2013.12.18

今すぐできる!ワンランク上のお洗濯術【ハッピーを呼び込む暮らしのLesson】vol.4

Loading
断捨離で部屋も私もハッピーに【ハッピーを呼び込む暮らしのLesson】vol.1

日々を過ごす大切な自分のためのお部屋づくりに必要なのは、ハッピー!お部屋をキレイに片づけて、五感もよろこぶ“秋・冬”仕様のハッピーな空間にしてみませんか?

Lesson 4 今すぐできる!ワンランク上のお洗濯術

最後のLessonはお洗濯。年末の大掃除に向けて、カーテンやベッドカバーなどをまとめて洗濯する方も多いのでは?洗濯にまつわる今すぐ使えるワザを、クリーニングのエキスパート、山崎勝さんに教えてもらいました。

自宅でできる“クリーニング”

洗濯機で洗えるもの

洗濯機で洗うのに向いている素材は下記の4種類。ほかの素材を使ったものは手洗いがオススメです。

・綿
・ポリエステル
・ナイロン
・アクリル

さらにワンランク上の洗濯機使いをするなら、仕分けをしましょう

[1] 白と柄物を分ける
⇒黒い服にホコリや糸くずがつくのは仕分けができていないから!

[2] ネットを使う
⇒ブラウスやキャミソールの型崩れや色移りを、ある程度防止できます。

クリーニング店に任せたほうがいいもの

できれば自分で洗いたいけれど、型崩れが怖い・・・。そんなときの判断基準は「自分でアイロンがけできるかどうか」です。一番わかりやすいのがスーツ。丁寧に気遣い、なんとか洗うことはできても元通りにアイロンをかけるのは至難のワザですよね。
プリーツスカートや、ビーズやリボンをたくさんあしらったトップスなどもプロにお任せしたほうがいいでしょう。

手洗いでできること

タグの洗濯絵表示を見て問題がなく、さらに自分でアイロンをかけられる服なら手洗いしちゃいましょう。最近はドライマークがついていても自宅で洗える服も増えています。手洗いのポイントは3つ。

[1] 水に浸けたらできるだけ衣類を動かさない
なるべくこすらず、水の中でやさしく押したり静かに振るようにして洗います。

[2] 長時間水に浸けない
色がついているものや柄ものは色落ちの可能性があるので、30分以内に洗います。脱水は絞りじわがつきにくいよう、洗濯機で短め(1分以内)に設定しましょう。

[3] シリコンタイプの専用洗剤を使用する
中性のドライマーク専用洗剤を使用しましょう。衣類を守る力が比較的あるシリコンタイプのもの(エマールなど)がオススメです。

ついてしまった“しみ”を抜きたい!

汗じみの取り方

寒い時期でも、暖房の影響で大切な服に汗じみがついてしまうことってありますよね。
汗じみは水溶性の汚れなのですぐに洗えばほとんどが落ちますが、洗い残しがあると時間が経つにつれて黄ばみに…。黄ばんでしまった洋服はしみ抜きをして元の美しさを取り戻しましょう!

【しみ抜きの方法】

1.中性洗剤で油分を落とす
衣料のしみは汗だけでなく皮脂汚れもついているので、まずは油性汚れから取りましょう。油性汚れを取るのにオススメなのは、食器洗い用の中性洗剤(ジョイなど)。しっかり水ですすぎます。


2.テストをする
衣服の目立たない部分に漂白剤を少しだけ塗りドライヤーで加熱します。 これで脱色しなければ、基本的に大丈夫!プロでも腕に自信のある人ほど事前テストをしっかりするといいますから、面倒がらないで。

3.漂白処理をする
しみ部分に漂白剤を塗布します。色柄ものにも使える液体タイプの酸素系漂白剤(ワイドハイター、手間なしブライトなど)を使いましょう。小さなしみには綿棒を使うとピンポイントでつけられ便利です。


4.ドライヤーで加熱する
ドライヤーを熱風にし、10~20秒加熱します。しみ部分から目を離さないように注意! もし色がはげてきたらすぐにドライヤーを止め、水ですすいでください。理想の温度は50~60℃。1200wのドライヤーで15~30cm離したときの温度がだいたい60℃です。

5.いつもどおりに洗濯する
衣類に合った、いつも行っている方法で洗濯します。洗濯後にしみ抜きをしても落ちづらいので、必ず洗濯前に行いましょう。

大切な服の保存方法

ナチュラルな除湿剤

しばらく使わない服などを保管する際は、除湿対策もお忘れなく。
重曹は匂いや湿気を取り除くので、口の広いガラス容器に重曹パウダーを入れておきましょう。ガラスの口をガーゼなどで覆って、ひもやゴムで結んで閉じればOK。重曹パウダーに好みの精油を数滴垂らして混ぜれば、芳香剤代わりにもなります。3ヶ月ほどで交換しましょう。

ナチュラルな防虫剤

いつの間にかお気に入りの服が…とならないように、防虫予防もしておきたいもの。
科学薬品を使った防虫剤に抵抗がある人には、ナチュラルな防虫剤がオススメ。化学薬品ほどの強力な効果はありませんが、簡単に作れて人体には害がないので安心です。
香りがなくなってきたら取り替えればOK。ポイントは香りが逃げないよう引き出しやクローゼットを開閉しすぎないことです。

◎精油

精油を化粧用コットンに数滴染み込ませ、精油が衣服につかないようティッシュ等で包んで衣装ケースや引き出しへ。

防虫作用のある精油:

ペパーミント、ラベンダー、ティートリーなど

◎ハーブ

ドライハーブをお茶パックに入れて衣装ケースや引き出しへ。サシェ(香り袋)代わりにも楽しめます。

防虫作用のあるハーブ:

ラベンダー・ローズマリー・シナモンなど

ハッピーを呼び込む暮らしのLesson 目次ページへ >>

山崎勝(やまざき まさる)
日本クリーニングケア協会を運営。衣類から身体まで“洗い”を探究したメーカーの アスパイラルの代表。
>>お洗濯の総合サイト 洗濯・染み抜きドットコム
>>アスパイラル公式サイト
[書籍のご紹介]


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集