2015.05.27

告白されてフッた女友達とその後も友人でいられるか?【その時、男はこう思う。第16回】

Loading
ファーレンハイトさん

人気ブロガー・週末コラムニストのファーレンハイトさんが、脱力系ヤリチンとして培った男の本音を交えながら、男女間のリアルな恋愛温度差について語るコラムです。

告白されてフッた女友達とその後も友人でいられるか?

もともと友達だった女性から告白された。
振った後にも友達でいられますか?
その後、再告白されて付き合う可能性はありますか?

「振った後も友達でいられるか?」の前に言っておきたいことがあります。

大人になってからの恋愛は、出会い頭から良くも悪くも「恋人としてアリかナシか」で異性を見てしまいすぎな気がします。自分の周りではそんな風な社交が当たり前だし、それだけに「もっとナチュラルに出会いを楽しめば良いのに」と思います。

本来は「恋人としてアリ/ナシ」「つながる/つながらない」視点ではなく、普通にネットワークを広げていくなかで自然と出会いは増えていくもんだと思うんですよね。目の前の出会いをちゃんと受け取っていくということを続けさえすれば。

「友達の友達」と付き合う可能性だってあるのに、最初の「友達」を作らないから「出会いがない」になっちゃうっていうね。と、こないだ知人と話していてあらためてそうだよなぁと思ったりしました。

はい、では男側の視点で、女友達から告白されて振りました、と。

そのまま友達でいられるか?なのですが、いられると思いますよ。普通は「コイツに好意を持たれるのがキモいから、友達ではいられない」とは考えないはずです。じゃあそれを邪魔してしまうのは何か。

ひとつは告白した方が「キモい」言動をしてしまうこと。ふたつめに告白された方が「キモく」なってしまうこと。

やっぱり告白して振られるというのは「あなたの(恋人になりたいという)気持ちは受け取れません」という意思表示なんです。それなのに「いい子であるのを見せ続ければ」「健気さを見せれば」振り向いてくれると思って、接する。客観的に見てうっとおしいし、絡みたくなくなるじゃないですか。

いえ、厳密には平均以上のコミュ力がある男性は、その気持ちを察したうえで「普通に接する」ように心がけると思うんですね。でも、その不自然さのなかで「普通に接する」を強要している時点で相手にとって負担じゃないですか。これは男女問わず言える話ですけど。

やっぱり「受け取れません」と意思表示をされたら出直すべきなんです。出直すというのは、いったん自分の今までの気持ちを殺すということ。ムリなのは分かるのですが、それでも心がけてみる。これまでの付き合いの延長線上には、その気持ちを受け取ってくれる彼はいないということを客観的な事実として認識するべきなんです。

よくセフレから本命カノジョになれますか?という話がありますが、それも本質的には同じです。今の関係の延長線を軌道修正しないかぎり、「このまま」じゃこのままなんです。

あまりくだらないテクニック的な話はしたくないですが、例えばドライに接してみるのはやはり効果的ですよ。「追っかけられていた相手から、追っかけられなくなる」のは、やっぱり一抹の寂しさがありますからね。いらないと思っていたオモチャを「ちょうだい」と言われると「ダメ!」ってなる子供の頃の心境に近い(笑)

「待つ」というのは相手の出方をうかがうだけのことではありません。自分がどんなスタンスで相手と接するかで、相手のスタンス・態度も変わります。自分からは積極的なアプローチを行わない「待つ」であっても、関係性は変わってきます。

「恋人になれるルートがあるかも」という思いを引きずりながら友達として接するなら、そうじゃない。いったんは「数多くいる男友達のひとり」と思い直して、接する。それが出来たら苦労はしないけど、自分の接し方を変えない限りは彼との関係は変わらない。そこに思いを馳せてみるだけで、突破口は開けるかもしれません。

それができたうえで、つながりを保って、彼があなたのことを違う目で見るようになれば、再告白のチャンスは十分にあると思いますよ。いったん出来上がった関係性や不本意な上下関係を崩していくのは、エネルギーが必要だけど、まったくありえないことではないんですよ。

ちなみにふたつめの“告白された方が「キモく」なってしまう”パターン。男は調子乗りが多いので、自分のことが好きだとわかるとナメてかかってきます。そんな状態で健全な友人関係なんて結べないですよね。スッパリ切るべきです。

それが正しいか?と言われると口ごもってしまうのだけど、やっぱり恋愛においては「惚れた弱み」は本当にあるなと思う。本命であればあるほど、冷静で客観的な自分を保つことは難しくなる。だからこそ、1ミリだけでもその視点を忘れないようにしてほしい。ときには的外れに聞こえる友人のアドバイスに従って矯正するなりしてね。

反面、その「頭がおかしくなっちゃう感じ」が、他にない恋愛の魅力だったりするのだけれども。

その時、男はこう思う。 目次ページへ >>

ファーレンハイトさん
ブロガー、週末コラムニスト。ブログ「My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only」で人気ブロガーに。脱力系ヤリチンとして培った男の本音を交えながら、男女間のリアルな恋愛温度差について語ります。
ブログ:http://fahrenheitize.hateblo.jp/
ツイッター:@fahrenheitize

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集