お山開き(小野照崎神社)【東京おまつり手帖 第六回】

Loading
恋・福・東京おまつり手帖~アオノミサコが行く~

忙しくてパワースポットに行ってるヒマなんてない!というあなたのために、東京周辺のおまつりをレポートしつつ、ついでに持って帰ってきた福を還元いたします!

【第六回】お山開き(小野照崎神社)

富士山、ついに世界遺産に登録されましたねぇ!

私のまわりでも、5~6年前から富士山に登る人が増えてます。山が持つ霊力のせいでしょうか。皆、目を輝かせて、いかに富士山がすばらしいか語ります。
そんな気迫にもろに影響された私は、当時連載していたスピリチュアル系のルポにかこつけて、富士山に登ってみることにしました。が……いろいろ調べるうち「自分には到底ムリだ……」という気になり、計画は白紙に。じっさい富士登山はなかなかにハードなようで、高山病になった人の話もよく聞きます。

富士山に登る体力も根性もない残念な私ですが、今年に入って富士山に行かずとも、富士山に登ったのと同じ御利益がある行事のことを知りました。それが、7月1日の山開きに合わせて行われる「お山開き」。前置きが長くなりましたが、今回はそんなバーチャル富士を体験しに、小野照崎神社に行ってきました。

この日は6月の末日。
まずは半年分の穢れをはらう「大祓(おおはらえ)」の儀式からスタート。「形代」とよばれる人の形をした紙をもらいうけ、全身の穢れをその形代に移します(「陰陽師」でこういう場面見たな~)。
その後、宮司さんとともに「大祓詞(おおはらえのことば)」を唱え、先ほどの形代を清めていただき、茅の輪をくぐる。なるほど。昔の人は半年無事に生きてこられたことに感謝しつつ、こうやってリセットして、また元気に残りの半年を過ごしていたんですねぇ。

大祓

その後は、お山開きの儀式です。
宮司さんがお酒を奉納し、祝詞をあげ、龍神様にお祈りをします。なぜ龍神様かといえば、富士山頂には噴火を絶つ水神・龍神と崇められるタツタヒメが鎮座しているため。
そしていよいよ……境内にある富士塚の扉が開かれた!!

この富士塚、国の重要有形民俗文化財で、開放されるのは年に2日のみ。
神官の方々が頂上でお祓いをしたのちに、氏子さん、一般の参拝者が登っていきます。登るときは、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」と唱えながら。ゴツゴツした足場はけっこう危険です。

富士塚

「前に富士山に登ったときってさ~」「今年はいつ行く?」
前後から聞こえてくる会話からすると、今日来ている人たちは、手軽に富士塚ですまそうとしているわけじゃなく、本格的な登山者のようです。意外!いや、実はほとんどの人たちが登山ファンで、案外私の方が少数派なのかも……。
頂上に着いたら、富士山の方角に向かって手を合わせます。江戸時代は、ここから本物の富士山が見えたんでしょうね。現在は高い建物にはばまれていますが、高いところはやはり気持ちいいです。そして注意深く下山。社務所で、やはりこの2日間しか授けられないお守りと、富士塚登頂の御朱印を購入。富士登山にはとうてい及ばないものの、その1割くらいの雰囲気は味わえた気がします。う~~ん、でもやっぱり体力つけて、死ぬまでに一度は本物の富士山に登ってみたい!

開運グッズ

>>今回のおまつりデータ「お山開き」
>>8月の東京おまつり

【今回のおまつりデータ】
名称◆お山開き
場所◆小野照崎神社
日時◆6月30日、7月1日
御利益◆厄除け/無病息災/家内安全/開運招福
雰囲気◆比較的こぢんまりとした神社。老若男女がまんべんなく集まって和気あいあいとしたムード。七夕シーズンなので、本殿には七夕飾りのついた笹が飾られている。境内隅に鎮座している富士塚が、どっしりとした存在感を放っている。
楽しみ方◆メインは富士塚登りだが、茅の輪くぐり、本殿へのお参り、また七夕の短冊に願いを書いてつるしたりも。富士塚は10分もあれば登って下りてこられる規模。
お守りの種類◆この2日間だけ授けられる蛇土鈴(龍神守)、茅の輪守、朝顔土鈴など。また富士塚登頂や学問成就の御朱印もある。
ポイント◆大祓・お山開きの儀は6月30日の11時から行われる。

小野照崎神社
〒110-0004
東京都台東区下谷2丁目13−14
営業時間: ご参拝は、24時間可能です。ご祈祷の受付時間は、午前9時半より午後4時までとなっております。
電話:03-3836-0753
小野照崎神社公式サイト
アクセス
東京メトロ(日比谷線) 入谷駅 4番出口 徒歩3分
JR鶯谷駅 南口 徒歩7分

8月の東京おまつり
8月1日(木) 八朔相撲祭(大國魂神社)
8月2日(金)~4日(日) 第66回砂銀七夕まつり(砂町銀座商店街 )
8月2日(金)~4日(日) 八王子まつり(甲州街道)
8月6日(火)~7日(水) 例祭【佃祭り】(住吉神社)
8月11日(日) 例大祭(深川神明宮)
8月11日(日)~15日(木) 深川八幡祭り(富岡八幡宮)

東京おまつり手帖 目次ページへ >>

アオノミサコ
イラストレーター
アオノミサコ
イラストレーター、漫画家、コラムニスト。女子美術短期大学卒。
1996年よりさまざまなメディアで活動。美容や健康に関する体験取材、レアなバー、イベント、外国人街、色街などの取材を多数こなす。
またタロット読み師、「女性性」をテーマに国内外で活動するアーティストの顔も持つ。近々、セラピー取材をまとめたルポ漫画本を出版予定。
ウェブサイト:aonomisako.com

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 占いフェス2017
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集