「バースデー・テディ」 恋愛短編小説『恋百色』 第13話

Loading
恋百色

誰かが誰かを好きになって、ちょっぴり涙する。そしてピョンとはずむ。いつもより少しだけ高く。
誰かがあなただけに打ち明ける、失恋ショートストーリー

第1・第3曜日更新

作・みよろり

第13話「バースデー・テディ」

 身内のひいき目かもしれないけど、静香はまぁ可愛い方だと思う。目はお母さん譲りのパッチリ二重だし、手足も長い。小学生の頃は男の子にも告白されたことがあった。中学ではどうだったのかな。あの頃は反抗期で、姉の私にさえあまり口をきいてくれなかったから。最近は、また少しずつ学校でのあれこれを教えてくれるようになってきた。おしゃべりな唇は、お父さんに似たのね。
 
 静香は今、1年上の先輩のことが好きなんだって。桑原くんって子で、サッカー部のキャプテン、ポジションはゴールキーパー。顔はハムスターに似てるって言ってたけど、キーパーやってるくらいだから体は大きいんじゃないの。
 
 もちろん、この間のバレンタインデーには、静香は桑原くんにチョコをあげた。最近の女子高生って、チョコ、買っちゃうのよね。私の頃は手作りが多かったけど、「そういうの流行んないよお姉ちゃん」だって。10歳も離れてるとジェネレーションギャップがすごい。生意気にもジャンポール・エヴァンのチョコを買ってきて、それに小さなテディベアのぬいぐるみを添えて桑原くんに手渡した。そのテディベアが今学校のカップルの間で流行ってるらしいの。『バースデー・テディ』って名前の通り、模様が365種類もあって、それぞれの脚に誕生日が刺繍してある。彼氏は彼女の誕生日のテディベアを、彼女は彼氏のを鞄につけるのが、付き合っているっていう証であり、他の子へのアピールになるわけ。恋人同士の連帯感を強めつつ、自己顕示欲も満たせる女子高生らしいアイテムなんだって。
 
 静香は、チョコレートと、自分の誕生日が刺繍されたテディベアを桑原くんに渡して、付き合ってくださいって告白をした。「もしOKなら、そのぬいぐるみを鞄につけて来てください」ってね。
 
 今年のバレンタインは金曜日だったじゃない。土曜、日曜とまるで試験結果を待つみたいに静香そわそわしていた。週が明けて月曜日、どうだったと思う? 桑原くん、テディベアを鞄につけて学校にやってきたらしい。心臓が口から飛び出しそうなぐらいドキッとしたと思うよ。でも、すぐにサッと血の気が引いたって言ってた。だって、自分のあげたテディベアとは違うんだもん。要するに桑原くんは、別の女の子が渡したテディベアを鞄につけてきたのよ。静香と同じことを考えてた子が他にもいたってわけ。
 
 その日の静香はさすがに落ち込んでた。夕飯もいらないって言うし、お風呂にも入らず、毎週チェックしてる月9も観なかった。ベッドにもぐりこんだまま。お父さんもお母さんも心配してさ、部屋のぞきに行くって言うんだけど、私は止めた。そりゃ心配だけど、人生に一度や二度、そういう経験はしといた方がいいよね。女の子ってそれを乗り越えてこそ可愛くなるんだと私は思うの。
               

そして火曜の朝。静香は学校に行く前、テディベアを私に差し出した。水色の脚には5月12日の刺繍がしてあった。桑原くんの誕生日よ。
 
「お姉ちゃん。これ、誰かにあげて欲しいの」「誰かって?」「その日が予定日の人、職場に一人くらいいるでしょ」「嫌よ、自分で処理しなさい」「だって捨てたくないもん。可哀想じゃん、クマちゃん。誰かいい人に貰って欲しいの」
 
 私は「仕方ないわね」って受け取って、それを産婦人科に持っていった。もちろん全ての患者さんの予定日を把握してるわけじゃないし、あてなんてないから、とりあえず診察室前のカウンターにそれを置いておいた。
 
 それから4、5日経って私が受付でカルテを整理してると、杉田さんって妊婦さんがテディベアのことを訊いてきたの。「この日付け…。何ですか、このクマ?」って。杉田さんのカルテを見ると、5月12日が出産予定日だった。私思わず「欲しいならどうぞ」って言っちゃった。でも、よく考えたらさ、縁起がいいものでもないじゃない。それ、失恋の産物なんだから。しかも杉田さんは、最初の赤ちゃんを、生まれる前に亡くしているのね。不運な出来事の後には、なるべく縁起は担いでおいた方がいいと思ったの。だから、やっぱり止めておいた方がいいですよって、正直に静香の話をしたわけ。そしたら杉田さん、なおさらこのテディベアが欲しくなったって言うのよ。
 
「私、縁起が悪いなんて全然思いませんよ」クマを見る少し悲しそうなその目は、慈愛に満ちていた。「確かに、恋は実らなかったのかもしれない。でも、実らなかったものが、どういう気持ちで次に生まれて来るものを見ているのか、分かる気がします。きっと優しい気持ちで、次の誕生を応援してくれてると思うんです。それは、赤ちゃんでも、恋でも、同じだと思います」
 
 杉田さんは、嬉しそうにテディベアを持って帰ったわ。静香にそのことを教えてやると、「妊婦さんにお礼を言わなくちゃ」って久しぶりに笑顔を見せた。
 
 もちろん、今も杉田さんの赤ちゃんはスクスクお腹の中で育っている。男の子が生まれるのか、それとも女の子なのか、いずれにせよとにかく優しい子が生まれるに違いないって私は確信しているの。

〈第13話「バースデー・テディ」おわり〉

<<第12話「遅れて届いた年賀状」

次回予告
第14話「冬の階段」2月19日(水)更新

恋百色 目次ページへ >>

みよろり
関西出身、牡牛座、AB型。広告代理店、出版社を経て、フリーライターに。世間の幸と不幸を吸収し、ゆるりと執筆中。

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集