2014.06.20

長続きする恋愛の特徴は? 〜『私の男』【伊藤さとりの映画で恋愛心理学 第4回】

Loading
伊藤さとりの映画で恋愛心理学

映画パーソナリティーとして活躍中の伊藤さとりが、オトナ女子ならではの目線で恋に効くオススメ映画を紹介!記者会見や舞台挨拶の裏話もあるかも!?

長続きする恋愛の特徴は? 〜『私の男』

災害で親を失った幼い女の子を若くして引き取った男。
愛を知らない男は、娘のように可愛がりながらも少女を女として愛で、小さな港町でふたりは恋人同士のように暮らしていた。
やがてふたりの真実の関係を知った親族により、思いもよらぬ方向に運命の歯車は回り始める。

まるで近親相姦のように危険で、誰も近寄れないほど熱過ぎる愛のかたち。
そもそもどうしてこんなにもふたりは愛し合ってしまったのか?
その関係を紐解くにはペット愛が鍵になってきます。
生後間もなく独り暮らしの人間に育てられたペット。
特に人間と密接な関係を築く猫や犬は、飼い主の性格に影響され、環境に順応しながら、愛されやすい性質へと成長を遂げ、やがて飼い主とベストな相性のペットになります。となると結果的に、飼い主に性格が少し似てきますよね。

これはペットに限らず、男女の関係でも同じこと。
だって、穏やかな人にとって、気性の荒い人と一緒に生活するのは辛いことだし、短気な人が気の長い人の気持ちを理解するのも難しい。
だから似た者同士ほど、相手の気持ちを汲み取れ、上手に対応できるので、交際が長続きしやすいんです。

男性が母親に似た女性を奥さんにする傾向がある、というのもある意味、このロジックから来ています。
生まれて最初に関わった異性が母親だから、その母親に愛されようと対応しながら成長すれば、結婚を考えた時、母親のような性格の女性との暮らしは想像しやすい。
心理学では、人は生まれてから5歳までに密接に関わった大人によって性格が形成されていくと言われています。
ましてやそれが異性、且つふたりきりの生活となると密接度は増すわけで、マザコンやファザコンになりやすいのは仕方が無いこと。
映画の中の主人公の男は、両親からの愛を受けずに育ったので、親が子供にどう愛情を注ぐのかわからない分、まるでペットを溺愛するかのように育てている。
だから、ふたりの関係が“男と女”になってしまったんでしょうね。

話はそれましたが、結婚まで行きやすいカップルの特徴は、もともと生活スタイルが似ていること。
食べ物の趣向が合う。育った環境が似ている。
そんな風に似ているところがある相手とは、共感しやすく、相手も好意を持ちやすいので、距離を縮めるのに時間はかかりませんよ。
あなたの近くに自分と似たような環境の異性がいたら、さりげなくアタックしてみるのもいいかもしれませんね!?

あらすじ:
10歳で孤児となった少女、花。彼女を引き取ることになった遠縁の男・淳悟。孤独だったふたりは、北海道紋別の田舎町で寄り添うように暮らしていた。
6年後。冬のオホーツク海、流氷の上で殺人事件が起こる。暗い北の海から逃げるように出ていく淳悟と花は、互いに深い喪失と、ふたりだけの濃厚な秘密を抱えていた…。

2014年6月14日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開
監督:熊切和嘉
原作:「私の男」(桜庭一樹/文春文庫刊)
出演:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤 竜也
『私の男』(http://watashi-no-otoko.com/)
© 2014「私の男」製作委員会

伊藤さとりの映画で恋愛心理学 目次ページへ >>

伊藤さとり
伊藤さとり:

映画パーソナリティー、心理テストカウンセラー。様々な映画イベントや記者会見のMCを努める映画司会者&映画コメンテーター。年間400本以上の映画を観る。
TSUTAYAの店内放送で新作DVD紹介のDJ、Gyao!&ぴあ映画生活&Youtube動画「伊藤さとりと映画な仲間たち」では、監督、俳優、プロデューサー、脚本家らと対談し、映画紹介を行う。

Amebaブログ:さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ
Twitter:伊藤さとり@SATORIITO


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集