新月満月からのメッセージ 4月29日 牡牛座の新月

Loading
新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 4月29日 牡牛座の新月

明日の牡牛座新月は日食となります。次の日食(10月24日)までの約半年間、その影響が続く特別な新月です。日食とは、地球から見ると月が太陽を覆い隠すように通過する現象です。地上世界から光が失われた後、光の回復と共に太陽が復活する現象をいにしえの人々は「天の異変」と畏れ、神話という形で象徴的に語り継いできました。占星術的には「私」という主体的自意識を一度葬り捨てた後、新しい「私」を蘇生させるプロセスと解釈できます。つまり日食は自己変容・自己再創造のタイミングと言えるのです。

日食図を見ると、明日の牡牛座日食は8ハウスという場所で起こります。「腹落ちする」「腑に落ちる」と表現したくなる深い変容プロセスが起こりうる星回りです。たとえば「抑圧されている何かの蓋が開く。蓋が開くと、そこには莫大なリソース(資源、財産)があった」といった感じの変容プロセスになるのかもしれません。そのような内的プロセスを経て、私たちは「思う存分生きたい」「もっと幸せになりたい」という、人として生まれてきた以上、当たり前に抱いている「本能」「欲望」とまっすぐに向き合えるでしょう。したがって明日の日食は、「私はどのように生きたいのか」という心の底からの願いを明らかにしてくれるのかも知れません。

また、今回の日食は牡牛座という星座で起こり、山羊座冥王星や魚座海王星、蟹座木星と調和的な角度を作っています。この星回りは「あなたはただ生きているだけですばらしい存在なのですよ」と私たちの存在価値(いのちそのもの)を肯定した上で、「だからこそ自分に与えられたいのちを使って本気で生きなさい」とうながしてくれるでしょう。

さらにお知らせします。4月以来、蟹座木星、天秤座火星、山羊座冥王星、牡羊座天王星による四角形が私たちに強い影響を与えています。ここ最近の私たちは、さまざまな展開を通じて自他共に否応なく変わっていく方へと動かされていると思います。そのような局面が目まぐるしく続く中、自分や他者や世界の「あり方」があからさまとなり、私たちは「あなたはどのように自分らしく生きるつもりですか?」と問われている最中なのだと思います。

このように濃い星回りが重なり合った上で、私たちは明日、牡牛座新月を迎えます。今回の日食はありのままの自分として生きることに対する自己呪縛的な何かを葬り、「私が今、こうして生きていること」への根源的な肯定と癒やしをもたらすでしょう。「私は私として生きていてもいい」と腹の底から実感したとき、あなたのあり方そのものが根本的に変わります。あなた本来の美しさ、強さ、輝きが自然と放たれるようになるでしょう。

今回の牡牛座新月の影響を特に強く受けるのは、牡牛座獅子座蠍座水瓶座です。「そのままの私でいい」と心底思えたとき、インパクトの強い展開があなたのあり方をも変えていくでしょう。牡羊座蟹座天秤座山羊座は「自分をごまかすのはもうやめよう」と強く感じ、思い切った決断や行動に出るのかもしれません。双子座乙女座射手座魚座は、とても印象深い展開を通じて自分に関する「決定的なこと」が分かり、あなたの真価や存在価値が明らかとなるでしょう。

新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集