2013.02.14

バレンタインの成功率は何%?【恋占ニュース】

Loading
バレンタインの成功率は何%?【恋占ニュース】

今日はバレンタインデーですね。バレンタインと聞くとどんなことを思い出しますか?
私はデパ地下でチョコを売るバイトをしていたとき、有名な女優さんがすっぴんで来て大量のチョコを購入したのに、他の人から教えてもらうまで気づかなかった。とか、友だちが練習用に作ったブラウニーをいくつも毒味させられてちょっと気持ち悪くなった。とか、なんとなく冴えない記憶ばかりが蘇ります。

…が、全国の女子たちにはきっと、この日のためにとっておきのチョコを作った、バレンタインの特別デートをした、など素敵な思い出があることでしょう。2013年2月14日、つまり今日こそが勝負の日! と意気込んでいる人もいるかもしれませんね。

愛の誓いの日とされているバレンタインデーは、古代ローマの司教、聖ウァレンティヌスに由来するイベント。恋人たちの守護聖人となった司教にちなんで、この日、欧米では恋人や家族がプレゼントを贈り合う風趣が生まれたと言われています。
女性から男性にチョコを贈るのは日本、韓国などアジア圏だけみたいですが、「年に一度、女性から男性へ愛の告白を!」というこのイベントの趣旨、なんともロマンチックですよね。

古代メキシコではチョコは神々の食べ物とされ、ヨーロッパでは愛の情熱をかきたてる媚薬と考えられたことから、若い女性は食べるのを禁じられた時代もあったのだとか。ということは、女子たちが想いを託したチョコには、永遠の愛を叶える甘く神秘的な魔法がかかっているはず!

20~40代の女子に「バレンタインの成功率」というテーマでアンケートを取ったところ、結果は以下のようになりました。

1位 付き合えなかったけどチョコは受け取ってくれた…26%
2位 告白しようと思ったけどできなかった…21%
3位 告白して付き合えた…19%
4位 本気だったのに義理と勘違いされた…14%
5位 フラれた…5%

1位は「付き合えなかったけどチョコは受け取ってくれた」で、2位の「告白しようと思ったけどできなかった」と3位の「告白して付き合えた」が、2割前後とほぼ同率。バレンタインってまさに悲喜こもごものイベントなんですね。
「付き合えなかったけどチョコは受け取ってくれた」というのは男性の優しさなのでしょうか。それとも受け取らないで、きっぱり断ってくれたほうが優しい? みなさんはどちらだと思いますか?

4位の「本気だったのに義理と勘違いされた」は切ないですね。でも、もともと友だち同士だったりすると、こういうことはよくあるような気もします。
反対に、義理だったのに本気と勘違いされて迷惑した経験を持つ女子もいるみたいです。
「幼なじみにチョコをあげたら、お礼メールから始まり頻繁に連絡が来るようになった。彼氏がいるって伝えてるのに飲みに誘われ『もう2人で会えない』と言おうとしたら、『ずっと好きだった』と延々口説かれた」なんて感じで…。

もしくは
「中学生の頃、学校で女子同士でチョコを交換し、休み時間中に食べきれなかったので隣りの席の男子におすそ分けしたら、ホワイトデーの日にクッキーをお返ししてくれました。私が作ったチョコじゃないのに、申し訳なかった」というかわいいエピソードも。

今はその気になれば、365日いつでも女子から想いを伝えられる時代。とはいえ、一年に一度しかない2月14日は、やっぱり特別な日と言えるのではないでしょうか。2013年のバレンタインデーが素敵な一日になりますように!

(文=Kawauso)

バレンタインチョコに照れて隠そうとする彼の本音(モバイル向け占いサイト:大人の恋愛偏差値へ)

 


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 占いフェス2017
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集