2013.09.18

雨宮まみの“穴の底でお待ちしています”連載第1回目から第20回目の愚痴提供者の方々へ

Loading
穴の底でお待ちしています

雨宮まみの“穴の底でお待ちしています”
連載第1回目から第20回目の愚痴をご提供いただいた方々へ

現在、当連載の書籍化を予定しております。つきましては、第1回目から第20回目に掲載されている愚痴をご提供いただいた方々にお伺いしたいことがございます。
該当のみなさまは、以下項目にご回答いただけませんでしょうか。大変お手数ではございますが、ご協力いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
※ご回答期日 10月16日(金)


※書籍化の時期は未定となっております。
※書籍化にあたり、文章量の都合上、内容を編集させていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。また、掲載は可能だけれどカットしてほしい箇所がある、といった場合にはご希望に添うようにいたします。
※ご回答をいただけなかった方の愚痴は掲載いたしません。

>>穴の底でお待ちしています 目次ページへ

雨宮まみ
雨宮まみ(あまみやまみ)
ライター。アダルト雑誌の編集を経て、フリーライターに。女性の自意識との葛藤や生きづらさなどについて幅広く執筆。女性性とうまくつきあえなかった頃を描いた自伝的エッセイ女子をこじらせて (幻冬舎文庫)出版後、「こじらせ女子」がブームとなる。他の著書に対談集『だって、女子だもん!!』(ポット出版)、『ずっと独身でいるつもり?』(KKベストセラーズ)、『女の子よ銃を取れ』(平凡社)、『タカラヅカ・ハンドブック』(新潮社)など。

「キレイになりたい!」と言えないあなたに。

『女の子よ銃を取れ』

他人の視線にビクビクしたくない、自分らしく堂々としていたい、かわいい、キレイと言われてみたい……そう思っていてもどうすればいいのかわからないし、「キレイ」への道が怖くてたまらない。
キラキラした「キレイになりたい」本を手に取ることすら怖いと感じるくらい、「キレイ」が重荷になっている人のための、自意識や他人の視線、自分の視線を解きほぐす本です。

雨宮さんより一言:
何をしても、何を買ってもうまくいかない、変われないしパッとしない……。そんな悩みは、本当は多くの人が持っています。それ以前に何をすれば、何を買えばいいのかもわからない人だってたくさんいます。この間まではわかっていたのに、急にわからなくなってしまった人も。そんなときに、自分を取り戻し、新しい自分を作り上げるヒントや、気持ちの持ち方の軸のようなものがあればいいなと思って書きました。落ち込んだときのおともにしていただけると嬉しいです。

試し読みはコチラ


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 占いフェス2017
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集