)

そんな悩める若人のために、自称百戦錬磨、アラフォーのお姉さま方にご意見を聞いてまいりました。

・「彼にはちょっと彼女の気持ちが重いのかもしれませんね。交際2年とかって、ちょうど中だるみの時期だし、彼女の存在はキープしつつ、他のことに目が行っちゃってるのかも。でも、彼はちょっと言いすぎかな。言うなら、もうちょっと言葉を選べるようにならないと。」(40歳・広告)

・「彼氏が甘ったれてますな。彼女の気持ちの上にあぐらをかいて『この女はここまで言っても許してくれる』と。男子中学生が母親に甘えて暴言吐くのと同じレベルです。少々乱暴ですが、この手の男は、ときどき突き放して学習させないと、いつまでたっても成長しません。それでダメだったら、その程度の男だったってこと! 次を探しましょう。」(39歳・自営)

・「受け流す懐の深さも大切ですが、彼女はもしかしたら彼に依存しがちなのかも。精神的な自立というか、“彼がいなくても大丈夫な自分”を早めに確立したほうがいいかもしれません。毎日彼と連絡を取らなくても自分の時間を楽しめるようになれば、彼も自然についてくるんじゃない?」(37歳・エステティシャン)

双方に成長が求められる、というのがお姉さま方の共通の見解でしたが、20代なんてまだまだこれから。いろいろ経験しながら、ゆっくり大人になればいい、というところに意見はまとまりました。

思うに、恋愛も人間関係のひとつである以上、子どもじみたわがままを抑える努力は必要です。だけど、恋愛って本能でするものですよね。瞬時に「大人の判断」ができることばかりじゃないし、あふれる想いを止められないことだってあるはず。それがいわゆる「幼稚さ」と言われるのであれば、その幼稚さこそ恋の醍醐味、と言ってもいいんじゃないでしょうか?

(文=石村佐和子)

あなたの幼稚度(占いサイト:開運★姓名鑑定へ)

  


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集