2016.08.04

「スピード感について」【石井ゆかりの星の相談室】vol.48

Loading
石井ゆかり 星の相談室

大人気ライター・石井ゆかりさんによる、女性の心に寄り添う個人占い。恋愛や人生の悩みにお答えします。


vol.48「スピード感について」

こまさん(40歳女性)


最近、自分のスピード感が早すぎるのかな、と感じています。年を重ねるごとに、まるで生き急いでいるかのように周りは感じているようです。時間に関して自分ルールがあったり、段取りや業務整理、分担が得意だったりは良いところなのですが、おっとりのんびりしている人に対して何となくイライラすることが多く、そう思う自分に疲れるときがあります。頭では、人それぞれだし、と考えても、どうしても、遅い!早く!今!って思ってしまいます。これは、持って生まれた気質なのでしょうか。

こまさんへ

こまさんのホロスコープを見ると、
確かに、「せっかちかも!」と思わされます(笑
一般に、牡羊座の方はスピード感を求める方が多いのですが、
こまさんの場合は、
太陽と火星と月が「Tスクエア」という形を形成していて、
火星(スピード、戦意、情熱)・月(感情)・太陽(基本的な生き方)が
ぴったり結びついた形になっています。
この3星は全て「活動宮」という星座に位置していますが
これも、自分が先頭に立って、誰に命令されることもなくずんずん進むような、
素晴らしい勢いを意味しています。
つまり、ガンガン攻めて、立ち止まらずに前に進み続けることが
こまさんの生き方の基本にあるのです。
「世の中はかくあるべし」という価値観を象徴する木星もまた、
スピードと戦いの星座・牡羊座にあります。
この星はこまさんのホロスコープの中でも大変高い位置にあり、
「自ら率先して動き、創造的に生きていくこと」
「誰にも負けないよう、道を切りひらいて能動的に動くこと」は、
こまさんの人生においてとても大事なことなのだろうと思いました。

こまさんのホロスコープで、
月は山羊座、火星は蟹座に位置しています。
この2星の配置と結び付きは、
火のような負けず嫌いの心、せっかちな感情、熱い情熱を意味します。
カッカしやすい、という感じです。
ですが実は、その「カッカする」ことの根本には
深い恐怖心が渦巻いています。
「後れを取るのではないか」「世の中の大きな力に傷つけられてしまうのではないか」「自分はこれで本当に大丈夫なのだろうか」「もっともっと力が無ければ安心できない」
といった、なにかに脅かされているような「怖れ」が、
こまさんの心の奥底にあるのではないかな、と思います。

せっかちで負けず嫌いな方であっても、
必ずしも「他人のペースの遅さに腹が立つ」わけではありません。
こまさんが、ご自身がまず、早さや行動の合理性を好む、という個性をもつ一方で
「他者のペースが気になってしまう」ということも、
独立した1つの個性、性向というべきだと思います。
だとすれば、その原因になっているのは、
「足を引っ張られて、自分も傷つくのではないか」
という怖れにつながっているのかな、と想像しました。

さらに、もうひとつ気になることがあります。
それは、ドラゴンヘッドというポイントです。
ドラゴンヘッドの解釈には諸説あるのですが、
これは、その方の
「まだやったことがないけれども、そちらに向かっていくと、
より大きな人生の充実を得られる」
といったような、いわば「人生の課題」みたいなもの、
と言われています。
このドラゴンヘッドは、こまさんのホロスコープにおいて、
蠍座という星座に位置し、4室という場所にあります。
この配置は、どう見ても「せっかち」ではないんです。
粘り強く、自分自身のペースを重視し、
人とじっくり心を交わらせていく、といったような、
スローペースな世界なのです。

こまさんのホロスコープにおいて、
10個中9個の星までが、
どちらかといえばスピーディーな星座に位置しています。
そして1つだけ、天王星だけが、ドラゴンヘッドと同じ蠍座にあります。
おそらく、こまさんは、心の奥底では、
「もっとゆっくり生きたらどうなるんだろう?」
という、憧れのような、不思議なざわめきを抱えて、
生きているところがあるのではないかな、と思いました。

もしかすると、こまさんは幼い頃、
自分のペースで生きることをジャマされたり、
「早く、ちゃんとする」ことを幼い頃から要求されたりしていたかもしれません。
自分が否定されたことや、強制されたことに対するひそかな怒りが、
「他者」に向かっていることに、
こまさんご自身が、気づいていらっしゃらない部分があるのかもしれないな、
と思いました。

潜在的な怒りや、密かな憧れ、恐怖心などは
なかなか、自分の心の中を探っても、見つかりません。
でも、他者を見て妙に「気になる」ことがあれば
それは、自分の心を鏡に映したような状態になっていて
普段見えないものが「見えている」ということなのではないかと思います。
自分にはないものを持っている人を見たとき
もしその傾向が本当に自分とは「関係ない」ものなら、
気になったりはしないからです。
気になるのは、ゆっくりおっとりしている、という事象が
こまさんの中にも、なんらかの形で「ある」ということなのでは、
と思います。

こまさんのように、ひたむきに積極的に生きることは
基本的には、すばらしいことです。
でも、おっとりしている人が余りにも気になるようなら、
なにかしら、こまさんも
「おっとりしてみる」
ことに挑戦してみては、と思います。
意外と居心地よく感じる場面も、あるかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

石井ゆかり


あなたも石井ゆかりの個人占いを受けられるかも。
毎月ひとりの方のお悩みにお答えします。
個人占いへのお悩み投稿はこちらから
石井ゆかりの星読み 【月額料金】324円(税込)


石井ゆかり(いしいゆかり)
独学で星占いを習得し、2000年よりWEBサイト「筋トレ」を主宰。年間・週間の12星座占いを情緒ある文体で掲載し、のべ5000万アクセス(2013年現在)という異例のヒットを記録。雑誌や携帯コンテンツなどで占いを執筆するほか、星占い以外の分野でも著作を発表している。第7回Webクリエーション・アウォードにて「Web人賞」受賞。『12星座』(WAVE出版)、『星読み ホロスコープなしでわかるあなたの運勢』『愛する人に。』(幻冬舎コミックス)、『星占いのしくみ』(共著・平凡社新書)、『禅語』『いつか、晴れる日』(共著・ピエブックス)、など著書多数。
同サイトにて「石井ゆかりの週報」を展開中。

スマートフォンサイト:「石井ゆかりの星読み」


フィーチャーフォン:「石井ゆかりの星読み」


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集