2012.10.29

「あいまいな関係に終止符を打ちたい」第3回【小池龍之介の恋愛成就寺】お悩み3

Loading
小池龍之介の恋愛成就寺

気鋭の僧侶でありベストセラー作家でもある小池龍之介さんが、悩める女性の悩みにお答えするコーナー「恋愛成就寺」。恋に振り回される女心を諭す的確すぎる回答は、腹落ち感をもたらした後、ボディブローのようにじわじわ効いてきます。

今回のお悩み「あいまいな関係に終止符を打ちたい」

(S・K 京都府・33才・会社員)

彼には奥さんがいるだけではなく、私と同じよう「彼女」が何人かいるようです。
彼曰く「最初からお前だけという話は誰ともしていないし、複数の異性を愛することは自然なことだ。独占的な愛情を求め、相手の幸せを制限するのは、愛ではない」と言います。

会っているときの彼はやさしく、二人の時間はとてもスイートです。だけど、それ以外の時間は私のことは忘れてしまっているように思えます。

「付き合ってるの?」と聞いたら「付き合うってどういうこと?」などとはぐらかされます。このまま彼との関係を続けるべきでしょうか?

第1回 第2回 第3回

小池住職からのお返事

彼が好きなんじゃなくて、手に入らないものが好きなだけ。

右側からの小池龍之介

現実がおなかにあって、妄想が頭にあるってわけですよね。生理的に嫌だって思ってるのに、頭はそっちに行きたいみたいな。

もうひとついえることがあります。不倫をしてしまう場合に、たまたま好きになって、後で気づいたら不倫の関係だったっていう場合だったらいいんですけど、もともと知ってて付き合っちゃってる、あるいは前に付き合った人も不倫だったっていう場合。

こういう場合は、彼が好きなんじゃなくて、他の人のものを好きというか、手に入らないものが好きということ。

その証拠に、もし「奥さんと別れて!」ってしつこく言った結果、彼の気持ちがだんだんこっちにむいてきて、奥さんと別れてさあ結婚しようって言われたとたん、急速にさめるというのがあります。

手に入らないものに餌をやり続けるのが好きっていう。釣れない魚に餌をやり続けるのが好きっていう特殊な嗜好を持ってしまった状態。釣れたら一瞬にしてさめます。

実はこれには理由があります。昔から人は恋愛を繰り返すものですけど、ある種の人が気づいちゃうんですね。

体が不快状態におかれているのを、頭が気持ちいいと妄想している。

手に入った時点でだんだんドキドキがさめていって、穏やかになっていって、そして刺激が得られなくなっていって、最初のような関係がだんだん消えていって、自分もだんだん相手に尽くせなくなって、相手も自分もお互い何もしなくなって、特に自分が相手に何もしなくなって、つまんなくなってという体験をしていくにしたがって、手に入るってことはつまんなくなるってことなんだなぁってことを学習しちゃう。

そうして永久に絶対に手に入らないような相手を好きになって苦しむと「あぁ自分と一緒になって欲しいのに!」と胸の奥がきゅーってなったり、ドキドキってなったり、刺激が脳にいっぱい電気ショックを浴びせかける。

その苦しみが気持ちいいという感じで条件づけられてしまうと、手に入らないもので苦しむのが好きっていうパターンに陥ってしまう。

せつない気持ちは女子の大好物ですからね。

そうですね。でもそれは単に体を苦しめてるだけなんですね。血圧が上がって心臓のフラットプレッシャーが上がって、横隔膜が痙攣して、ノルアドレナリンやらが放出されて体が不快状態におかれているのを、頭が気持ちいいと妄想している。

苦しいのが気持ちいいんですという状態に陥っている。初恋のドキドキってやつもそう。でも初恋の状態って永続しないじゃないですか。

でも不倫関係は続けることができるんですね。ドキドキドキドキっていうのを。

飽きっぽい人は注意信号?!

じゃあこの女性の場合、相手の男性にも問題があるかもしれないけど、彼女自身にも問題があるってことですか?

精神構造として問題がある。その精神構造を彼にうまく利用されてるという感じだと思います。

じゃあ、もしこの男性が一途になってくれて結婚しようって言ってくれる瞬間を想像したときに、あっこれやだなって感じるかもしれないってことですか?

思うことはないと思います。今はリアルに想像できないですから。

もし振り返ってみて「そういえば私不倫ばかりしてきたな」って思ったら、自分を疑ったほうがいい?

不倫に限ったことではなくて、他の人のものが欲しくなるとか、就きにくい職業に就きたがっているとか、手に入ったらすぐ飽きてしまうとか、仕事もすぐ飽きてしまうとか、そういう性質がもし自分に確認できるようだったら、あやしいですね。手に入らない恋が気持ちいいっていうののバリエーションに過ぎないですから。本質的に好きじゃないからやめようって思えばいい。

いつまでも釣れないので飽きないでドキドキできるから不倫は案外長続きする。

左側からの小池龍之介

不倫女性がよく口にする「こんなに長く付き合ったのは初めてなの。だから本当の恋!」というのも、勘違いってことですよね?

成就する恋愛は飽きっぽいんだけど、不倫は手に入らないから長くなってるっていうのを本当の恋だと勘違いしてるってことですよね。いつまでも釣れないので飽きないでドキドキできるから不倫は案外長続きするんですね。ただそれだけ。

このまま彼との関係を続けるべきでしょうか?

この人は奥さんのこと大好きですよ。でも奥さんといると息がつまるし、子供がいたりしたら子供のことでぶつぶつ言ってきたりとかされて疲れるから、栄養をくれる人のところに行って、また奥さんと子供のところにもどろうっていう状況だと思います。利用されてるだけでしょう。

合掌
正座する小池龍之介

小池龍之介(こいけりゅうのすけ)
1978年生まれ、山口県出身。正現寺住職、月読寺住職。東京大学教養学部卒。
2003年、ウェブサイト家出空間 [iede cucan]を立ち上げる。
2003年から2007年まで、お寺とカフェの機能を兼ね備えた「iede cafe」を展開。
それ以後、修行を続けながら月読寺や新宿朝日カルチャーセンターなどで一般向けに坐禅指導をすることに専念。
著書に『考えない練習』(小学館)、『自分から自由になる沈黙入門』『もう、怒らない』(ともに幻冬舎)、
『超訳ブッダの言葉』『煩悩リセット稽古帖』(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)など。
[書籍のご紹介]
恋愛成就寺『恋愛成就寺』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集