【ステラ薫子×柴田淳 対談4】好きな人に愛されたいのに、20年間「恋愛運ゼロ」だった!?

Loading

「日本一歌詞が暗い美人シンガー」として話題を集める柴田淳さん。切ない恋心や孤独感を包み隠さず綴る詞と、透明感のある歌声がもたらす独特な世界観は「思わず号泣する」と女性たちの強い共感を呼んでいます。

そんな柴田さんが「39歳独身女性」としてのありのままの想いを伝えていくコラム連載がココロニプロロにて近日スタート!それに先がけて今回、占いが大好きと言う柴田さんと日本を代表する占い師・ステラ薫子さんとの対談(鑑定)を実施しました。

女性として、アーティストとしての柴田淳の過去・現在・そして未来とは?ステラ先生の圧巻の鑑定によって明かされていく彼女の強い引力と魅力。徹底レポートします。


「結婚できる?」の問に「運命の輪」のカードが出てひと安心の柴田さん。いいカードが続々並び、前途は明るそうです。

<<【第3回】はこちら

【第5回】はこちら >>

ここからは仕事についてもタロットを引いてみることに。そしてその後は再び恋愛の話へ突入します。「両思い」になれないのは理由があった!?

柴田淳の仕事のスタンス

ステラ先生:それじゃ、仕事についても占ってみましょうか。これからどうしたらいいのか、カードを一枚引いてみて。

柴田:はい。(一枚引く)

ステラ先生:あら、いいじゃない。「ワンドの3」。獲得というカードです。旗が3本立ってるでしょ?

柴田:本当だー。きれい。

ステラ先生:この旗の意味は、これから本当の仕事ができるから、今までの経験を生かして、「女性としてのリーダー」「アーティストとしての自分」、そして「自分の夢を叶える自分」。3つの柱をちゃんと持って生きなさい、どれ一つも欠けてはいけないよ、ということを表してるんです。
旗を立てて、みんなに「私、頑張ったわよ」って言えるリーダーになるくらいの気持ちで進んでいってくださいね。

柴田:頑張ろうっと。あと、そうだ。私、人間関係も知りたいです。上手くいかないことが多かったので。

ステラ先生:じゃあ、人間関係のことを思って一枚引いてみましょう。

柴田:人間関係…。(一枚引く)

ステラ先生:「恋人」のカードが出たから大丈夫。コミュニケーションの取り方さえ気をつければ、もう問題は起こらないわよ。
これまではコミュニケーションのミスが多かったでしょう?しっかり意見を言えなかったし、ノーって言えずに我慢しちゃったりするから、誤解されやすかったり、「この子に全部振っておけばいい」と思われたりしたんじゃない?

柴田:ええ。ノーって言えないです。だから全部任されて、結局一人でやってます…。

ステラ先生:それはつらいわね。でも、全部一人でやるなんて無理があるわよ。できないと「お前がいけないんだ」って言われちゃったりもするでしょ?
このカードが伝えてるのは「コミュニケーションの取り方に問題がありました」っていうメッセージ。あなたのことが好きで、一生懸命支えようとしてくれた人たちが、何かの拍子に誤解して意思疎通をはかれなくなった、なんてケースもあったのかもしれませんね。

柴田:そうかぁ、そうかもしれません。

ステラ先生:コミュニケーションについても占うから、もう一枚取ってみて。

柴田:はい。(一枚引く)

ステラ先生:あら、いいカードじゃない。「カップのプリンセス」。
カップの中からチョウチョが出てくるでしょ?これは、今後はきちんとコミュニケーションを取っていこうよ。やりたいことがあるなら、人のためだけでなく、自分の夢のためにやっていこうよ、ということを表しています。

人生のテーマはズバリ「両思い」

柴田:あの…もう一ついいですか?

ステラ先生:何でもどうぞ。

柴田:仕事以上に「人生のテーマ」って感じなんですけど。私、好きな人に愛されたいんです。ちゃんと両思いの恋をしたことがなくて…。

ステラ先生:愛し愛されたいのね?

柴田:はい。恋愛経験はあるけど、付き合ってみたら、あんまり好きじゃなかったってことが何度もあったんです。その逆で、何年も片思いしてた人に告白したら関係が壊れちゃったり…。タイミングが悪かったのかわからないけど、2012の年末に告白して大失恋しました。

ステラ先生:あら…年末に…。

柴田:本当に、人生でこんなに好きになったことがないっていうぐらい好きだったんですが…。

ステラ先生:それはつらかったでしょう。

――年末に人生最大の失恋ってつらすぎ!そんなときに除夜の鐘を聞いたって、煩悩が浄化されるどころか、ますますモヤモヤしてしまいそう。…と、ホロスコープを見ていたステラ先生が、ここで顔を上げておもむろに言いました。

運命の出会いを自ら逃していた?

ステラ先生:ところで聞きたいんだけど、今から20年前…そう19歳くらいのときね。その頃は好きな人はいなかった?

柴田:憧れの人がいました。

ステラ先生:占星術的にはあなたにとって、その時期が一番、恋愛運の良い時だったのよ。で、実は、それ以降は恋愛の星が全く見当たりません。

柴田:えええー!

ステラ先生:残念ながら、20年間ずっとないのよね。あ、でも、これから来ますよ。

柴田:これから来るんですね!よかった…もう一生来ないのかと思いました。

ステラ先生:ふふふ。未来のことは後で話すわね。とにかく過去の恋愛運は19歳頃がピークで、それ以降は恋愛の神様が来てないの。

柴田:だからこの状況なのか…(笑)。
19歳の頃はあるバイトをしていて、そこで出会った人に恋をしたんです。彼も私のことを結構気に入ってくれてたみたいで、いい感じだったのですが、バイトの最終日に連絡先を書いてもらおうと思ったら、ペンのインクが出なくて 。それで、この人は縁がないんだと思って諦めちゃった…。

ステラ先生:あら~もったいない。19歳の頃の運勢には、一目ぼれの運と結婚運、両方が入ってたんですよ。

柴田:うわ~!私、その人に出会って、生まれて初めて結婚したいと思ったんです。

ステラ先生:そうでしょ?だってこの時期が人生最大の結婚運のピークだもの。それ以降は何もないわけだから、恋愛が上手くいかなったのは当然のことと思っていいのよ。

柴田:そっか。悩む必要はなかったんだ…。

恋愛運がない=恋愛偏差値がゼロ?

――まさかの結婚運のピークを逃してしまっていた柴田さん。と言ってもこれで終わりではありません。次なるチャンスはいつ、巡ってくるのでしょうか?

ステラ先生:恋愛運がないっていうのは、要するに恋愛偏差値がゼロってことなの。勉強でも、例えば、もともと偏差値が50ある人なら、頑張って60や70まで伸ばしていくことはできるでしょう?でも、偏差値が限りなく0に近い人は、受験勉強をしようと思ってもゴールまでの道のりが遠すぎる。

柴田:なるほどー。

ステラ先生:恋愛もそれと同じで、恋愛運の軸が50あれば、いい出会いを経てちゃんとしたお付き合いをしていけるけど、恋愛運がない人は、一生懸命もがいても、頭に思い描くような恋愛に結びつかないんです。

柴田:あぁ~…。

ステラ先生:せっかく魅力的な男性が現れても、ほとんど興味を持てず、逆に、みんなが眉をひそめるような相手に目が向いたりね 。
周りのお友達が「恋愛、恋愛」って言うから、一緒になって恋の話をしてるうちにその気になって、男性からアプローチされたとき、まるで想像妊娠でもしたように「私、この人が好きなのかしら?」って思っちゃうんですよ。

柴田:そうです。その通りです。…そうしたら、次のピークはいつ来ますか?

ステラ先生:次は2018年の4月15日からね。その時期になると恋愛偏差値が70に上がります。

柴田:わ、本当ですか!?

ステラ先生:恋愛するための能力が高くなるから、目の前に来た人が自分にとっていい相手か、ちゃんとわかるようになるわよ。

恋愛運が良い時期は人生に約6回?

――次のチャンスは約2年後!今度こそ運を手放すことなく、理想のお相手を見つけて幸せをつかんでほしいですよね。

ステラ先生:恋愛運っていうのはね、人生の中でだいたい45年に7回来るの。仮に60歳まで恋愛すると考えたら、チャンスは8回くらい。でも、赤ちゃんのときなんかは運を使えないから、有効なのはだいたい6回くらいね。
この6回がどのタイミングで訪れるかが大事なんです。これは本当に人それぞれなんだけど、あなたの場合は、たまたまこの20年間なかった。その分、40代以降に恋愛運が溜まってますよ。

柴田:よかったー。

ステラ先生:中年運ね。そういうのも、またいいと思うの。もしかしたら赤ちゃんが欲しいかもしれないけど、妊娠・出産だけが女性の幸せってわけではないし。
子どもっていうのは、それこそ神様からの贈り物だから、そんなに無理をする必要はないんです。

柴田:そっか。私、子どもは産まないですか?

ステラ先生:でも産みたかったら産めると思うわよ? さっき言った2018年もいいし、可能性は十分にあります。ちょっと赤ちゃんをイメージしてカードを引いてみて。

柴田:はい。(一枚引く)

ステラ先生:いいじゃない!「カップのナイト」。素敵な男性と出会ったら、赤ちゃんを産めるってことを意味するカードよ。そして、相手はあなたと同じ価値観を持ち、安らぎを与えてくれる人じゃないとダメだよって意味もあります。

柴田:ずっと気張ってて安らいだことがないから、そういうの本当に憧れます。落ち着ける場所がない人生なので…。

ステラ先生:大変ねぇ。でも、こういう男性が現れたら落ち着けるわよ。大丈夫、なんとかなるから!

次回予告
「39歳の女性」の生き方、そして柴田淳の孤独について考えます

目次ぺージへ»

ステラ薫子の占いを体感したい方にはこちらがオススメ!

モバイルサイト

未来が変わるステラ薫子 タロットリーディング

今すぐチェック

★おすすめメニュー★
・恋に発展しやすい出逢い方ってありますか?
・私を幸せに導いてくれる理想の恋人はどんな人ですか?
・一ヶ月後、あの人との関係に変化はありますか?

監修者紹介

ステラ薫子

愛とパワーあふれるメッセージで女性を幸せに導く大御所占い師。
幼少の頃より霊感に優れ、数々の怪奇現象を体験する。西洋占星学、タロットを独学で習得し、日本を代表する西洋占星学、タロット占いの第一人者となる。その驚異的な的中率と依頼人の運命を好転へと導く的確なアドバイスには定評がある。日本はもとより広く韓国など海外のメディアからも注目を集めている。
韓国や日本で公開されたドラマ「魔王」で物語のキーとなるタロットカードもステラ薫子のタロットが使用されるなど、人気と注目が高まるきっかけとなる。主な著書としては「婚期は12年に7回やってくる」や「One Oracle Tarot」(竹書房) などがある。
その他「女性自身」(光文社)、「GLOW」(宝島社)をはじめとする雑誌の連載、ウェブやモバイルのコンテンツ・サービスをはじめ、独自の占いロジックをシステム化したスマートフォンアプリや、オリジナル運気アップグッズの販売など幅広い活動を展開している。

プロフィール

柴田淳
1976年11月19日、東京生まれ。

シンガーソングライター。幼少の頃よりピアノのレッスンを受け、20 才の頃より作詞作曲を始める。
2001年10月31日デビュー。

これまでに10枚のオリジナルアルバムをリリース。シンガーソングライターとしての活動の他にも、中島美嘉「声」などの楽曲提供、ナレーション、ラジオパーソナリティと幅広く活躍している。

★オフィシャルサイト
★Twitter

7月からコラム連載『柴田淳の「女39歳~月夜はすっぴんで喋りたい~」』をスタート予定!お楽しみに♪


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集