2015.07.03

繰り返される恋愛パターンの意外な影響〜『海街diary』【伊藤さとりの映画で恋愛心理学 第31回】

Loading

映画パーソナリティーとして活躍中の伊藤さとりが、オトナ女子ならではの目線で恋に効くオススメ映画を紹介!記者会見や舞台挨拶の裏話もあるかも!?


繰り返される恋愛パターンの意外な影響〜『海街diary』

『そして父になる』でカンヌ映画祭審査員特別賞も受賞した、是枝裕和監督の最新作『海街diary』。優しい気持ちに溢れ、心の棘が抜ける、そんな感覚を味わえる美しい映画です。
この作品は四姉妹それぞれの恋愛、そして様々な人たちと心を通わせる姿を描いた物語。
ひとつのテーマに絞って語るにはもったいないけど、今回は、長女、次女、三女の3人の恋から、誰もが実は影響されているある事実を話したいと思います。

舞台は鎌倉。
幼い頃に、父が女を作って出て行き、母も再婚を機に家を去って以来、残された古い一軒家で暮らしてきた三姉妹。
父は三度目の結婚後に病で亡くなり、その葬式に参列した姉妹は、二度目の妻との間にもうけたという中学生の娘と出会う。
正義感が強く、頑固で、妹たちに母親のように接する長女(綾瀬はるか)は、この腹違いの妹、すず(広瀬すず)を引き取ることを決める。
奔放で、男とお酒に弱い次女(長澤まさみ)、ちょっと変わった趣味のマイペースな三女(夏帆)。
四姉妹それぞれの恋や人生の選択と共に、父への想い、母への想いが溢れ出していく―――。

それでは姉妹の恋について、1人ずつ見ていきましょう。
長女は、長い不倫関係を続けている。事情があり、男性は単身で暮らしているので、まるで誰にも言えない内縁の妻のよう。
次女は、いつも甘え上手な男とばかり付き合い、相手を甘やかし、お金を貸してあげるというパターンの恋愛を繰り返している。
三女は、歳の離れた優しそうな勤め先の店長と恋人関係。
…と、同じ環境で育った姉妹でも、ここまで異性の趣味が異なるのにはワケがあります。

まず、心理学では、子供は5歳までに関わった大人や育った環境により、性格のベースが形成されると、言われています。
特に異性との相性や順応性には、両親の影響がとても強く現れるそう。
長女は、幼い時に両親がもめている姿を見せつけられて甘えることも出来ず、幼いながらもしっかりしなければ、と思って今まで生きてきました。そのため彼女は、甘えん坊で責任能力が低く、打たれ弱い母をどこかで見下しているよう。
だから父みたいに優しく、唯一、自分の話を聞いてくれるゆとりのある年上男性にほだされたのかも。
ただ、自分自身も、父が犯した罪である「不倫」をしているのは、彼女の潜在意識のどこかに、両親が続けられなかった結婚への恐れがあるのかもしれず。

次女は、両親の姿を長女よりもっと客観的に見ていました。
両親のどちらに対しても否定的な感情を持たない彼女は、二人のようにはなりたくないと思いながらも、父親が自分に愛情を注ぐ事も無く去ってしまったため、どうすれば異性に愛されるのかがわからない。心のどこかで「父に捨てられた」という思いが、自分の女としての自信のなさに繋がっているのかも。
それで、甘い言葉を囁く男性に対して、純粋に愛されていると信じ込み、彼の繋ぎ止め方がわからないから、お金を貸すことも愛情の一貫と思ってしまう。

三女は当時、幼なすぎ、家を出て行った父との記憶はない。ただ、姉との会話の節々から父への好奇心や憧れを抱くようになった。彼女が歳の離れた穏やかな男性を選んだのは、どこかで父性を求めているから?

そんな風に考えてみると、初めて接した異性=父親の影響は、とても大事。まだひとり立ち出来ない幼い子供の場合、本能が生きていく為に身近な大人に順応して成長させようとするものなんです。

長女は、父親に似ているかもしれない不倫相手を愛することは出来るものの 、それが幸せか?と言われるとそうとも思えません。
次女は次女で、恋人が父のように去って行ったら…という恐れから“貢ぐ女”と化し、やはり幸せとは言えない恋をしている。
こういった状況を見ると、幼い頃の異性の親との関係が恋愛に大きな影響を与えているのは事実…。

結局、大切なのはその相手と付き合っている自分が、心から幸せだと思えるか?それだけ。
そこを気にかけて映画を観ると、ラスト、彼女たちが下した決断を、あなた自身の幸せ探しに役立てられるかも知れません。

あらすじ:
まぶしい光に包まれた夏の朝、三姉妹に届いた父の訃報。
十五年前、父は女と出て行き、その後、母も再婚して家を去った。三姉妹を育てた祖母もとうに亡くなり、広くて古い鎌倉の家には、彼女たちだけが残った。
両親へのわだかまりを抱えた、しっかり者の長女の幸と、そんな姉と何かとぶつかる次女の佳乃、マイぺースな三女の千佳。
三人は父の葬儀で、腹違いの妹すずと出会う。頼るべき母も既に亡くし、それでも気丈に振る舞う、まだ中学生のすず。そんな彼女の涙を見て、幸は、別れ際に「いっしょに暮さない?」と誘う。
そして、秋風とともに、すずが鎌倉へやって来る。四人で始める新しい生活。それぞれの複雑な想いが浮かび上がる――。

6月13日(土)全国東宝系公開
監督・脚本:是枝裕和
原作:吉田秋生「海街diary」(小学館「月刊フラワーズ」連載)
音楽:菅野よう子
撮影:瀧本幹也
出演:綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず 他
『海街diary』(http://umimachi.gaga.ne.jp/)
(C) 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

伊藤さとりの映画で恋愛心理学 目次ページへ >>

伊藤さとり
伊藤さとり:
映画パーソナリティー、心理テストカウンセラー。様々な映画イベントや記者会見のMCを努める映画司会者&映画コメンテーター。年間400本以上の映画を観る。
TSUTAYAの店内放送で新作DVD紹介のDJ、Gyao!&ぴあ映画生活&Youtube動画「伊藤さとりと映画な仲間たち」では、監督、俳優、プロデューサー、脚本家らと対談し、映画紹介を行う。

Amebaブログ:さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ
Twitter:伊藤さとり@SATORIITO


 【PR】 

この記事の関連キーワード

【PR】

今日の恋愛予報 12星座ランキング

ランキング

人気のキーワード

  • 石井ゆかり 2017年下半期の占い
  • LINE@
  • 恋愛酒場“泣きっ面にヒロシ”
  • 石井ゆかり 12星座別今週の占い
  • 誕生日占いパレット
  • 相性占い特集
  • タロット占い特集