冷え取り生活でしなやか美人に!【温め美人プロジェクト】vol.3

Loading
冷え取り生活でしなやか美人に! 【温め美人プロジェクト】vol.3

人の理想体温は、36.5度~37度と言われていますが、最近は35度台の低体温症の女性が増えているそうです。それどころか、自分の基礎体温がわからないという人も少なくありません。
体の不調や病気は、「冷え」と深い関係があります。体の冷えを解消し、温め美人をめざしましょう!


冷え取り生活のススメ

体を冷やさないための対策を積み重ねていくことで、冷え性は改善されていきます。今回は、体を温めるための具体的な方法を紹介します。
大事なのは「続ける」こと。日常の生活に無理がないように取り入れましょう。

冷えを取る食事

いくら体を外側から温めても、体の中が冷たいままでは意味がありません。
前回の体のチェックシートで体質が陽性だった人は、陰性の食品を、陰性だった人は陽性の食品を摂って、体質を中性からやや陽性に変えていきましょう。
また、アルカリ性食品を選ぶと血がサラサラになって血の巡りもよくなり、温まりやすい体になるので、さらに効果的です。

飲み物では紅茶がオススメ。もともと茶葉には体を冷やす性質がありますが、茶葉を醗酵させて作る紅茶は、体を温めてくれます。より効果を感じたい場合は、黒砂糖やしょうがを加えて飲むといいでしょう。

 

◆陽性の食品(陽性のアルカリ食品)

根菜類(ごぼう、人参、大根、いも、他)、牛肉、羊肉、貝類、赤身魚、しょうが、にんにく、ニラ、ねぎ、梅干など

◆陰性の食品(陰性のアルカリ食品)

穀物(米、小麦、他)、白菜、なす、海藻類、大豆、ナッツ類、砂糖、香辛料など

冷えを取る入浴

体を温めるには、ぬるめのお湯(40℃以下)でじっくりと温まるのがおすすめです。ぬるめのお湯に長時間つかることで、体の内部から温まることができます。

◆効果的で簡単な入浴法

・温冷交代浴

40℃ぐらいのお湯での半身浴と水シャワーを繰り返す方法。これを行うと血液の循環が良くなります。また、皮膚への刺激が自律神経を刺激し、自律神経の機能を整える効果もあります。
(※温冷交代浴は心臓に負担がかかるので、飲酒時や服薬中を避け、体調の良いときに行うことをおすすめします。)

―*―*―*―*―*―

・フットバス

洗面器などに熱めのお湯(42℃程度)を入れ、両足をつけます。お湯は、足首が完全につかるぐらいまで入れるといいでしょう。足の裏には全身のツボがたくさんあるため、足先を温めるだけでも体の芯から温まります。血行が良くなり、疲労回復効果も期待できます。

―*―*―*―*―*―

・ハンドバス

洗面器などに熱めのお湯(42℃程度)を張り、手と前腕を5分ほどつけます。手浴だけでも血行が良くなるので、手が冷える人にはおすすめです。

◆さらに温め効果を実感したい時は

  • 岩塩、バスソルト
  • 日本酒
  • ハーブ(ラベンダー、ローズマリー)
  • 竹炭
  • 茶葉
  • みかんの皮

お風呂に上記のようなものを入れると効果的だと言われています。
岩塩やバスソルトは、フットバスやハンドバスに
ぜひ試してみてくださいね!

»次回は、「冷え取りマッサージ」をご紹介します。

温め美人プロジェクト 目次ページへ >>


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集