2013.02.21

30分でこんなに聞けた!本格電話鑑定を読者が体験。内容大公開【電話占い体験】vol.4

Loading
電話占い

誰にも相談できず困っていることはありませんか? 心に秘めた想いをデトックスするなら、プロの占い師さんが直接応えてくれる“電話占い”がおすすめです。
でも「そんなこと言われても、知らない人にいきなり相談するのは勇気が要るよ」「怖いことを言われたりするんじゃないの?」などと考える人も多いことでしょう。
そんなみなさんの不安を解消すべく、一般の方が実際に受けた“電話占い”体験の様子をお届けします。まずは相談者とのやりとりを読んで、親身になって回答してくれる占い師さんの一言、一言を味わってみてください!

体験日:2013年1月

柚月ルリ先生
【鑑定者】小笠原さと先生(占いの種類:西洋占星術、姓名判断、数秘術、九星気学、他)
幼い頃から周りの人によく相談されたという小笠原さと先生は、西洋占星術を軸に人生の設計図を読み取る“極私的”占い解釈で人気です。人それぞれの個性を重んじ、良いところに光を当てて伸ばそうとするその言葉は、日々、多くの人たちに気づきを与えています。

今回の相談者は・・・

くみぽんさん(女性/20代後半/独身)

Q1

電話占いは初めてですか? 体験する前はどんな気持ちでしたか?

初めてです。約束の時間が近付くにつれてドキドキしていました。でも、対面占いのようにその場に行くわけではなく、自宅でできるので、そういう意味では気が楽だなと思いました。

~電話占い体験スタート~
(挨拶を済ませた後・・・)

小笠原先生:どのようなことを占えばよろしいですか?

くみぽんさん:1ヶ月ぐらい前からお付き合いしている人がいるので、その相手との関係について伺いたいです。今までは自分から好きになる恋愛が多かったのですが、今回は彼のほうから好きになってくれて付き合うことになりました。
これまで自分からアタックして、結果的にはあんまりいい恋愛じゃなかったことが多かったんですね。一般的に男性から思われたほうが幸せだと言われているし、好きだと言ってもらったのもうれしかったので、そういう恋愛もいいかなと思ってお付き合いすることにしました。でも、1ヶ月経ってもやっぱりあんまり好きだとは思えない自分がいるので、これからどうしたらいいんだろうと悩んでいます。このまま続けていったほうがいいのか、それともまた新しい出会いがあるなら、そっちに向かったほうがいいのか。
こんな気持ちのままで付き合っていても、相手にその気持ちは言えないし、どうしたらいいんだろう? って感じです。

小笠原先生:なるほどね。ところでくみぽんさんの本名って、どなたがおつけになったんですか?

くみぽんさん:親がつけました。

小笠原先生:とてもいいお名前ですね。バランスが取れていて、ご本人の生き方によく合ったお名前だと思います。

くみぽんさん:ありがとうございます。

小笠原先生:くみぽんさんは非常に安定志向ですね。

くみぽんさん:そうですね。わかります?

小笠原先生:安定志向すぎることが弱点でもありますが、その志向からはずれると途端におろおろしてしまうタイプなので、このお名前はいいですよ。「どんなときでも淡々と人生を乗り越えて行けますように」というような願いが感じられます。
「日常が楽しいということが、何よりも幸せだよね」ということに気づいてほしいなという意味のお名前ではないでしょうか。だから、時には大きな夢を思い描くこともあるかもしれないけれど、現実的に、地に足がついた夢のほうが叶う人かな、という感じがします。

くみぽんさん:あ、その通りです。

小笠原先生:そうですよね。だから…今回の場合は、その男性に思われるのが、安定することにつながるかどうかが大事ですよね。

くみぽんさん:はい。これまでも、私のことをいいなと思ってくれる男性がいたことはあったのですが、「気持ちが重たいな」と思ってしまって。相手から追われると引いてしまうタイプなんですよね。
でも、今まで自分から追う恋愛でダメになってしまったから、今回は受身の恋愛をしたら何か違うこともあるかもしれないと思って付き合ってみたんですけど…。

小笠原先生:なるほど、そういうことね。ちょっとお待ちください。(西洋占星術のチャートを見る)

Q2

小笠原先生の印象は?

占いの結果を聞くというよりも、身近な先輩に相談に乗って頂いた感じでした。

小笠原先生:結婚願望はあるんですか?

くみぽんさん:あります、あります。

小笠原先生:今、小さな婚期ですね。ちょっと考えてみたほうがいいかもしれませんよ。

くみぽんさん:婚期なんですか?

小笠原先生:ええ。まあ、彼との結婚は気乗りしないならやめておいたほうがいいと思いますけどね。

くみぽんさん:はい。将来のこともちゃんと考えてくれているみたいだし、いい彼氏なんですけど…。

小笠原先生:なぜ気乗りしないんでしょうね?

くみぽんさん:なんでだろう。すごくおとなしい感じの方で、それは初めからわかっていたのですが、最初は私がしゃべっていればいいかなと思っていて。でも、普段は結構自分が動いて何でもしてあげたいタイプなのに、彼といるとそういうのが全然できなくて。相手が面白くない人だっていうわけじゃないんですけど、一緒にいても…。

小笠原先生:響いてこないんですね?

くみぽんさん:そうなんです。友だちにもいろいろ相談して「こういう人もいるんだな、こんなふうに相手から思われるほうがいいんだな、うれしいな」って思えるようにはならないの? って聞かれたんですけど。

小笠原先生:でも無理よねぇ。

くみぽんさん:彼、いい人だから何を言っても怒らないんですね。あ、怒らないわけじゃないのですが、どれだけ冷たくしても怒鳴ったりしないんです。私、元カレには冷たい態度を取ったことなんて一度もなかったんですけど、今回は自分でも「本当はもっといい子なのに」と思うぐらい冷たくしてしまって。メールをもらっても、正直面倒くさいなと思ってあんまり返さないし、電話も出ないことが多いし。
そういう態度を取るのは自分でも楽しくないし、相手を不安にさせるのも嫌なのですが、気がつくと冷たくしていて、優しくできなくて…。どうしたらいいですか?

小笠原先生:どうしましょうね。相性を見たほうがいいですか? でも、どちらかというとくみぽんさん自身の問題ですよね。その人との関係を、そんなに長く続ける気はないんでしょ?

くみぽんさん:今のところないです。結婚は早めにしたいんですけどね。

小笠原先生:結婚は向いてますよ。

くみぽんさん:ありがとうございます。

小笠原先生:でも、恋愛は向いてないですね。恋愛をすると、基本的にパワーゲームみたいになっちゃうでしょう。どちらが先手を取るとか、いじめる側に回るか、いじめられる側になるか、みたいな力のやりとりをしやすいんです。
そういうことをしているうちに疲れちゃう。でも結婚運はいいんですよ。早く結婚して落ち着いて物事を進めていくにはぴったりですよ。あと、くみぽんさんって普段の生活が地味ですよね?

くみぽんさん:そうかもしれません。

小笠原先生:あんまり、どこかに行ってワーッと遊んだりはしなそうだし、淡々と日常をこなしていると幸せっていう感じがすごくしますね。あなたにとってはそれがいいんだと思います。家で一人でいるときは、掃除でもしてそうですよね?

くみぽんさん:そういう日もありますね。あとは家にいるときは何もせず、ずーっと寝ていたり。

小笠原先生:何もない日常が心地良いんだと思いますよ。だから、そこに刺激を与えてくれるような相手がいいなと思うわけですよね。だけど、今の彼とお話するのはその刺激に当たらないじゃないですか。

くみぽんさん:その通りです。(笑)

小笠原先生:基本的にあなたの日常はとてもシンプルですね。でも、外面というか、社会に出ているときの顔はそんなことはないんですよ。わりと活発だし、いろいろなことを積極的にやるタイプに見えます。あなた、外面がいいですね。外に見せる顔があまりにもいいので、とてもものわかりのいい人に見えると思います。

くみぽんさん:あ、言われたことあります。

小笠原先生:それは上手に使い分ければとてもいいことですね。ただ、人に合わせるのは仕事とか、外に向けて何かするときだけにしておいて、プライベートには持ち込まないほうがいいですよ。シンプルに生きることが運を良くします。

Q3

相談者さまの性格や日常の過ごし方を占っていましたが、その結果についてどのように感じましたか?

外面がいいというのは当たっていると思います。学校とか職場とか、グループごとで自分の置かれているキャラに合わせているところがあります。

小笠原先生:安定志向のくみぽんさんが心の平安を保つには、いろいろなことを整理整頓するのがものすごく重要ですね。部屋やモノもそうだけれど、お付き合いしている彼も、心に響かなければ整理整頓してしまってもいいぐらい。(笑)

くみぽんさん:ああ。(笑)

小笠原先生:でも結婚は早くしたいのよね。その彼と、もうあと1年ぐらい続いたら、あなたも「やっぱり彼と結婚するべきかしら?」という気持ちになるでしょうね。この先どうするか、今のうちに考えたほうがいいかもしれませんよ。

くみぽんさん:そうですよね。もう20代後半…本当は24歳で結婚したかったんですけど。周りの友だちも誰も結婚していないので、あんまり本気の焦りはないのですが、私、長女だから、妹が先に結婚したら嫌だなと思っていて。
でも今は相手も…いないって言ったら失礼ですけど、どうしようかな? って感じだし。どんな人と結婚したらいいのかわからないんですよ。今の彼氏みたいな人のほうがいいのか、一緒にいて楽しい人のほうがいいのか。
今はどうしても彼氏よりも友だちのほうを優先したくなるし、休みも合わないので。女友だちだけじゃなくて、男友だちも含めて、優先順位の中で彼が一番下になってしまっています。

小笠原先生:そうなの…。

くみぽんさん:3年ぐらい彼氏がいなかったから、それに慣れているっていうのもあるかもしれないですけど。

小笠原先生:婚期の話だけど、今はミニ婚期で、2015年にもっと大きな婚期が来そうですよ。今焦って結婚するより、この大きな婚期に結婚するほうが幸せですね。今は結婚はあんまり考えないで、友だちと楽しく過ごしていたほうがいいかもしれません。

くみぽんさん:下手に急がないほうがいいんですね。結婚はしたいんですけど、なんでしたいかっていうと、親や親戚のプレッシャーがあるからだってことに最近気づきました。まあ、結婚はまだいいと言ってもわかってもらえる感じではなくて、相手がいないならお見合いとか言われるんですけど。でも今は、やっぱりもう少し友だちと楽しく過ごしたい気はします。

小笠原先生:そうよねえ。今は自分の基盤を作るにはいいけど、2015年の出会いのほうが福々しい感じはしますよ。やっぱりビッグな婚期のときのほうがいいでしょう?

Q4

先生からのアドバイスについて。今後、こんなふうに行動しよう、と考えたりしましたか?

私は早く結婚したかったので、2015年まではできないのかと、ちょっとショックでしたが、できないものは仕方ないと諦めました。整理整頓することはシンプルにも繋がると思います。身の周りだけでなく、心の整理整頓をすることが大事と聞いて気持ちが楽になりました。

小笠原先生:それで、お相手の方なんですけど、あなたの人生は相手次第なんですよね。人によっては、誰と結婚してもそんなに影響がない場合もあるのですが、くみぽんさんの場合は相手によってかなり変わりますね。

くみぽんさん:そんな気がします。でも、なんでですか?

小笠原先生:あなたは自分から行動するのが苦手なんですよ。それで、人から「こういうことをやったらいいんじゃない?」って言われると、ああ、そうかもしれないと思うんですね。人に道を指し示してもらいたい願望があるの。それに従ったほうがうまくいくんですよ。
例えば何か興奮したときに、「私はこれがやりたい!」と思って、押し通そうとすることもあるんだけど、一度周りの人に「こういうふうにやったらいいのかな?」と相談したりとかね。

くみぽんさん:そうなんだ。

小笠原先生:他者の意見を取り入れないと、なかなか進まないんです。そして、それを伴侶に求めているんですね。そう考えると今の彼は、ちょっと物足りないと思いませんか?

くみぽんさん:そうなんです。もっとバシッと決めてほしいと思うことが多くて。

小笠原先生:そうでしょう。いい人かもしれないけど、アドバイスを求めていてもしてくれない方なのだから。そうすると、あなたとしては面白くないわけですよね。

くみぽんさん:はい。諭されたり、ねちねち言われたりするのは好きじゃないけど、もっと「こういうふうにしよう」とハッキリ言ってほしいんです。やっぱり男性に引っ張って行ってほしいと思いますね。それなのに、今は私が彼のことを引っ張らなくちゃいけないので、なんか面倒くさいって思ってしまうんです。

小笠原先生:そうね。くみぽんさんは人の面倒見るのがあんまり好きじゃないんですよ。どちらかというと、誰かに面倒を見てもらいたい人ですね。

くみぽんさん:あ、そうなんだ。私、自分では人の面倒を見たいほうかと思っていました。

小笠原先生:いえいえ。面倒を見るのは嫌いだけど、男の子を躾けるのは好きなんですね。「こういうふうになったら男らしいよね」とか躾けるタイプなんです。でもそれ、彼氏に対してすることではないじゃないですか。たぶんお子さんが産まれたりすると、その能力が開花しますよ。躾けはお子さんに対してしたほうが建設的だと思います。

くみぽんさん:なるほど。

Q5

相談者さまの性格や恋愛観についても占っていましたが、どのように思いましたか?

その通りだと思いました。自分では甘えられるのが好きなんだと思っていましたが、躾けるのが好きで甘えたいタイプだと聞いたとき、驚きましたが、納得しました。

小笠原先生:意志が弱くて、面倒くさいことをごちゃごちゃ言うような男の子は、さっさとやめたほうがいいかもしれませんね。あなた、わかりやすい人が好きみたいだから。

くみぽんさん:はい。わかりやすい人、好きです。

小笠原先生:わかりやすくて、すっきりした人に出会えるといいですね。そして2015年、スパッと結婚できたらすごく幸せになれますよ。

くみぽんさん:そういう人に出会えるのがいつかってわかりますか?

小笠原先生:ええとね…例えば、今の彼とお別れしたとするじゃないですか。その次の人が出てきたとして…。2013年、2014年の恋愛って、結構ドロドロしているんですよ。ぐるぐる振り回されるかもしれません。その時期に結婚するのはやめたほうがよさそうですね。2015年に出会って、そんなに長いお付き合いをせずに結婚するのがよさそうな感じがしますね。

くみぽんさん:ドロドロした恋愛というのはどんなのですか?

小笠原先生:人生の膿出しみたいな感じかしらね。例えば、相手の人にすがってみたりとか、理解できないような変わった人に振り回されてつらいのに、なかなか離れられなかったりとか。夢の中にいるような恋愛をするイメージがありますよ。そこからパッと目が覚めるのが、30歳ぐらいになったとき。

くみぽんさん:なかなか覚めないんですね…。

小笠原先生:そうですね。…というわけで、これから恋愛するときはちょっと気をつけたほうがいいし、結婚のこともあんまり考えないほうがいい。本当に夢みたいな恋愛だから、その最中はどうしたらいいかわからないんです。過ぎてから、大変な恋愛だったということがわかるかもしれません。

くみぽんさん:はい。

小笠原先生:とにかく、今の彼はあなたに向かないみたいだしね。ところで、くみぽんさんは物事を突き詰めて考えるのがわりと苦手でしょう?

くみぽんさん:そうですね。苦手かも。

小笠原先生:恐らくそれは一生の課題になると思います。まだ今はそんなに考えなくてもいいけど、35歳とか40歳になるまでには、いろいろなことを深く考えるようにしたほうがいいと思いますよ。
あとね、仕事がちょっと忙しくなることがあると思うんだけど、あなたにはそのほうが向いています。たらたらした暇な職場は合わないんです。

くみぽんさん:そうなんですね。あ、今の職場が合っているかどうか、聞いてもいいですか?

小笠原先生:どんなお仕事をしているんですか?

くみぽんさん:老人ホームで管理栄養士をしています。働き始めて2年ぐらい経ちます。

小笠原先生:あら、すごいわね。管理栄養士さんって忙しそうよね。

くみぽんさん:わりと忙しいです。

小笠原先生:いいじゃないですか。忙しくしているのはいいわよ。今の職場は向いているでしょ。

くみぽんさん:そうですね。今の所は好きだから、できればずっといたいのですが、同じグループ内にいろいろな施設があるので将来異動とかもあるかもしれなくて…。異動があるかどうかってわかりますか?

小笠原先生:そうねえ。今年はない気がします。来年もなさそうかな。逆に固定される感じがしますね。

くみぽんさん:そのほうがありがたいです。

小笠原先生:くみぽんさんは、どうしても嫌な職場だと乗り切れないタイプですからね。根がシンプルだから、顔に出ちゃうしね。本当に嫌だと思ったら、外面のよさも通じなくなる感じがします。
今いらっしゃる職場は、強制的に異動させられたりすることがあるんですか?

くみぽんさん:それがよくわからなくて。私はたまたま前任者が産休を取ったときに入ったんですけど。働いている人はだいたいみんな固定されているので、そんなに移動はないと思うのですが、もしあったらと思うと心配なんです。

小笠原先生:なるほどね。異動しろって言われたらそれまでだけど、1年はとにかく大丈夫だと思いますよ。でも、2~3年経ったら、自分が別の所に行きたくなる可能性が出てきますね。
くみぽんさん、子ども相手の施設ってどう思います?

くみぽんさん:あ、私、本当は保育園に就職したかったんです。

小笠原先生:それそれ! そっちのほうが向いていますよ。1年以上経ったら、保育園に転職したくなるかもね。

くみぽんさん:そうですか。もともと結婚したら保育園でパートで働きたいとは思っていたんですけどね。

小笠原先生:絶対向いています。(チャートを見て)バッチリじゃないですか! 今から仕事を探したらどうですか?

くみぽんさん:今からですか?

小笠原先生:そう。1年かけて転職活動をするの。そのほうが向いているし、いろいろな運が上がりますよ。

くみぽんさん:そうなんだ。

小笠原先生:だってあなた、子どもと合いますから。単純明快なものが好きな人だから、その性質が子どもと触れ合うことでもっと活性化されていくんですよ。日々「かわいい!」とか、「楽しい!」と感じることで、あなたはどんどん幸せになっていくと思います。自分のいいところをガンガン開発するような所に自分を持って行くことが大切なんですよ。
子どもたちと触れ合えば、男の人を躾けるほうにパワーを使う、みたいなやりとりも軽減されますしね。

くみぽんさん:あ、そっか。(笑)わかりました。

小笠原先生:仕事も恋愛も頑張ってね。

くみぽんさん:ありがとうございます。頑張ります。

小笠原先生:それでは失礼します。

くみぽんさん:失礼します。

Q6

電話占いを体験する前とした後とで、変化したことがあったら教えてください。

相談していた彼と別れました。(笑)今は毎日スッキリしています。考えれば考えるほど気持ちが落ち込んでいたので、今は楽しいです。あと、自分の性格やタイプが前よりもよりわかるようになったので、これから参考にしたいと思います!

【今回の占術】西洋占星術、数秘術
西洋占星術とは、紀元前2千年紀バビロニアで生まれた、星の動きと世の中の動きを照らし合わせて占う手法です。雑誌などで見かけるおひつじ座やおうし座といった星座を使って占います。
ピタゴラス数秘術とは、誕生日や名前を数字に置き換えて占う数秘術のひとつです。

★電話占い無料モニター大募集!★

恋のこと、仕事のこと…プロの占い師さんに電話で相談してみたいことはありませんか?
たくさんのご応募、お待ちしております!

■cocoloni PROLOへの内容公開にご協力いただければ、鑑定料無料で30分電話鑑定が受けられます!

・もちろん匿名。
・個人情報は一切掲載しません。
・その他ご不明点はこちら
・音声は録音させていただきます。
・鑑定実施後にアンケートにお答えいただきます。
・PROLOと同時に、電話占いページにも掲載されます。
・電話占いの事前会員登録が必須です。

■cocoloni電話占い
http://call.cocoloni.jp/index

>>topへ


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集