蟹座は自分に似合わないことをやめてみて!7月16日蟹座の新月【新月満月からのメッセージ】

Loading

新月満月からのメッセージ

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

新月満月からのメッセージ 7月16日 蟹座の新月

7月16日は蟹座で新月となります。この時期の星回りをご紹介しましょう。

今回の蟹座新月(蟹座太陽と月)は牡羊座天王星と刷新的な角度を作っていて、この新月が「リセット&スタート」の節目であることを示唆しています。また、蟹座水星と蟹座火星の真向かいの位置に山羊座冥王星があり、魚座海王星がこれらの天体を包括的にサポートしています。これとよく似た星回りを、私たちは7月2日の山羊座満月時に経験しています。このことを考え合わせると、今回の蟹座新月は7月2日の山羊座満月がもたらしたことを本格的に起動させる星回りと言えるでしょう。あのときは山羊座満月に対して蟹座火星と山羊座冥王星がピッタリと寄り添い、魚座海王星がこれらの天体を包括的にサポートしていました。ちなみに山羊座満月の星回りについては、先日、次のように読み解いています。‥‥‥これまでの流れが何らかのタイミングを迎えた結果、あなたがこれから精魂を込めていくであろう方向性が見えてくるように思われます。またさらに、このプロセスにはある種の「必然」「不思議な巡り合わせ」「強い導き」が含まれている可能性もあります。この時期、「全てはなるようになっていく」という思いが、あなたの人生を実際に何とかしていく原動力でもあると思われます‥‥‥と。

したがって、山羊座満月(7月2日)頃にこれから真剣に取り組みたいテーマが浮かび上がった方、心に残る出来事があった方は、今回の蟹座新月のタイミングをぜひお使い下さい。「山羊座満月頃(7月2日)に強く願ったこと」「どうしてもやらずにはおれないこと」「もはや選ぶしかない方向」へと実際に動き出していけると思われます。

もうひとつお知らせします。獅子座金星と獅子座木星が蠍座土星による影響を受けていて、同時に牡羊座天王星からはサポートを受けています。「山羊座満月頃(7月2日)に強く願ったこと」「どうしてもやらずにはおれないこと」「もはや選ぶしかない方向」へと動き出したとき、そんなあなたを応援してくれる人もいれば、クールに対応する人ももしかしたらいるかもしれません。それでも自分なりに「筋の通った」行動を選んで下さい。なぜなら「私のことを嫌う人がいてもいい」「私の価値観とは相容れない人がいても構わない」と感じたときに、今、大切にすべき価値観が明確になると、この時期の星回りは示唆しているからです。

今回の蟹座新月の影響を強く受けるのは、牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座です。「自分が何をしたいのか分からない」と悩んでいる人は、このタイミングで「私には似合っていないこと」をやめてしまいましょう。それに費やしていたエネルギーを、今のあなたにとってより本質的で価値が高いことに使えます。牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は、ある人との関係性を「分かり合えない」段階からこつこつと築いていくのかもしれません。あるいは、お互いに分かり合えない部分があると認めた上で協働関係を結べるかも。双子座、乙女座、射手座、魚座は、「みっともない自分」「かっこ悪い自分」を実感することがあるでしょう。そして、我ながら認めたくない自分と向き合おうとする「強さ」と「自己信頼感」が今後のあなたを変えるでしょう。

次回は 7月31日 水瓶座の満月(7月30日更新)

新月満月からのメッセージ 目次ページへ >>

加藤まや
2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。
ウェブサイト:まやブログ

 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • cocolonitv
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 2017年上半期の占い
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集