小顔を手に入れよう~リンパドレナージュ 第2回 フェイシャル編

Loading
リンパドレナージュ

リンパドレナージュとは、リンパ液の循環系に従ってマッサージすることによりリンパの流れを促すマッサージのこと。 初心者でも取り入れやすいリンパドレナージュの考え方や自分でできる方法などをご紹介します。

第2回 セルフ・リンパドレナージュ【フェイシャル編】

リンパドレナージュは、サロンで施術してもらうだけでなく、自宅でも気軽に実践することができます。今回はまず最初に覚えておきたい首と、顔周りのセルフ・リンパドレナージュをご紹介します。

◆リンパドレナージュを行う前に

◎服装

リンパドレナージュは、服の上からは行いません。肌に直接触れながら行うので、タンクトップ短パンなどを着るとよいでしょう。 また、体を締め付けるものやアクセサリー類も外しておきましょう。

◎ポイント

強い圧を加えないように注意しましょう。手のひらを軽く肌に当てたくらいの非常に軽い圧で十分です。円を描くようにじんわりと行いましょう。リンパは弱い力でもじゅうぶんに流れます。 また、マッサージオイルやクリームなどは不要です。何もつけなくても行えます。

◎避けたほうがいい場合

今回紹介しているのは美容目的のリンパドレナージュですので、病気や気になる症状がある場合は控えてくださいね。

◆リンパをもっとも流したい“首”

身体中を巡るリンパ液は最終的に鎖骨の下にある静脈に集まってくるといわれています。そのため、首の周りがこって硬くなっていると、全身のリンパが滞りやすくなってしまうのです。 つまり、リンパドレナージュを行う際は、まず最初に首のドレナージュを行い、そこから気になる部位を行えば、リンパはよりスムーズに流れ、効果を実感しやすくなるでしょう。

【方法】
1.右手のひらを使って、鎖骨の上を中心から左肩へ向かって3回やさしくさすります。
2.左手のひらを使って、右も同様に行います。
3.両手で首の左右をはさむようにし、上から鎖骨へ向かって3回やさしくさすります。
4.1と2の動きをもう一度繰り返して終わります。

◆フェイスラインのリンパドレナージュ

顔はむくみを解消することで余計な脂肪も取れやすくなり、小顔に近づくことができます。ただし、顔は組織が繊細なので、ごく弱い力で椅子に座って行うようにしましょう。

【方法】
1.中指と人差し指の腹を使って、下記の4つの場所を軽いタッチで5回ずつさすります。

・あごから耳の下に向かって
・鼻の下からこめかみに向かって
・小鼻から頬骨に沿ってこめかみに向かって
・おでこの中央からこめかみに向かって

2.両手で首の左右をはさむようにし、上から鎖骨へ向かって3回やさしくさすります。
3.右手のひらを使って、鎖骨の上を中心から左肩へ向かって3回やさしくさすります。
4.左手のひらを使って、右も同様に行い終わります。

諏佐能子(すさのうこ)
自由が丘ソワンエステティック“ラ・アンフィニ”オーナー。
CIDESCOインターナショナルエステティシャン/CIDESCO国際アロマテラピストとしてサロンワークの他、日本エステティック協会の認定講師としての講師活動や、リンパドレナージュの講座開講、講演活動など多彩に活躍している。
エステティシャン・セラピストのためのDVD&VHS「諏佐 能子のリンパドレナージュ」を監修・実演。
ソワンエステティック“ラ・アンフィニ”
東京都目黒区緑が丘2丁目(自由が丘駅 徒歩5分)
TEL 03-3723-8288
HP http://www.la-infini.com/


次回は「セルフ・リンパドレナージュ【ボディ編】」をお送りします。お楽しみに!

リンパドレナージュ 目次ページへ >>


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集