乙女座は「最適解」が出て自由になれるとき!8月18日水瓶座の満月【新月満月からのメッセージ】

Loading

新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 8月18日 水瓶座の満月

8月18日は水瓶座で満月になります。今回の満月はごくわずかな半影月食になります。

満月図を見ると、今回の水瓶座満月(獅子座太陽と水瓶座月が相対している星回り)は地上的に目立つところに配置されています。今回の水瓶座満月がもたらすメッセージは私たちの「心の陰影」とどこかしら関係していて、そのようなものが私たちの世界において目に見える形としてあらわれやすいでしょう。また、牡羊座天王星が水瓶座満月に調停的に関与していることから、今回の満月がもたらす出来事はある種の「ブレイクスルー」「思いがけない展開」を伴う可能性もあります。

さらにお知らせします。乙女座金星が射手座土星、射手座火星、魚座海王星と直角三角形を作っています。2016年の主要な星回りである射手座土星と王座海王星が一時的にクローズアップしていることが分かります。また、山羊座冥王星はこの直角三角形に必然的な意味を与え、バックアップしているようです。これらの星回りを読み解いてみますと、あまねく広がる混沌によって揺れ動く世界において、私たちも揺れ動きながら最適解を模索している中、この混沌をどうにか乗り越えていくための現実的判断や決断、取捨選択がなされるかもしれません。

このように読み解きつつ、今回の水瓶座満月図を改めて見たとき、私はジョンレノンの名曲「Let it be」を思い出しました。「なすがままに」「あるがままに」「Let it be」……今回の水瓶座満月はそのように伝えたいのではないでしょうか。

今回、水瓶座満月がもたらす出来事を通じて「この世界に確かなものなど何ひとつなく、全ては移り変わるのみである。今の私たちはそういう世界を生きている」「全ては自ずとなるようになっていく。自然の成り行きとは本来そういうものである」ということを私たちはそれぞれ経験するでしょう。そしてそのような経験を通じて、私たちはより自由に生きることを学んでいけるのかもしれません。

最後にお知らせします。9月1日は乙女座で日食になります。約半年ぶりの特別な新月です。また、9月9日には吉星木星が天秤座へ移動します。9月初旬は私たちにとって大きな分かれ目なのです。そういうタイミングを控えている今時期は、宇宙や世界との共鳴関係をより開かれたものにしていくことがテーマのひとつとなっているのかもしれません。

この時期、あなたがどのような状況にあるにせよ、「なすがままに」生きていて下さい。小さな私に閉じこもることなく、宇宙や世界の自然な成り行きに対して開かれた私として生きることを改めて思い出して下さい。

今回の水瓶座満月の影響を強く受けるのは、牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座です。獅子座新月(8月3日)頃に「私は愛と喜びに生きることしかできないな」「これ以上、私は私をごまかせません」とつくづく感じた方は、この時期、あなたを取り巻く状況がそのような方向へと動いていくのかもしれません。「やはりそうか」と感じるでしょう。牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、選択肢をしぼるという形で、新たな可能性を逆に広げていけるでしょう。今、自分は何に力を入れたいのか、自分が本来すべきことは何なのかをよく考えて下さい。また、今回の満月が「あなたがすべきことはこれですよ」と教えてくれるかも。双子座、乙女座、射手座、魚座は、「今、分からないことは分からないままでいい」「だから今、これをやる(もうやめる)」という最適解が出るのかもしれません。そうやってあなたはより自由になるでしょう。

次回は 9月1日 乙女座の新月(8月31日更新)

新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集