2013.04.26

言葉のちから 第1回【恋愛科学】

Loading
言葉のちから

「好き」「ありがとう」「うれしい」…
気持ちを伝えたり行動を促したり、コミュニケーションを取るのに言葉は必要不可欠です。
選ぶ言葉で伝わり方が違う? “言葉のちから”を味方にするには? などなど“言葉”にまつわる疑問を、語感・脳科学の観点から、感性アナリスト黒川伊保子さんに伺いました。

語感のヒミツ

優しく聞こえる名前、きつく聞こえる名前

語感は、口の中で起こる息の流れや筋肉の動きなど、言葉を発音するときの運動によって変わるもの。ですから、体がやわらかいと、やわらかな音が出ますし、逆に体が硬いと、音も硬くなります。

基本的に、語感は口の中の運動に影響されるものなので、小脳という場所で、潜在意識下で処理されており、言葉の“意味”が伝わるよりも早く脳に届いています。

例えば、小学生の男の子が、家でゴロゴロしているところに母親が帰宅して彼の名前を呼んだとしましょう。


タケシくんの場合


ヒロくんの場合


タケシくんの場合とヒロくんの場合、「タケシ」という名前は優しく呼びかけても少しきつく、怒っているように聞こえます。一方、「ヒロ」という名前は、多少きつく言っても優しく聞こえます。

これは、2つの名前に使われている文字に関係があります

タ・・・舌打ちの音
ケ・・・喉の破裂音
シ・・・歯の裏を擦って息を放射させる

⇒3文字とも、息が勢いよく吐き出される発散系の音です。

ヒ・・・肺の中の息を上あごから滑らせて出す
ロ・・・舌を花びらの形にしてそれをひらりとひるがえすようにして出す

⇒2文字とも、息が破裂したり飛んだりしない、優しく聞こえる音です。

温かい言葉とクールな言葉

日本語には「音読み」と「訓読み」の2種類の系列があります。

「訓読み」の言葉
「ありがとう」、「いのち」など、母音がしっかりきいた言葉がたくさんあります。基本的に口を縦に開けて発音します。

「音読み」の言葉
漢語由来の「音読み」言葉には「感謝」、「生命」など、息を滑らせて発音するケースが多く見られます。

例えば、
訓読み・・・「今日はご一緒できてうれしかったです。ありがとうございました。」
音読み・・・「今日はご一緒できて光栄でした。感謝しております。」

同じことを伝えているのですが、「訓読み」と「音読み」では、ずいぶん印象が変わると思いませんか?
ここには「語感」が大きく関わっています



「ありがとうございます」
母音がきいて、口腔を縦に
コントロールして出される言葉は温かく、
親愛の情が伝わりやすい。



「感謝しております」
息を滑らせて放たれる言葉は
どこかクールで、相手に対する
敬意が伝わりやすい。


これらの言葉を状況によって使い分ければ、相手から見たあなたの印象が変わったり、ギャップが生まれたりすることでしょう。ここで、日常的によく耳にする「訓読み」言葉と「音読み」言葉の例をご紹介します。

訓読み 音読み
ありがとう 感謝する
うれしい 光栄です
いただく 頂戴する
おいとまする 失礼します
借りる 拝借する
考える 考慮・検討

同じ意味合いの言葉でも、相手に与えるイメージや印象が大きく変わるということはおわかりいただけたでしょうか? ぜひ、TPOに合わせて「訓読み」言葉と「音読み」言葉を使ってみてくださいね。 次回は、「言葉のちから」を味方につけるコツをお届けします。お楽しみに!

言葉のちから 目次ページへ >>

感性アナリスト
黒川伊保子(くろかわ いほこ)
1959年生まれ、栃木県出身。奈良女子大学理学部物理学科卒業。コンピューターメーカーでAI(人工知能)開発に携わり、脳とことばを研究。株)感性リサーチ代表取締役。
著書に『運がいいと言われる人の脳科学』『夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか』『恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか』(いずれも新潮文庫)など。
[書籍のご紹介]



【スマートフォンサイト】
★黒川先生が監修しているサイト「脳内スイッチ
【モバイルサイト】
★黒川先生が監修しているサイト「脳内スイッチ」(紹介ページへ)
【その他サイト】
★オフィシャルサイト http://www.ihoko.com/


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 占いフェス2017
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集