女の変わり目 第1回【恋愛科学】

Loading
女の変わり目

私たちには、いくつか節目となる時期が訪れます。「変わり目」は大小さまざま。今回は、感覚・運気・カラダ、女性に訪れるいろいろな変わり目を科学的に検証。訪れる変化と上手に向き合い、楽しむ方法をご紹介します!

変わり目女性

脳と五感の変わり目

私たちの基盤ともいえる脳と五感の変わり目は生活にダイレクトに影響します。愚痴を言うと、意地悪オバサンに…めざせ、究極の美人脳!

脳の変わり目は気づかぬうちに訪れる

「つまらない」「何かいいことないかな」「幸せになりたい」普段からこの考えをもっている人は既に、幸せな脳の作りから遠ざかり始めています。

あなたの周りにも、愚痴ばかり言っている人はいませんか?
一瞬そういう性格かな、と思えるかもしれませんが、限られた領域での判断や、固定の考えにとらわれるのは立派な老化のサイン。

そして追い討ちをかけるように、物を買ったり、○○したら幸せ、と追い求めても、脳内麻薬に溺れているだけ。本に出てくる、「お金持ちでも幸せそうではない人」になってしまいます。

脳の変わり目サイン

PCの前で頭抱える

◆メールを深読みしてしまう
◆物欲がすごい
◆過去を思い出しいつまでもクヨクヨする
◆人の嫌なところが目に付く

脳が固定化するしくみ

脳で分泌されるセロトニンは、ココロのバランスを整える作用があり、「幸せ」を感じるセンサーのようなもの。セロトニンが減ると、「現状」に満足できなくなり、突発的な快楽ばかりを求めるようになります。

また、柔軟な考え方もできなくなり、小さなことでクヨクヨ悩むように。その状態が続くと、ココロが不安定になり、常にイライラ・ムカムカ・ウジウジ・メソメソ…。
こういった心の習慣は脳細胞の活動範囲を狭め、老化を促進します。

脳は覚えている

自分では忘れてしまっていることも、脳はしっかりと記憶をしています。良い思い出だけではなく、誰かの悪口や愚痴も。脳の記憶が、人の言動を左右します。なので、悪口や愚痴の記憶がたまると、知らず知らずのうちに意地悪オバサンになってしまうのです。

幸せな脳とは

女性が本来もっている「直感力」を取り戻すのがポイント。
「直感力」は、脳がリラックスして、柔軟な考え方ができる状態が一番高まります。柔軟な考え方ができるとは、「情緒的である」ということ。
「情緒」を広げるには、芸術に触れたり、ゆっくりとした時間を過ごすといいでしょう。
また、セロトニンの分泌を促すことも重要。十分な睡眠・早起き、そして脳を活性化するために朝食をしっかりとるなど、生活習慣を正すことが重要です。

愚痴脳への変化を防ぐには・・・

◆クラシックを聴く、美術館へ行く
◆ゆったりとお風呂につかる
◆プチプチをつぶす!
◆十分な睡眠・早起き・朝食を摂る
◆動物性たんぱく質(卵、肉類)と野菜をきちんと採る(セロトニンの材料)
◆汗ばむほどの適度な運動(家事でもOK!)

朝ごはん

>>以上、脳科学者黒川伊保子先生ご監修

五感から読みとるサイン

目・視覚

かすみ目は変わり目サイン
目がかすむ原因は①眼精疲労、②加齢、③目の病気。子供のときにはない症状です。
最近多いのは、テレビやパソコンの画面を長時間見ることで眼精疲労が進み発生するかすみ目。
水晶体や毛様体の筋肉に緊張状態が続くため、ピントが合いづらくなり目のかすみが起きます。目を閉じていても悪影響があるといわれているので、日差しの強い屋外で長時間過ごす際はサングラスをお忘れなく。
聴覚

モスキート音で耳年齢チェック
耳の細胞は爆音を聞くことで傷つき、聞こえる領域が狭まります。
音によって傷ついた細胞は再生されることがないため、放っておくと難聴になる可能性も。
キーンとした非常に耳障りな音を、蚊の羽音にたとえて「モスキート音」と呼びます。30歳前後から聞こえなくなる高い音域の音で、アプリやグッズで試すことができます。今のうちに耳年齢を測定してみては?
味覚

苦味は大人の味
大人になるとおいしく感じるコーヒー、ビール、紅茶の 渋味・苦味は生理学的には同じ味覚。
苦味は人体に有害なもののシグナルとして機能しているため、子どもは食べられないことが多いのですが、大人になると嗜好の形成段階で苦い食品も好んで摂るようになります。苦味を美味しく感じるには継続性も重要。渋味や苦味がおいしく感じるということは、味わいが豊かになった証拠です。
嗅覚

臭いモノにはフタをするな?!
良い匂いばかり嗅いでいると、嗅覚が衰え、忘却速度も速まります。しかし、嫌な匂いをかぐことで、脳が活性化されるのです。
実はこれ、自律神経に関係しています。自律神経には、体を動かすための交感神経と体を休ませるための副交感神経があり、このふたつはシーソーのように交互に働きます。 嫌な匂いを嗅ぐと交感神経が刺激され、良い匂いを嗅ぐと副交感神経が刺激されます。臭いモノにフタをせず、たまには嫌な匂いを嗅ぐことも必要です。
触覚

マッサージでくすぐったかったら要注意
子どものとき、どこを触られてもくすぐったかったのが、大人になるとその感度が低下します。皮膚からの刺激に敏感なのは、脳が育っている証拠。逆に、ある程度脳が成長すると、「くすぐったい」感度は低下します。
大人になってから、心地いいはずのマッサージで「くすぐったさ」を感じたら、それは、体からのSOSかもしれません。
くすぐったいと感じる所は、血液が滞り、鬱血を起こし、神経が異常過敏になっていると考えられます。

次回は「運気の変わり目」をお送りします。“厄年”の本当の意味がわかります。お楽しみに!

女の変わり目 目次ページへ >>

黒川伊保子(くろかわ いほこ)
1959年生まれ、栃木県出身。奈良女子大学理学部物理学科卒業。コンピューターメーカーでAI(人工知能)開発に携わり、脳とことばを研究。株)感性リサーチ代表取締役。
著書に『運がいいと言われる人の脳科学』『夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか』『恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか』(いずれも新潮文庫)など
[書籍のご紹介]

恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか (新潮文庫)

しあわせ脳練習帖

【スマートフォンサイト】
★黒川先生が監修しているサイト「脳内スイッチ」
【モバイルサイト】
★黒川先生が監修しているサイト「脳内スイッチ」(紹介ページへ)
【その他サイト】
★オフィシャルサイト http://www.ihoko.com/

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集