2013.02.05

「私のほうが好きで苦しい」第2回【小池龍之介の恋愛成就寺】お悩み8

Loading
小池龍之介の恋愛成就寺気鋭の僧侶でありベストセラー作家でもある小池龍之介さんが、悩める女性の悩みにお答えするコーナー「恋愛成就寺」。恋に振り回される女心を諭す的確すぎる回答は、腹落ち感をもたらした後、ボディブローのようにじわじわ効いてきます。

今回のお悩み「私のほうが好きで苦しい」

(R・T 28歳 静岡県 看護師)

付き合って1年半の彼氏がいます。元々私のほうが好きで、半ば自分から告白するかたちで付き合い始めたのですが、私のほうが好きな状況は変わらず、ヘンな言い方ですが、私のほうが弱い立場のままです。

浮気をされたとか、ひどいことをされたわけではないのですが、彼のほうから会いたいとうこともなく、彼のほうからキスしてくることもありません。私から誘わなければ、まったく会わなくなるような気さえします。

時々自分がとてもみじめな気分になります。好きな人と付き合えたのに不安でしかたありません。

わたしから冷たくしたり、突き放したりしたほうがいいのでしょうか?

第1回 第2回 第3回

小池住職からのお返事

勝ちたいっていう発想がそもそも自分を不幸にしていくやり方。

左側からの小池龍之介

そうするとこの彼女の言うように、「冷たくしたり、突き放したりしたほうがいいのでしょうか」っていうのは効果があるんでしょうか。追いかけすぎないっていう意味で。

役にはたちますね。ただ冷たくしたりするとか、その発想がまずおかしいですね。勝ちたいっていう発想がそもそも自分を不幸にしていくやり方ですからね。

冷たくするとか突き放すとか、攻撃的ですよね。相手をある意味で勝負相手みたいに見ているからこういう発想が出てくると思うんですけど。

単に自分から「欲しい欲しい」ってなってるのをもう少し止めてみるというか、ニュートラルなところに落ち着けてやるといいですよ。

「欲しい欲しい」を落ち着けるというのは、彼のこともいろいろある生活の一部くらいの温度感で考えるってことですよね。

はい。これはこれで完全にドーパミン原理に絡めとられているので抜本的な解決にはなりませんけれど、彼以外にもそういう回路をつくってやるといいですよね。

男友達を増やすというのは単純に役に立つと思います。浮気をするという意味ではなくて、「こういう男の子たちにそれなりに大事にされているな」という感覚を持っていてあげると、「足りない足りない」っていう感じが他のことで満たされる。そのぶん彼に対して求めすぎない感じになれると思います。

ま、これは、あくまでも応急処置のごまかしですからちゃんとした対策を最後に述べましょう。

欲望はどんどん膨張して貪欲になっていくという原理を持っている。

右側からの小池龍之介

ドーパミンの欲求の量っていうのは、ある程度有限で、他のもので満たされればおなかいっぱいになって、彼を求める気持ちが弱っていくと考えていいんですか?

その通りです。ですが、欲望はどんどん膨張して貪欲になっていくという原理を持っているので、例えば食事をちょっと楽しむとかじゃなくて食事が生きがいみたいになっていったり、必ずといっていいほど執着、すなわちパターン化が生じてくる。

そうなってくるとかえってそれによって寂しくなったりとか、食べたのに不安になってきたりとかコントロール不能になっていくから恐いんです。

もしくはスポーツをどんどんやっていくと、メダルをとったあとにむなしくなったりとか。金メダル獲得した、じゃあその次の目標は?となっていくので、あとで寂しさを必然的に引き寄せてくるというようになっているんです。なので、あんまりおすすめできる回路ではないですね。

ということは、バリバリ働いているキャリアウーマンで目標を達成することに生きがいを感じているような人たちのほうが、そういう回路をよく使っているってことですよね。

そうですね。だから、いざ恋愛ってなっても、無意識にその回路を使って勝ち負けみたいになってしまうこともあるんでしょうね。

つづく
正座する小池龍之介

≫次回は、苦しみと解放の繰り返しとはどういう事か、住職が解説致します。

苦しかった分、大量のドーパミンが出るからものすごい快感が得られる。
得られるものはあるんですから、その現実を味わえばいいんです。

≫お悩み一覧はこちら

小池龍之介(こいけりゅうのすけ)
1978年生まれ、山口県出身。正現寺住職、月読寺住職。東京大学教養学部卒。
2003年、ウェブサイト家出空間 [iede cucan]を立ち上げる。
2003年から2007年まで、お寺とカフェの機能を兼ね備えた「iede cafe」を展開。
それ以後、修行を続けながら月読寺や新宿朝日カルチャーセンターなどで一般向けに坐禅指導をすることに専念。
著書に『考えない練習』(小学館)、『自分から自由になる沈黙入門』『もう、怒らない』(ともに幻冬舎)、
『超訳ブッダの言葉』『煩悩リセット稽古帖』(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)など。
[書籍のご紹介]
恋愛成就寺『恋愛成就寺』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集