2015.07.30

良い女とは、男にとって「都合の良い女」なのか?【その時、男はこう思う。第18回】

Loading
ファーレンハイトさん

人気ブロガー・週末コラムニストのファーレンハイトさんが、脱力系ヤリチンとして培った男の本音を交えながら、男女間のリアルな恋愛温度差について語るコラムです。

良い女とは、男にとって「都合の良い女」なのか?

こんにちは、ファーレンハイトです。今回で本連載は最終回になります。

最後に読者のみなさまにお伝えしたいのは “良い女とは、男にとって「都合の良い女」なのか?” という問題です。

この連載では「その時、男はこう思う。」という設定で、毎回、ある一つのシチュエーションにおける男の本音を書いてきました。合コン帰り、ふたりきりになったら男は何をしたいのか?女友達を振った後も友人として付き合えるのか?優しくする男は相手のことが好きなのか?

女性にとって「男は本当のところどう思っているのか?」というのはすごく気になることのようです。これは男だって一緒で「女はどう思っているの?」は尽きない話題です。

これらはすべてケース・バイ・ケースの問題で、完全な回答というのは存在しません。そのときの状況によっても、その人の経験値によっても、異性関係だけではなく人生観もふくめた価値観のちがいによってすべて変わってきます。

そこで恋愛コラムで語られがちなのは「男性はこういう女性を好むよ」という指南です。ぶっちゃけこれはかなりの効果があります。逆もまたしかりで女性はなんだかんだ「わかってる優しさ」を振りまける男性が大好物じゃないでしょうか。

俺はやはりこれを身につけるべきだと思っています。ありのままの自分を愛してくれる相手を求めるのは間違っていませんが、ムシが良すぎます。自分の魅力を知ってもらう窓口として、その他大勢の女性よりも一歩前に出る必要が絶対にあるんですよ。

だからこそ男性が好む女性像は理解しておくべき必要があるし、「友達としての女性」ではなく「彼の恋人としての女性」を意識した見せ方を心がける必要があります。男ってバカだなーとか、勝手な女性像を求めるなーと思いながらも、しょうがないけれど相手をしてあげてください。(自分のことをまともに女の子扱いしない男性に魅力を感じないでしょう?)

ただし、1点だけ。「男にとって都合の良い女」になる必要は一切ありません。

男のために一歩下がって相手を立てる女性である必要はない。めんどくさいと思われないためにすべてを許容する必要もない。男の話を「すごいねー」と聞くだけで、自分ががんばっていることを語れない関係なんておかしい。

関係の始まりにおいては「わかっている女性」であることを演出しながらも、「本当の自分」は常に譲らない。そして関係が深まるにつれ、徐々に「本当の自分」の姿を相手に理解していってもらう。最初からぶつけるのではなく、また、途中から急にぶつけるのでもなく、相手のタイミングとキャパシティを見ながら開放していく。

重要なことは、本当の自分の個性を受け止めてくれない人と一緒にいても、決して幸せになれないということです。個性の出し方を工夫する必要はありますが、出せない相手と無理やり一緒にいる必要はない。

何よりも大事なのは「本当の自分」をきちんと持てているか?です。

多くの男女は「自分はどんな人間なのか?」「何がしたいのか?」「どんな人と一緒にいたいのか?」ということをあまりわかっていなかったりします。ここがブレてしまうと合わせる価値もない相手に合わせ、振りまわされ、不幸になってしまいます。

幸せな恋愛を掴んでいった友人はみんな、これらを把握していました。そこさえブレなければ、関係の初期段階で表面的に相手に合わせることなんて大した問題ではなく、自分が欲しいと思ったものを捕まえることに成功するんですよね。客観的に傍から見ていても。

読者のなかには「恋愛自体がニガテ」という人もいるかもしれません。「男は何を考えているのかわからない」と思っている人もいるかもしれません。そんな人はひとつの武器としての「男が好む女性像を演じられるスキル」は持っておいてください。

同時に、「自分が欲しいパートナーはどんな人なのか?」ということを考え尽くしてください。これが主体的に相手を選ぶための大前提だと俺は思うのです。それさえ把握できていれば彼の一挙一動や、恋愛の浮わつき自体に惑わされず、必ず幸せになれると俺は考えています。

自分の経験から、幸せになった女性・まだなれていない女性の違いはここにある気がします。

人それぞれの恋愛の形があって良いと思うし、世間的に良いとされている恋愛に惑わされる必要もない。俺が考える恋愛の素晴らしさは家族でもない他人と、友人とはまったく違う深い関係性を抱ける特別さがあることです。お互いの人生観に影響を与え合い、人生をかけて寄り添い合うような関係性です。

それなりの経験をつんだ後に「自分が後悔をしないために“主体的に選んでいく恋愛”」をしていって欲しいな、と俺は思うのです。

その時、男はこう思う。 目次ページへ >>

ファーレンハイトさん
ブロガー、週末コラムニスト。ブログ「My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only」で人気ブロガーに。脱力系ヤリチンとして培った男の本音を交えながら、男女間のリアルな恋愛温度差について語ります。
ブログ:http://fahrenheitize.hateblo.jp/
ツイッター:@fahrenheitize

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集