水瓶座は原点回帰、取捨選択のタイミング!7月31日水瓶座の満月【新月満月からのメッセージ】

Loading

新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 7月31日 水瓶座の満月

7月31日は水瓶座で満月となります。今月2回目の満月ですね。この時期の星回りをご紹介しましょう。

この時期、私たちに意味深いメッセージをもたらしてくれる天体が金星です。今現在、金星は乙女座にあり、見かけ上の逆行をしています。したがって今、私たちは金星が象徴しているテーマについての再確認や見直しに取り組んでいるところなのです。金星が見かけ上の逆行を終えるのは9月6日。したがって9月6日まで金星を通じてもたらされるメッセージはたとえばこんな感じです。「あなたにとっての愛や喜び、豊かさや美しさとは?」「あなたにとって価値があることとは?」「あなたにとって大切な人とは?」‥‥この夏は、このような問いかけを通じて、私たちそれぞれの価値観が明確になっていくでしょう。

さらにお知らせしたいことがあります。ただいま逆行中の金星は、水瓶座満月直後(31日)に獅子座へと再入宮します。つまり今回の水瓶座満月というタイミングは、私たちの中で「あなたにとっての愛や喜び、豊かさや美しさとは?」「あなたにとって価値あることとは?」「あなたにとって大切な人とは?」という問いかけに光が当たるときでもあるでしょう。

満月図を見ると、今逆行中の金星は獅子座木星へと近づこうとしていて、蠍座土星からの影響も同時に受けています。この時期の蠍座土星は金星と木星に対してはシビアですが、蟹座火星とは信頼関係を結んでいます。このような配置を見て、私が思い浮かべたキーワードは「惜別(名残を惜しんだ後、ちゃんとお別れをする)」「感謝と共に送り出す・見送る」でした。水瓶座満月によって金星がクローズアップするこの時期、私たちそれぞれの価値観が明確となった結果、あなた自身の中で「惜別(名残を惜しんだ後、ちゃんとお別れをする)」「感謝と共に送り出す・見送る」がなされたり、誰かとの関係性において「惜別」や「感謝と送別」というプロセスが生じるのかもしれません。

私たちは生きている限り「出会い」と「別れ」を繰り返します。出会うために別れ、別れることでまた出会います。今回の満月図を見ると、この時期の「別れ」は「感謝」や「愛」「祝福」「信頼」と共にあります。次の何かと出会うために、あなたは今、何について感謝と共に見送ったらいいのでしょうか。

今回の水瓶座満月の影響を強く受けるのは、牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座です。「原点回帰」「初心を思い出す」という思いと共に、何らかの価値判断や取捨選択をするのかもしれません。そのとき「今、このタイミングで結果的によかった」と思えるでしょう。牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は、何らかの出来事を通じて「うまくいくことはうまくいくし、ダメなことはダメ」と感じるでしょう。この世界のシンプルな仕組みを「それでいいんだ」と受け入れたとき、新しい展開が舞い込みそうです。双子座、乙女座、射手座、魚座は「あのときのごほうび」「あのときの御礼」「過去の見返り」のような展開がやって来そうです。あるいは「損して得取れ」といった感じの出来事があるでしょう。

次回は 8月14日 獅子座の新月(8月13日更新)

新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集