冷え性の人は緑茶がNG!?夏の健康&美容のために知っておきたいこと【恋の漢方処方箋】vol.4

Loading

「漢方上手」になることで、無理なく心身とも健康な美人を目指すためのこちらの連載。第4回は、夏に気になる「冷え」や「ダイエット」について。知っておいたらきっと役に立つ漢方目線の豆知識をお届けします。

体を冷やす飲み物、温めてくれる飲み物

夏でもカーディガンを手放せない方って、いますよね。どこへ行ってもクーラーがガンガンかかっていて、職場ではスーツを着た男性に室温が合わせてあったり…すっかり体が冷えてしまっているという場合も多いと思います。

では体を冷やさないためにはどうすればよいのでしょうか。クーラーが直接あたる位置に近付かないというのは基本ですが、さらに危険なのは氷入りの飲み物。体の中と外から冷やしてしまうことになるからです。夏場に温かい飲み物はイヤだという方は、せめて常温で飲むと良いでしょう。また意外とダメなのが"緑茶"。緑茶は体を冷やすのです。キンキンに冷えた緑茶は避けること。

飲み物で何が良いかを知りたいときは、おおよその産地で考えると分かりやすかったりします。簡単に言うと、暑い国の飲み物は体を冷やします。暑い地域のフルーツジュースなどは特にそうです。それから発酵したものや、色が赤や黒のものは体を温めてくれます。紅茶や黒豆茶、赤ワインなどがオススメ。冷え性の女性の乾杯は、ビールでなく赤ワインがいいということですね。

年齢が上がると痩せにくくなるのはなぜ?

夏の関心事といえば、ダイエットもありますね。中医学では、ダイエットについても「バランス」で考えます。太っているということは、すなわち体のバランスが崩れていることと捉えるのです。たとえば、本当は胃腸の代謝が悪いのに水を1日2リットル以上飲んでみるなど、ご自分の体質に合わないダイエット法を取り入れてしまうと、痩せない上にますますバランスが傾いて、かえって太りやすくなってしまう場合すらあります。

そもそも人はそれぞれに体質が違いますし、年を重ねることによって生活習慣や嗜好が、より体質に反映されやすくなります。よって、若い頃と同じダイエット法では効果が出なくなることもありますし、流行りのダイエット法で万人に結果が出るわけではないのです。自分の体質を知ることが、ダイエットの一番の近道です。

むやみな半身浴はNG!

ダイエットの観点でも半身浴って良さそうですよね。ですが、この半身浴、体質によってオススメできない人もいるのだとか。半身浴で汗を流すと確かにスッキリするのですが、汗と共に気(元気)も出ていってしまうので、その後にぐったりしてしまうのです。元気がない時や、お風呂上がりにフラフラすることが多い方は、避けたほうが良いでしょう。

その他、「脂肪や糖質の吸収を抑えられる漢方はありますか?」といった質問をされることもあるそうですが、諸井さん曰く「"吸収を抑える"というのは対症療法の考え方で、西洋医学的なものです。東洋の漢方は全体の"バランス"を見るものであり、個々によって状況が全く異なるため、全員に共通してコレが効く!というものがないのが特徴なんです」とのこと。人によっては、ダイエットに全く関係なさそうな意外なポイントが痩せることに繋がったりするのかもしれません。


露出の増える夏は「とにかく痩せたい!」と思ってしまったりするかもしれませんが、漢方はバランスのいい体を手に入れることありきのもの。バランスのいい健康的な体のほうが、やけに細いより、きっとスッキリとキレイに見えるはずですし、異性にとっても魅力的ですよね。漢方から美容・健康を目指す方は、一度自分の体質をちゃんとチェックしてもらうことから始めるのがオススメです。

次回は「美肌と漢方」についてです。お楽しみに。

取材協力

諸井由美子

薬剤師・国際中医師・介護支援専門員。
病院・薬局等で薬剤師として勤務する中、沢山の薬を持ち帰る患者さんや検査結果は問題ないのに調子が悪くいろんな医療機関を受診している患者さんに違和感をおぼえる。そんな中で勉強し始めた中医学(漢方)に希望を感じ、「日常に取り入れられる中医学」を伝えるべく、オリエンタルハーブカフェを立ち上げ。ワークショップなども開催しており、親しみやすい人柄と分かりやすい講座が大人気。

▼自分専用に漢方をブレンドしてもらうことも可能!
オリエンタルハーブカフェのサイトはこちら


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集