彼の心を掴む「漢方レシピ」はカレー!?夏バテ対策から恋を進展させる秘策【恋の漢方処方箋】vol.3

Loading

「漢方上手」になることで、無理なく心身とも健康な美人を目指すためのこちらの連載。第3回は、真夏の季節に合わせた漢方の取り入れ方を。手軽な夏バテ対策から、気になる彼への漢方アプローチまでご紹介しちゃいます。

自宅でできる!健やかに過ごす秘訣

温暖化だなんだと言われる昨今、年々夏の気温も上昇していますね。もともと夏は、陰陽五行でいうと「火」にあたります。文字通り、火が燃え盛るように熱く、暑くなるのです。それを人に当てはめると、汗をかくことで体力を消耗し、潤いが少なくなります。火(熱)は燃え上がって心身に影響するので、眠りが浅くなるなど、睡眠への障害も出やすくなるでしょう。

また暑さのため冷たい飲み物を多く取りがちになり、胃腸が冷やされて消化吸収の力が低下します。これまた夏バテの原因になります。それらを予防する上で手軽かつ効果的なのは、体の熱を下げてくれる「夏の果物や野菜」を積極的に摂取すること。季節の食材というのは季節に合った効果を示してくれることが多いので、意外とこんなシンプルなことが大事だったりするのです。旬の野菜・果物をいただくことで夏の暑さを乗り切りましょう。

彼の胃袋を掴む!夏バテ予防の漢方レシピ

体調を気遣えるような料理って異性の心に入り込むには効果的なツール。「夏バテしないように」なんて言って出すと喜ばれそうなメニューといえば、鰻や焼肉がパッと浮かびますが、意外におすすめなのが「カレー」。そう、カレーのスパイスには中医学の"生薬"がたっぷり入っているのです。諸井さんは「生薬カレー」と呼んでいるほどだそう。食欲がない時でも、カレーなら食べてしまえそうですね。

それにプラスしてオススメなのは、ごはんをトウモロコシと一緒に炊いて"トウモロコシごはん"にすること。さらに豚肉&冬瓜のスープ、デザートは、スイカで決まりです。全て手がかからない料理なのも魅力。あっというまにできて、彼の夏バテ予防にも効果的ということで、夏の恋に素敵な進展をもたらしてくれそうです。

夏バテに効く「お茶」は?

暑いからといってガブガブ冷たい飲み物を流し込むのはNG。「とにかく暑くて仕方ない!」という時には、緑茶かルイボス茶をいただきましょう。氷は入れずに飲むようにしてください。

また水分の摂りすぎでポチャポチャしてしまっている場合は、ハトムギ茶がオススメです。とはいえハトムギだけではなかなか売っていないので、他にも混ざっているようなお茶(十六茶など)がいいでしょう。これまた気になる彼の状態に合わせて飲み物を選んであげたら、ポイントは高いはず。


なんだかんだ「健康」ってとても大事なもの。体にいいものをちゃんと知っているというのも、美人の条件のひとつかもしれませんね。この夏はぜひ、ちょっとした漢方の意識を持って過ごしてみてください。

次回は、「無理せずに痩せる体質になる」というテーマを漢方の視点で考えます!

取材協力

諸井由美子

薬剤師・国際中医師・介護支援専門員。
病院・薬局等で薬剤師として勤務する中、沢山の薬を持ち帰る患者さんや検査結果は問題ないのに調子が悪くいろんな医療機関を受診している患者さんに違和感をおぼえる。そんな中で勉強し始めた中医学(漢方)に希望を感じ、「日常に取り入れられる中医学」を伝えるべく、オリエンタルハーブカフェを立ち上げ。ワークショップなども開催しており、親しみやすい人柄と分かりやすい講座が大人気。

▼自分専用に漢方をブレンドしてもらうことも可能!
オリエンタルハーブカフェのサイトはこちら


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集