2015.05.21

「借金があるのに、趣味をやめられない」 雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 第23回

Loading

穴の底でお待ちしています

誰にも言えない、けれど誰かに言いたい、そんな内緒の悩みやモヤモヤ、しょうもないグチからやりきれないつらさまで、穴を掘ってこっそり叫んでみたい気持ちを発散する、「感情の吹きだまり」……。そんな場所がこのコーナーです。あなたのやるせない気持ちを、安心してブチまけてみませんか? 雨宮まみが聞き手をつとめます。長文の投稿歓迎いたします。

(ジジ/女性/29歳)

私は29歳の独身女性です。仕事は官公庁の臨時職員で、30万円ほどの借金があります。このような経済状況にもかかわらず、趣味のバレエにお金をかけることをやめられません。

幼い頃からクラシックバレエが大好きでしたが、親に習わせてもらえず、社会人になってから自分のお金で教室に通い始めました。習ってみるととても楽しく、早く上達したくてレッスン回数も増やし、発表会にも参加するようになりました。

バレエはお金がかかります。月謝だけでなく、レッスン着やシューズも高額で、発表会は数十万円単位の出費が当然とされる世界です。そして、習う人たちもほとんどがお金持ちで、いつも高価な装いで教室に現れます。

時々、私は何をやってるんだろう、と呆然とすることがあります。どんなにがんばっても、バレエダンサーにはなれない。子どもの頃から習っている人たちとは、埋めようのない差があることも分かっている。もういい年なのに定職にも就かず、彼氏もいない。バレエをやめれば、借金を返して、老後の蓄えだってできるのに。

私には、何を捨ててもいいからダンサーになりたいと思うことはできません。綺麗な服も着たいし、好きな本を買ってカフェに行きたい。本当は留学して、英語の勉強がしたい。でも、バレエも続けたい。両方を続けることが、自分にとって良くない状況を招くと気付いているし、そのことに必死で目をそらしている。そんなことができる状況ではないのに、とても欲張りで、幼稚で、情けなくなります。

私の中で、バレエダンサーになりたかった残骸がティーカップの茶渋のようにこびりついて、洗い流せない。教室で、中高生の子どもが留学すると聞くと、うらやましさと、その歳で自分の目標に突き進む聡明さに息が詰まり、そんな自分が嫌になります。

私はただ、踊りたいと思ってバレエを習い始めたはずでした。美しいものに少しでも近づきたいと憧れ、ひとりで何も考えず踊りたかった。けれど、余計なことばかり考えてしまう。

私には過ぎた願いだったんだな、と今は思います。経済的にもそうですし、こんな思考の人間にはふさわしくなかったのだと。それなのに、やめることが出来ない。身の丈にあった暮らしができないんです。

こんな情けないこと友人には話せなくて、でもずっと苦しくて誰かに話したかった。聞いて下さって、ありがとうございます。

(※投稿内容を一部、読みやすいように編集させていただきました。)

バレリーナの方には、何をお出しすればいいんでしょうね。白鳥の湖にちなんで、白鳥の形をしたスワンシュー(シュークリームです)をお出ししましょうか。紅茶はアッサムでいいですか? 本当は太るような食べ物は良くないのでしょうけど、甘いものでほっとすることもありますから、今日だけはどうぞ。

お仕事をしながら、バレエのレッスンを続けてこられただけでもたいしたものだと思いますし、幼い頃からの夢を自力で実現させた意志もすごいと思います。ジジさんがこれまでなさってきた努力に、一点の非もありません。でも、自分の経済力や努力だけではどうしようもない壁に突き当たってしまった。がんばれば叶うことを、がんばって叶えてきた先にこんなことがあるなんて、誰も教えてはくれませんでしたよね。

愚痴を聞くだけの連載とはいえ、私にもこんなとき、どんな言葉を言うべきなのかはなんとなくわかります。「転職してお金を稼ぎなさい!」とか、「今すぐバレエなんて辞めて、貯金するなり留学するなり、方向転換しなさい」とか、そういう強い言葉があったほうがいいのだろうなと。

でも、私にはそれは勧められないんです。どっちがうまくいくかわからないからではなくて、そうした「大きな変化を起こす」ことの効果に、疑いを持っているからです。

大きな変化を起こすことには、人をすっきりさせる効果があります。自分は今、変わろうとしているという実感もあるし、そのための行動をしているんだという充実感も得られます。「これさえやれば、すべてが変わる」という錯覚を持たせてくれる。もちろん、大きな変化をしなければならない時期はありますが、ただ追いつめられていて、どうしたらいいかわからないようなときにやみくもに大きな変化を求めて、「変化の錯覚」にすっきりしてしまうのは、あまり良くないと感じるのです。気持ちだけでもすっきりするのはいいことですが、これを何度かやっていると、その一瞬の爽快感の中毒になりかねないからです。

ジジさんが感じておられる今の苦しさには、いくつかの要因がありますが、一言で言えば「格差を埋められない」ということになると思います。金銭的な差、そして、これまでバレエをやってきた年月の差、能力・実力の差。「もっとがんばれば、状況は変わるよ!」なんて、簡単に言えない世界であることはわかります。

ジジさんは、ストイックにバレエ一筋にもなれず、着飾ったり読書したりお茶したりする余裕も欲しいし、お金だって貯めたいと考えておられ、そんなふうにあれもこれもと目移りして、たったひとつの「バレエ」という目標にすら全力を注ぎ込めない自分を恥じてらっしゃるように感じます。でも私には、ジジさんはとてもバランスの良い人に見えます。無理をして自分を極限まで追いつめることはしない人なのではないでしょうか。借金の額が30万というのも、どちらかというと堅実な印象を受けます。

時間的、もしくは金銭的に自分を追い込み、極限までひとつのことに身を捧げるのは、成長するためにもっとも良い手段のように思われがちですが、私はそれは違うんじゃないかと思います。追い込まれて伸びるタイプもいれば、ハングリー精神で頑張れるタイプもいるでしょうが、私自身は自分を追い込んでみて、それほどの成果が得られたと感じたことはありません。むしろ、追い込まれるとつらいばかりでのびのびと思考できないし、冷静な判断ができなくなります。もちろん、やっていても楽しくありません。ジジさんは今、ちょっとそれに近い状況なのではないでしょうか。時間、お金、能力、何一つ自分は持っていないのだと、ご自身を追いつめてらっしゃるのではないですか。

時間、お金、能力、どれを取っても、どこからか湧いて出てくるものでもなければ、努力したからと言って必ず得られるものでもありません。それらのものとどう折り合いをつけ、自分の望むこととのバランスを取っていけばいいのでしょうか。

私は、今できる少しの調整をすることだと思っています。地味でしょう。ほんとにつまらない答えですよね。でも、大きな変化をしようと無茶をする前に、試してみるべきなのはそういうことだと思うのです。

例えば、バレエにかかる金額を少し減らすことはできないのでしょうか。レッスン回数を減らすとか、発表会に参加しなくてもいい教室を探してみるとか、もっと庶民的にバレエを楽しめる場があればそちらに移るとか、シューズは買い替えが必要でしょうが、練習着は少々古くても平気で使ってみるとか。それが「できない」と思うのは、「バレエをみっちりやりたい」という気持ちもあるのでしょうが、周囲の、お金を持っていていくらでもレッスンが受けられたり、人生をバレエに捧げている人たちへの見栄もあるのではないでしょうか。

バカみたいなことだとは思いません。教室の中で一人だけ別行動、違う常識に従って行動することは勇気が要りますし、みんなお金持ちなのに自分だけお金がないというのが、どのくらいみじめに感じることか、私は知っています。でも、このままお金のことや、バレエをやって行き着く先に不安を感じているよりは、その罪悪感を減らす手段を考えるのがいいんじゃないかと思うのです。そして、いちばん減らしやすいのが、このあたりのことなのではないかと思うんです。

お金や時間のこと、そして「こんなことをしていて、いったい何になるのだろう」という不安は、人の気持ちを果てしなく落ち込ませます。そして、それは一度解決すれば済む問題じゃありません。うんざりすることを言いますが、仕事に取り組むときも、私生活での問題に直面するときも、何度でも同じような不安が襲ってきます。「あのとき、あんな無駄遣いをしなければ」「あのとき、もっと集中して仕事に打ち込んでいれば」、そんなことを思うのも一度や二度じゃありません。

そうしたとき、「なんで自分はこうなんだろう」と私も思ったことがあります。何度も同じ反省をしているのに変われない自分。その意志の弱さこそ、才能の無さなのではないかと思ったりもしました。でも、何度もやってるうちにこう思うようになりました。「お金も時間も返ってこない以上、自分を責めてつらい思いをするなんていうオプションをつけなくても、十分つらいんだからもういい。それよりこの落ち込んだ気持ちを、どうしたら前向きな気持ちにできるか考えたほうがいい」と。自分を責めても事態は良くならないのなら、今、自分がどうすればもっと気持ちが楽になるのか、罪悪感や不安から解き放たれるのか、ということを考えたほうがいい。例えば、無駄遣いをしすぎたなら、今から数ヶ月で達成できそうな貯金目標とか、節約の目標を立てる。それができれば自信になるし、罪悪感は軽くなります。そういう感じで「気持ちが楽になること」を考えるのです。

金銭的な負担が減れば、ジジさんのお気持ちが楽になるであろうことは誰の目からも明らかだと思います。30万円の借金さえ返済できれば、今のようにご自分のことを責めることも少なくなるのではないでしょうか。金銭的にビクビクするくらいなら、教室で「貧乏な人」だと思われて、少々恥ずかしい思いやみじめな思いをするほうが、まだましなのでは? と私は思います。

留学とバレエのどっちを当面の目標にするか、という選択肢は大事だと思いますが、そこまで大きな選択にしなくても、安くできるSkype英会話をやってみるという道もあります。

ジジさんがご自分で書かれている、「美しいものに少しでも近づきたいと憧れ、ひとりで何も考えず踊りたかった」という言葉、これがジジさんの目指すものなら、実現不可能な願いでも、身の丈に合わない願いでもないと思います。ただ、お金や時間や能力の問題は、どんなことにもついてきます。それらはただ自分を縛りつけるものではなく、自分を社会につなぎとめてくれるものだったり、それこそ「身の丈」を的確に見せてくれるものだったりもします。時間やお金のこと、自分の能力をうまく伸ばすことができれば、自分の身の丈はこれまでよりも大きくなったように感じます。勘違いしてお金を使いすぎたり、実力を多めに見誤ったりしたら、そこでまた地味な軌道修正を試みればいいんです。

私の言っていることは、大きな変化をドカーンとやってみる前に、諦めても良いと思えること、これさえなければ罪悪感や不安が減ると思うことをやめてみて、その分の余裕を作るということです。そして、その余裕の中で、少し明るい気持ちになってから、大きな決断について考えてみてほしいのです。バレエを諦めるかどうかとか、留学を目指すかどうかとか。大事なことですから、今のように落ち込んでいるとき、身の丈を低めに見積もっていて自信のないときに決めないでほしいなと思っています。

美しく、自由に踊れる日が来ることを祈っています。



みなさまの愚痴を、雨宮まみが「穴の底」にてお待ちしております。長文大歓迎!
恋愛相手の愚痴も、職場環境にまつわる愚痴も、誰にも言えない愚痴も、「スポーツジムのおじさんの汗がキモイ…」みたいなしょうもない愚痴も、なんでもござれ。大なり小なり吐き出して気を楽にしませんか?
「どうしたらいいでしょう?」のような相談は受け付けておりません。ごめんなさい。


>>穴の底でお待ちしています 目次ページへ

雨宮まみ
雨宮まみ(あまみやまみ)
ライター。アダルト雑誌の編集を経て、フリーライターに。女性の自意識との葛藤や生きづらさなどについて幅広く執筆。女性性とうまくつきあえなかった頃を描いた自伝的エッセイ『女子をこじらせて』出版後、「こじらせ女子」がブームとなる。他の著書に対談集『だって、女子だもん!!』(ポット出版)、『ずっと独身でいるつもり?』(KKベストセラーズ)、『女の子よ銃を取れ』(平凡社)、『タカラヅカ・ハンドブック』(新潮社)など。

「キレイになりたい!」と言えないあなたに。

『女の子よ銃を取れ』

他人の視線にビクビクしたくない、自分らしく堂々としていたい、かわいい、キレイと言われてみたい……そう思っていてもどうすればいいのかわからないし、「キレイ」への道が怖くてたまらない。
キラキラした「キレイになりたい」本を手に取ることすら怖いと感じるくらい、「キレイ」が重荷になっている人のための、自意識や他人の視線、自分の視線を解きほぐす本です。

雨宮さんより一言:
何をしても、何を買ってもうまくいかない、変われないしパッとしない……。そんな悩みは、本当は多くの人が持っています。それ以前に何をすれば、何を買えばいいのかもわからない人だってたくさんいます。この間まではわかっていたのに、急にわからなくなってしまった人も。そんなときに、自分を取り戻し、新しい自分を作り上げるヒントや、気持ちの持ち方の軸のようなものがあればいいなと思って書きました。落ち込んだときのおともにしていただけると嬉しいです。

試し読みはコチラ


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集