2013.02.06

ここが引き際!彼のNOサイン【恋占ニュース】

Loading
news_115

ときには、想いが通じない恋だってありますよね。彼のしぐさや言葉に一喜一憂しながらも、彼が自分をどう思っているのか、関係をもっと進展させることはできないか、と、悶々と悩むのです。
しかし、思いが通じていない、と感じているのは実は彼の方かもしれません。残念ながら「正直迷惑なんだけどな…」なんて思っているのかも…?

そんな彼らのNOサイン。ちゃんと読み取って距離感をはかっていかないと、「重たい」「めんどくさい」「空気読まない」「頭悪い」などと酷評され、セフレ候補にすらされず、顔も見たくなくなってしまうんですって!
セフレ候補はもとよりお断りですが、20~30代の男性が語る「NOサイン」をリサーチしてまいりました。

【定番1】脈なしの常套句「忙しい」
・「誘いを断るときの『仕事が忙しい』は、お前に費やす時間はねえ! の意。だって、本当のことなんて言えないでしょ人として。」(26歳・デザイナー)

・「興味ない子に誘われたら『その日は予定が入るかも』とか、忙しいフリをする。それが優しさ。」(29歳・営業)

興味ある相手ならどんなに忙しくても相手のために時間をつくるはず、というのが男子たちの共通の見解。「その日はムリだけど、次の日ならどう?」などと即座にフォローが入らない限りは、脈なしと考えるのが定石のよう。

【定番2】メールの返信がない、あっても数日後
・「メール自体がめんどくさい。彼女にもようせえへんのに。」(24歳・建築)

・「返信しないことで意思表示しているつもりなのだが理解してくれず、くだらない質問メールが何通もくる。ウザい。」(31歳・飲食)

・「『ごめん、他のメールにまぎれて気づかなかった…仕事上大量にメールがくるからさ』とか言ってるときは、大抵シカトしてたとき。」(30歳・営業)

メールそのものが面倒、という人もいますが、「そもそも好きな子からのメールには即座に反応する!」という男子のほうが多い様子です。メールに対するスタンスは人それぞれですが、あまりにも返信を待たされるのであれば、無視されてる? という不安は的中していることになります。

そのほかに、目で見てわかるNOサインには、どんなものがあるのでしょうか?
・「ついつい貧乏ゆすり…トイレに行きたいのか? ってくらいソワソワしてしまう。」(21歳・学生)

・「時計や携帯を何度も見る。早く帰りたいよー。」(29歳・営業)

・「やたら目が泳ぐ。それで気があると誤解されるんじゃ? と言われたことがある。」(32歳・経理)

・「そばに来られて、反射的に後ずさりしてしまった。悪気はなかったんですが。」(28歳・エンジニア)

どっちなの? とわかりにくいところでは

・「気まずい雰囲気に耐えられず、普段よりも饒舌になってしまう。」
しかし会話の内容は天気だったり、ニュースだったりと世間話レベルにとどまるようです。

逆に
・「これ以上近づいてくれるな、と思う相手には、突然無口になる。そもそも話すことがないし…」
とあからさまな拒否反応を示す殿方も。

では、彼のNOサインを受け取ってしまったら、どうしたらいいのでしょうか? あきらめて距離をおく? それとも粘ってみたらどうにかなる?

・「一刻も早くあきらめてください。興味を持てない相手とのやりとりは、正直ストレス。」(26歳・デザイナー)

・「再チャレンジするなら、半年とか1年くらい空けて、かなり印象が薄くなった頃に。そのときにはぜひとも“素敵だ”と思わせるようなアプローチをお願いします」(31歳・販売)

もちろん、そう簡単にあきらめられない! と思うこともあるでしょう。わかります、それこそが恋というものです。
しかし、ここは涙を飲んで一旦引き下がろうではありませんか。この引き際を覚えることで、次のチャンス(半年後?)へとつながるかもしれないし、もっと素敵な新しい出会いが待っているかもしれないのですから。

(文=石村佐和子)

見逃さないで!彼のNOサインはコレ!(占いサイト:香山リカ 深層心理学へ)

   


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集