運命の相手が夢に現れる?ロマンチックな夏至の夜の楽しみ方【恋する乙女の暦のたしなみ】第43回

Loading
暦文化研究家・景山えりかが、月の満ち欠けをもとにした「旧暦」の取り入れ方をご紹介します。あなたも月の満ち欠けとともに一緒に暦をたしなんでみませんか?

■夏至はターニングポイント! 自然のリズムで新しい流れにのって

6月22日(月)は、二十四節気の「夏至」です。一年のうちで、昼がもっとも長くなることで知られていますね。太陽の勢力が頂点に達するこの日、北欧では夏至祭がおこなわれることで有名です。

日本では梅雨のシーズンなので、太陽のパワーを直接感じるのは難しいかもしれませんが、年に1度しかないこの日をぜひ意識してみてください。

それでは夏至を楽しく過ごす方法をご紹介しましょう。

■ハーブの力で運命の人と出会う!

夏至のパワーは前夜から徐々に高まり、大地に影響を与えています。昔から、夏至の前夜に摘んだハーブ(薬草)には、特別なパワーが宿っていると信じられてきました。なかでも、セントジョンズワート(セイヨウオトギリソウ)を枕の下に敷いて眠ると、結婚相手が夢に現れると伝えられています。

セントジョンズワートを直接摘める環境にある人は少数派でしょうから、ここはハーブティーを代用しましょう。

セントジョンズワートは、月経時にあらわれる気分の落ち込みや、深い悲しみや絶望感をやわらげるハーブ。不眠にも効果的といわれているので、夏至の前夜(今年は6月21日の夜!)に飲むのにぴったりですね。ハーブティーを飲んで眠りにつけば、運命の人が夢に現れるかもしれません!

■自然とたわむれ、妖精を探す

夏至は、古くから妖精と関係が深い日です。ウィリアム・シェイクスピアの作品『夏の夜の夢』(もしくは、真夏の夜の夢)は、夏至の夜、森に集った妖精たちのお話。トーベ・ヤンソンの童話、ムーミンのシリーズに登場するニョロニョロは、夏至の前夜にまかれたニョロニョロの種から誕生し、夏至の日には世界中から「ニョロニョロの島」に集まって、ひみつの会合を開きます。

太陽の光を存分に受け取れる夏至の日は、自然界が喜びに満ちあふれ、妖精たちも活動的になるのでしょうね。

私たちも、庭の緑や公園、街路樹など、身近な自然に目を向けてみましょう。もしかしたら葉の陰に隠れた、「ちいさな妖精たち」に出会えるかもしれませんよ。

■夏至の夜はキャンドルでリラックス

夏至の日の太陽を西の空に見送ったあとには、一年のうちで一番短い夜が待っています。部屋の電気を消して、太陽の余韻を楽しみながらキャンドルナイトで締めくくりましょう。

ゆらめく炎を見つめながら友人たちと語り合ったり、何も考えずにひとりでぼーっとしたり。いつもと違うリラックスした時間は、自分の本当の気持ちに気がつくきっかけをつくります。

季節を月のリズムでたとえるとしたら、太陽の力がピークになる夏至の日は、満月のようなもの。いわば、次の流れをむかえるためのターニングポイントです。自然との調和を楽しみながら、夏至の日を大切に過ごすことで、これから自分の進むべき道が少しずつ見え始めるかもしれません。

恋する乙女の暦のたしなみ 目次ページへ >>

景山えりか
景山えりか(かげやまえりか)
暦文化研究家、星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部主宰
旧暦や月の文化に造詣が深く、星や月と親しむ生活を自ら実践。その経験から、自然のリズムに合わせてお茶を楽しむことで、養生やストレスマネジメントにつなげる「星のティーセラピー(R)」を考案。執筆活動やワークショップを通じて、星空とお茶を楽しむ暮らしを提案している。

著書:『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』

(講談社)

ウェブサイト:http://www.cosmic-life.net
Facebook:自然とつながる暮らしかた


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集