新月満月からのメッセージ 1月1日 山羊座の新月

Loading
新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 1月1日 山羊座の新月

明日1月1日は山羊座で新月となります。世界ではさまざまな暦が使われていますが、日本では現在、グレゴリオ暦という暦を採用しています。調べてみますと、日本が正式にグレゴリオ暦を採用したのは1873年(明治6年)でした。割と最近のことなのですね。いずれにしても明日はグレゴリオ暦の元日(2014年のスタート)と新月(月サイクルのスタート)がたまたま同じ日に重なることになります。したがって2014年1月1日は「新しい年が来た!」「新しいサイクルが始まった!」という「節目感」が例年以上に強いでしょう。ちなみに次回、元日と新月が重なるのは2033年です。

今回の新月図の印象的な星回りをお知らせします。

山羊座に集まっている天体(太陽と月、冥王星、水星)、牡羊座天王星、蟹座木星、天秤座火星で四角形が形作られます。この星回りは前回コラムの双子座満月あたりから徐々に始まり、冬至(12月22日)やクリスマス(12月25日)以降、その存在感がますます顕著となってきていました。そして明日の山羊座新月と共に、この星回りが示唆しているメッセージが勢いよく打ち出されることになります。すなわち2014年は「鮮烈(新鮮で強烈)な変化」「ドラスティックな改革」の年となりますよ、というメッセージです。

2014年が「鮮烈な変化」「ドラスティックな改革」が公私共にあるいは自他共に目まぐるしく展開するとなると、私たちは実際にどのような1年を経験することになりそうでしょうか。私は今、2014年は「自分らしくある」「自分として生きる」が重要なテーマとなるだろうと感じています。自分も他者も世界も目まぐるしく変わり続ける局面において、そこであからさまになるのは自分や他者や世界の「あり方」です。明日の新月から始まる2014年は、今、私たちそれぞれがどのようなあり方であるのかが明らかになった上で、宇宙から「それであなたはどうしますか?」と自己の意思や決意、自己選択を明示しなさいと何度もうながされるでしょう。そういう展開を急かされていると受け取ることもできるし、「自分らしくある」「自分として生きる」チャンスとして受け取ることもできます。それもまたその人のあり方であり、自己選択であると思います。いずれにしても、自分の人生におけるリーダーシップをとると決意した人にとっては、まことに創造的な1年になるのでは…と私は感じています。

そういうわけで明日の新月は、短いターム(期間)でとらえると「これから次の新月(1月31日)までてんやわんやになりそう!」と感じるタイミングになるでしょう。長いタームでとらえた場合は「2014年は自分からどんどん変わっていける1年になりそう!ぜひそうしよう!」と決意できる節目となるでしょう。

今回の山羊座新月の影響を特に強く受けるのは牡羊座蟹座天秤座山羊座です。2014年はどんな「私」として生きるのか、心に決めて下さい。牡牛座獅子座蠍座水瓶座は「変化」へと心を開いて下さい。双子座乙女座射手座魚座は、腹の底にあるスイッチを押して下さい。腹が決まります。

 


新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集