2013.02.07

叶わない恋が終わるとき【恋占ニュース】

Loading
news_114

相手が妻子ある人だった。学校の先生だった。はたまた彼の夢を優先させるために、恋心を打ち明けられないまま終わってしまった…などなど、事情はさまざまですが、どうしたって報われない恋に涙した経験がある人もいるのではないでしょうか。
今回は、2人の女性がそんな切ない恋にピリオドを打ち、もがきながらも再び歩き始めるまでのエピソードをご紹介します。

■気持ちを抑えて、見送った彼の背中
「彼とは友人の結婚式の二次会で知り合い、すぐに結婚を意識した交際が始まりました。しかし、両親への挨拶を済ませたのとほぼ同時期に、彼が重いうつ病を発症してしまいました。
私は何が何でも支えるつもりでいました。一緒に病院にも行き、本を何冊も読み、ゆっくりでいいから、一緒に歩いていこう、と。

ところが、それが彼にとっては逆にプレッシャーだったのかもしれません。『このままでは、君を幸せにすることはできない』と、泣きながら彼は私に何度も頭を下げました。
彼のご両親からも『いつ治るかもわからない。あなたはまだ若いのだから、どうか自分の幸せのために生きて欲しい』と言われ、自分の無力さと彼を失う悲しみを抱きながら、ここで私が泣いたら彼はもっと自分を責めてしまう、と必死にこらえ、別れを決断しました。
立ち直るのに時間はかかりましたが、私も今は元気に過ごしています。彼も徐々に回復し、時々家業を手伝っていると風の噂で聞き、安心したところです。」(30歳・教員)

■お互いの気持ちが寄り添うことすらなかった
「帰省の飛行機で、となりに座ったことがきっかけで知り合った彼。7歳も年下で、当時はまだ専門学校に入学したばかりでした。何の共通点もない私たちは不思議と意気投合し、ときどき一緒に食事をしたりカラオケに行ったりする友達関係になりました。
天真爛漫で自由な彼を見ていると心が癒され、声優になりたいと頑張っている姿を見ていると、心から応援したいと思うようになりました。その気持ちが恋心に変わるまで、そう時間はかかりませんでしたが、年齢的なこともあって言い出すことはできませんでした。

ときには姉弟のようにケンカもしたし、恋人同士みたいな雰囲気になることもありましたが、やはり相手はまだ十代だと思うとそれ以上距離を縮めるのを躊躇し、平行線のまま1年が過ぎました。
やがて彼にも好きな子ができ、恋の相談を受けるようになりました。つらいなー、と思っていた矢先、彼がその子を妊娠させてしまった、これからは学校を辞めて就職し、彼女と暮らすと告げられました。私は『そう、頑張って』としか言えず…。

その日を境に、彼との連絡を絶ちました。とうとう、私の恋は終わってしまいました。最後まで応援するつもりだった彼の夢も、消えてしまいました。私もあれから良い恋にめぐり合い結婚して、幸せに暮らしています。でもときどき思うんです、今彼はどうしているのかなって。」(34歳・主婦)

報われない恋を描いた映画や小説といえば、ちょっと古いですけど、それぞれの恋や葛藤を美しい思い出として旅立っていく青春群像をほろ苦く、でも爽やかに描いた『ハチミツとクローバー』や、大人の男女の道ならぬ恋と精神的な結びつきの強さを描いたしっかり風味の『マディソン郡の橋』。それから『ノルウェイの森』の恋も、濃厚かつ深い余韻を感じることができますよね。
どの作品も、読んだ年代によって感じ方が変わってくる、と高く評価されています。今の自分がどう受け止めるか、もう一度味わってみてはいかがでしょうか。

ところで、あなたのかつての恋は、今となっては良い思い出、となつかしく思い出せますか? 報われない恋はつらいものだけど、「あの頃はまだまだ若かったな」なんて思えたら、それはそれで幸せな恋だったのかもしれません。

(文=石村佐和子)

報われない恋が多いと感じるのは気のせい?(占いサイト:七曜◆姓名鑑定へ)

  


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集