印象アップ術 第2回【恋愛科学】

Loading

“なんとなく感じの悪い人”や“一目見ただけなのに忘れられない人”など、私たちは、理屈では説明できない「何か」で印象を決めているそうです。
それでは男性は、どれくらいの時間で、女性のどこを見て、どういうふうに感じているのでしょうか。ぐっどうぃる博士のインタビューや一般男性へのアンケートを通して、 “忘れられない女性”になる秘訣をご紹介します。

印象アップ術

相手を好きになる、結婚する…。それは出会った瞬間の印象で、左右されるものなのでしょうか。

恋愛対象になる・ならないは何で決まる!?
恋愛対象としてみてもらうにはどうしたらいい?
恋に悩む女性に絶大な人気を誇るぐっどうぃる博士にお話を伺いました。

初対面で男性は女性の顔の造形・体のバランスを見ている

顔と体が恋の始まり
男性が初めて女性に会ったとき、最初に、その女性の顔の造形や体のバランスを見ます。そして、ほとんどの場合、ここで既に恋愛対象か対象外かの審判が下っています。

その女性が恋愛対象外なら、次の瞬間には興味がなくなっています。

◎顔の良さが重要な理由◎

◆人の体は胎児期から遺伝子の設計図に従って作られています。顔は、その遺伝的なバランスの善し悪しを、端的に表している場所になる。

◆緊張感、精神の健康さ、知的さが顔に表れるため、遺伝的に健康かどうかを判断できる。(精神的に不健康な人、知的問題を抱える人は、顔から一瞬で判断できる)

一方、恋愛対象内なら、さらに細かくチェックしていきます。 小じわや産毛などを見たりして、自分の理想と比べ、どう外れているかを見るのです。

多くの男性は、ここまでをほとんど無意識で行っています。また、理想像や、気になる点は人によってそれぞれで、全く気にしない人もいます。
つまり、産毛を気にする人もいれば、全く気にしない人もいるということです。

外見?内面?

恋愛経験が少ない男性であれば、外見が良い=性格が良いと信じているので、外見を重要視します。 しかし、ある程度恋愛経験がある男性であれば、立ち振る舞いやファッションやメイクもチェックして、そこから相手のキャラクターを類推、浪費癖や、ダメ出し癖、人の話を聞くかどうかなど、内面を見ていきます。

外見?内面?

そして男性は、相手を見るのと同時に、その相手が自分を受け入れてくれるか、自分が楽しませることができているかなど、自分がどう見られているかを気にします。

恋愛対象に入っているかどうかを見極める

恋愛対象になるかならないかは、最初の数秒で決まります。対象外の場合はその場でスポットライトが消え、基本的に男性は、興味を持たなくなります。

恋愛対象内ならば、男性のほうからアプローチが来ます。デートに誘われたり、手をつながれたりなど、相手から接近してきたら対象内と考えていいでしょう。

恋愛対象になれなかった場合

◎恋愛対象になれなかった場合◎

恋愛対象にならなかった場合もチャンスはあります。

相手が何度も会う身近な存在ならば、その後、対象内になることもときどき起こります。
同じ職場で働いている場合などに、意外と優しい・性格が良いと思ってもらえたりすると、プラスに評価され直すのです。「女性」としてではなく「人」という視点で高い評価を狙いましょう。

ただ、相手の恋人になりたい、付き合いたいという下心を感じとられたらおしまいです。
従って、相手に気に入られているかわからない段階では、絶対に下心を見せてはいけません。

男は居心地の良さを求めている

初対面で相手の話をさえぎったり、ダメ出しをする人は、男性に居心地の悪い印象をあたえます。
また、彼が「俺、沖縄にダイビング行ったんだ」と言ったとき、自分も最近ダイビングをしたからと言って「私は南米にジンベエザメ見にいったのよ」と言ってしまうと、結果的に男性に劣等感を持たせてしまったりします。

選んだお店にダメ出しして間接的に否定してしまったり。エンタテインメントしたい男性の気分を盛り下げるのもNGです。
若い女性(まだ人生経験が少なく、何にでも素直に感動できる年下の女性)の人気が高いのは、そういったこととも関係しています。

印象アップ術

人はあるべきところにあるべきものがあるかを見ている

人の脳は、世の中の全てをシークエンス(並び方)で見ていると考えられています。その仮説に従って話すと、私たちは、顔や体のパーツがあるべき場所に収まっていると安心します。
相手の顔を見るとき、シークエンス(並び方)がずれていると感じると、音程が外れた時のように、違和感を覚えてしまうのです。

たとえば、目が離れすぎているとか、アゴが長過ぎるとか、大きなほくろがあるなどといったに、我々は強い違和感を感じ、その相手を遺伝的に完璧でないと見なします。

逆に、あるべきところにあるべきものがあると遺伝的に完璧だと判断して、その人に強い魅力を感じるのです。それが人の顔の美しさの一つの原因を作っています。

恋愛対象になる人、ならない人

男性は、恋愛対象になるかどうかを、次の3つの軸で見ています。

あなたはどのタイプ?
恋愛対象における3つのグループ

恋愛対象における3つのグループ

性的な軸
「見た目がかわいい・きれい」
「女性らしい」
「体の関係を持てそう」

パートナーとしての軸
「男性のエンタテインメントを喜んでくれる」
「自分を受け入れてくれる」
「居心地が良さそう」
「安らげそう」
「価値観が合いそう」

結婚相手としての軸
「経済観念がありそう」
「健康な子どもを産めそう」
「自分の親族に会わせて恥ずかしくなさそう」

いろいろな男性にアプローチされるけれど、恋愛が長続きしない人は、[1]の価値だけ高い可能性があり、1人の男性と長くお付き合いをする人は、[2]や[3]の価値が高いと考えられます。

合コンは、短時間で相手を判断する場なので[1]が重要です。
一方、会社やサークルでは[2]が重視されるので、見た目が普通の女性であっても性格次第で「何であの子が!?」というような、ステキな男性と付き合うこともあります。

恋愛対象における3つのグループ

お見合いパーティーや結婚を意識した男性は[3]を重視するため、服装が地味なほうが経済観念がありそうに見え、モテることがあります。

3つのグループを認識して、それぞれに当てはまる部分を磨けば、モテない人は人気が出るように、モテる人は今以上に愛されるようになります。

30歳が人気の分かれ道

20代前半は[1]で判断されやすいので、外見がいいとモテますが、20代後半ぐらいになると、[2]や[3]を磨いている人と磨いていない人とで差が出てきます。
つまり、30歳前後になると、長く付き合いたくなる女性がモテるようになっていく、ということです。

性格やしぐさはなかなか変えられませんが、素直に男性のエンタテインメントを喜ぶことや、相手に興味を持つ、人間関係の本を読む、といったことはすぐに実践できるのでおすすめです。

◎【番外編】下心は逆効果◎

街角でティッシュをもらったとき、もし広告がついてなかったら不思議に感じませんか? 私たちは親切の裏に、何かしらの理由をいつも探しています。

女性に親切にしてもらった男性が、「この女性は俺を好きだから親切にしている」と理由を見つけた場合は、もらったティッシュの裏に広告がついているときと同じように、ありがたみを失います。 「結局、自分のためにやっているんだろ?」と思われて意味がなくなる、あるいは場合によっては逆効果になるのです。

見返りを求めない行動こそが、相手に「理由のない善意=優しさ」を感じさせ、感動効果をもたらします。

ぶりっ子が逆効果になる相手

ぶりっ子が逆効果になる相手

初対面のときは、スタンドプレイ(自分をよく見せるための小手先の行動)も効果的。
例えば、料理を取り分けるだけで、気が利くと思わせることができます。

ただ、世の中には、いろいろなことを察する能力が高い男性もいます。そういう人は女性のちょっとした行動を見ても、点数稼ぎではないかと勘ぐるので、下手なスタンドプレイは逆効果になります。

察する能力が高い人=とても気をつかい、その分、疲れてしまうので、よく「1人がいい」と言うタイプ。彼らに対しては、スタンドプレイはせずに、素直に接するのが一番です。


ぐっどうぃる博士

ぐっどうぃる博士

恋愛カウンセラー。理学博士。 自身の体験に生命科学的視点を加え、考えだした独自の恋愛メソッドを展開。現在、書籍、雑誌への執筆活動の他、テレビ、ラジオ、セミナー、講演会を開催するなど多方面で活躍。 恋で悩む女性の問題を解決するサイト「恋愛ユニバーシティ」主宰。

[アプリのご紹介]
ぐっどうぃる博士の音ライブラリ(スマホ向けアプリ)

[書籍のご紹介]

次回は、「また会いたい!と思われるためには?」をお届けします。お楽しみに!

印象アップ術 目次ページへ >>


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集